まんまるログ

われ思う…もの思う。
書き‥書けば‥書くとき‥頭の中に風が吹く。








歌声にのった少年

2017年06月28日 | 映画
ムハンマド・アッサーフは、紛争地パレスチナのガザ地区で育った。

少年は歌うことが好きだった。

結婚パーティなどで歌い、地元ガザのテレビにも出演するほど上手だった。

姉のヌールは、弟の才能を信じ歌手になるように勧めた。

イスラエルが封鎖しているガザ地区は外の世界に出ることそのものが困難。

「大丈夫よ。いつか必ずここから出ていける。夢は叶う。スターになるって言って。スターになって世界を変える」

腎臓病で倒れた姉が死ぬ間際に言う言葉。

ムハンマドは、大きな夢(カイロのオペラハウスで歌う)を抱くようになった。



しかしガザから外に出るのは容易な事ではない。

防護壁で囲まれている“天井のない監獄”と呼ばれるガザ地区。
検問所は二か所。
空爆された町の中、瓦礫と化した施設、空爆の被害者、停電、飲料水でさえ満足でない状況。
ムハンマドは偽造したビザで脱出を試みようと‥

イスラエル軍とイスラム原理主義組織ハマスによる戦闘から2年。
今もイスラエル軍による空爆が繰り返され、街の再建は、遅々として進んでいない。

『愛するパレスチナ...アラブの人々よ、祖国の何と尊いことか
クーフィーヤを掲げよう、高く空中に振りかざそう
最初の号砲が旅路の物語を告げる
時がくれば、僕らは全てをひっくり返すだろう
祖国よ、あなたのために僕らは立ち上がる
闘いの日、僕らは勝利への道を照らし出すだろう』
(ネットの記事から抜粋)
「クーフィーヤ」とは、頭にかぶったり首に巻いたりする布のこと。

ムハンマド・アッサーフは、姉との約束を果たした。
神からもらった声で今日も希望を歌っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インド映画‥PK | トップ | 無類で…特別で…重要で…雄大な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。