ウロ

木の洞に頭突っ込み独り言

疲れると寂しがり屋になるのね

2017年04月23日 | 日記
昨日午後息子から電話。
「今夜食べさせて!」
「お父さんが煮物つくっとる」
「お父さんたちは煮物で 俺はもんじゃで!」

仕方なく買い物に行く。
戻ったら筑前煮が出来ていたが
味見して「……」。

「不味いのか」
「醤油の味しかせん」
「分量どおりだぞ」
「いつも私が作ってるのと全然違う」

私は材料をごま油で炒めた後
まずだし汁と塩少々で煮る。途中でみりんと醤油を少しだけ入れる。
最後に味見して醤油を回しかける。

色はもっと白い。
旦那が作ったのは茶色い。
しかも材料を小さく切り過ぎてる。
一口サイズだと言うが
これじゃ介護食の第一段階。

「あんたはこれが美味しいと思うの?」
「思う!」

自分で作ったからなのか
そういう舌なのか。

冷めたら少し醤油が落ち着いたけれど
息子は「甘い」と言った。
レシピで作ると最初に調味料全部入れちゃうものね。
薄目に煮ておいて最後に仕上げようよ。
それでも旦那だとこの味になるかも だが。

もんじゃ焼きを食べさせた後、
用があったので息子と一緒に出る。
「コンビニつきあって貰わんといかん」と息子が言ったので
「つきあわんでも 鍵をくれたら先に行ってる」と言ったら
「すぐ終わるのに」と言う。
すぐだろうが何だろうが 母子でコンビニ行きたくない。

疲れると懐いて来る息子。

遠方でのミスチルコンサートがあるのだが
同行の友人探すのが大変。
「お母さん 来ない?」と言う。
いやいや。さすがにそれは。いろんな意味で。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鬼岩公園 | トップ | 天ぷら 眼鏡 市長選 »

コメントを投稿