ウロ

木の洞に頭突っ込み独り言

脳内バブル カムバック

2016年10月29日 | 日記
金を売って小遣いを得て
「買い物をする!」と宣言した。

旦那の私服と
私の秋冬用の衣類、鞄、靴である。
あぶく銭だから 欲しいと思ったら高くても買ってしまおう!

昨日旦那とSCに行った。
まずはゆっくり観たいからと 旦那を映画館に追いやって
ひとりで見て回る。

三階でよさげなスカートと鞄を見つける。
買う前にSC全体のポイントカードを作ろうとサービスカウンターに行く。
そのカードを手に、他の店も見て回り、最初に店に戻る。

しかしそこで止まってしまった。
私は本当にこれが欲しいのだろうか。
これがないと年が越せないほどに必要なのだろうか。
もっといいもの(自分に合った物)がないと言い切れるのだろうか。

大体が私は暑がりで
真冬でもTシャツ と 上着 である。
以前はもう一枚ぐらい着ていたと思うが
ここ数年は二枚きりである。

寒がりの娘ならニットを重ねたりストールをあしらったりと
おしゃれの幅も広げられるが
私にはプラスアルファの余地がない。

娘は買い物に行くたび戦利品を持ち帰るが
私は「必要」なもの以外買えない。


映画が終わった旦那と待ち合わせる。
「手ぶらか!」 「手ぶらだ」


お昼に食べた鯛めしは美味しかった。
バブル脳は弾けても胃袋は弾けない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金杯で乾杯 | トップ | 買ったもん! »

コメントを投稿