ウロ

木の洞に頭突っ込み独り言

ランチ クリスマス バスター

2016年12月24日 | 日記
昨日の祭日。
娘はオフで夕方から結婚式の二次会。

最近通い始めたカフェにランチに行く。
ランチに出る前に
日曜日のクリスマスランチの予約を入れる。
本当は今年はパスの予定だったのだが
娘がむくれたので
「クリスマスランチしたいの?」と確認してみたのだ。
「どっちでもいい」と答えたので
「どっちでもいいのならナシだよ」と言う。
そして「お父さんを当て込んでも 駄目だよ」と付け足す。
「お父さん絶対行きたいって言うもんっ」
「言わないんだな これが」
「むくぅうう 行きたいに決まってるじゃん!」

旦那にかこつけず素直に自分が行きたいと言えよ 娘。

先週行ったフレンチに電話してみる。
まだ空きがあるとの事なのでクリスマスランチで申し込む。
うふふ。一番喜んでいるのは私かも知れん。

日曜日にランチだから
土曜日の本日実家へ行く。旦那とふたり。
娘は部活からの遊び。
24日の夜には予定が入っていて年末年始は海外。
だから自宅でのクリスマスはどうでもいいようなものなのに
ランチもケーキも諦めない。

まあ いいけどね。


さて。ランチに行く直前に
「私のパソコンのバスター 期限切れてる?」と訊く。
私と息子と娘と共有で、私は6月に更新したから三台とも大丈夫な筈である。
どうして娘のだけが?

午後娘のパソコンをチェックする。
どうして無効なのか分からないが
windowsの更新も滞っているらしく、何回も再起動を繰り返す。
繰り返して「もうありません」と出ても進展はない。
そこで漸く「最新版への切り替えがしてない」と気づく。

その画面を開くと「自分でやる(簡単です)」「依頼する(8000円です)」
と選択が出る。無論私がやったが
そこへ娘が出て来たので

そう。娘はすっかりお任せで二次会の支度で忙しい。
人が頭を抱えている横でマニキュアを塗ったりしていた。

「8000円払えって出てるけど どうするん」と訊いた。
娘は暫し迷っていたが「払う」と決意した。
「じゃあ今すぐ払え」

娘のパソコンは大学入学時に買った、大学生協オリジナル仕様である。
ぱなそにっくのそれはバッテリーがいまだに三時間はもつ。
こんな扱い受けているのに健気である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エサをぶら下げて歩く | トップ | クリスマスランチ でした »

コメントを投稿