資格認証

資格のためにがんばえいます1

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AWS-Developer日本語 予想試験、AWS-Developer日本語 問題サンプル

2017-05-19 15:40:51 | 日記

チャンスはいつも準備ができている人に賦与されると言われます。あなたはこのチャンスを早めに捉えて、我々社のAmazonのAWS-Developer日本語 予想試験を通して、仕事に不可欠なAWS-Developer日本語 予想試験書を取得しなければなりません。我が社JapanCertのAWS-Developer日本語 予想試験と我々のサービスに関して、弊社は誠実かつ信頼できる会社ですから、心配しなくて購買できます。


AWS-Developer日本語 予想試験はAmazonのひとつの認証で、AWS-Developer日本語 予想試験がAmazonに入るの第一歩として、AWS-Developer日本語 予想試験がますます人気があがって、AWS-Developer日本語 予想試験に参加するかたもだんだん多くなって、しかしAWS-Developer日本語 予想試験に合格することが非常に難しいで、君はAWS-Developer日本語 予想試験に関する試験科目の問題集を購入したいですか?


AWS-Developer日本語試験番号:AWS-Developer日本語 日本語版参考書
試験科目:「AWS Certified Developer - Associate (AWS-Developer日本語版)」
最近更新時間:2017-05-18
問題と解答:55

>> AWS-Developer日本語 日本語版参考書


 

NO.1 AWS アカウント ごとに使用可能な S3 バケットの最大数は何ですか。
A. アカウントごとに 500
B. IAM ユーザーごとに 100
C. 制限はありません
D. 地域ごとに 100
E. アカウントごとに 100
Answer: D

AWS-Developer日本語 特典   

NO.2 どのような項目 の動作は、単一の API コールで DynamoDB の テー ブルから複数の商品
を取り出すことができますか。
A. GetItemRange
B. GetMultipleItems
C. GetItem
D. BatchGetItem
Answer: D

AWS-Developer日本語 最新   

NO.3 どの機能は S3 内 のデータへのアクセスを制限するために使用することができますか。
2 つを選んでください。
A. S3 バケットポリシーを設定します。
B. バケットまたはオ ブジェクト上で S3 ACL を設定します。
C. IAM ID フェデレーシ ョンを有効にします。
D. S3 仮想ホスティン グを使用します。
E. バケットの CloudFront のディストリビュー ションを作成します。
Answer: A,B

NO.4 次のどのサ ービ スが AWS プ ラッ トフ ォーム を利 用し て追 加 費用な しで 含ま れて い ま
すか。2 つを選んでください。
A. 弾性計算クラウド
B. 自動スケーリング
C. CloudFormation
D. シンプルなストレージサービス
E. シンプルなワークフローサービス
F. 弾性ロードバラン シング
Answer: B,C

AWS-Developer日本語 受験記   


JapanCertは最新の070-533問題集と高品質の9A0-393問題と回答を提供します。JapanCertの400-101 VCEテストエンジンと1Y0-401試験ガイドはあなたが一回で試験に合格するのを助けることができます。高品質の1Z0-634 PDFトレーニング教材は、あなたがより迅速かつ簡単に試験に合格することを100%保証します。試験に合格して認証資格を取るのはそのような簡単なことです。


記事のリンク:http://www.japancert.com/AWS-Developer-JP.html

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HBXのCORe 合格体験記の対応... | トップ | LX0-103 復習過去問 - CompTI... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。