ウロ

木の洞に頭突っ込み独り言

葬式 墓 親戚

2017年07月11日 | 日記
旦那の伯母が亡くなり、旦那は葬式に行った。
八事(火葬場)への同行を事前に打診されてたから
勝手にこちらで
告別式→出立ち→出棺 で 八事が3時間で
そこから初七日で 終ってから初七日の膳でー と
「帰宅は7時か8時」だから「夕食要らないね」と決めつけた。

したらば。
3時に「今から帰る」と電話が入った。
しょえー

出立ちはなくて 初七日の後に遅めの昼食だったらしい。


伯母と典型的嫁姑仲で、既に未亡人となっていた嫁さんに
伯母の娘は正式に通達しなかったらしく
嫁さんは「一般席」に参列していたと旦那は言った。
やれやれ またか。
娘も娘だが、嫁さんも相変わらずの嫁さんだなあ。
で 義母あたりはまた喜んでそのネタに喰いついてるんだろう。

旦那が今朝「そういえば遺体の顔がさ」と
よりにもよって朝ごはん食べている時に言い出す。
「ムンクの叫びみたいに口を開けてたんだけど」

「亡くなった時 傍に誰もいなかったの?」
死後硬直するまで放っておかれたのか。
「いや どういう状況か知らない」
傍に看護婦さんとかいたなら それなりに処置しただろうし?

そうでなくても葬儀会社になんらか手段はある筈だが。
これまで顔の歪んだ遺体など見た事も聞いた事もない。

「あー それ 別に恨みとかじゃないから。単にスタッフの手抜き」
それでもそういう事(恨み)にされてるんだろう。
だから私は葬式なんかやって欲しくないんじゃ。


伯母の葬儀だから旦那の兄弟も集まる。
次男と三男は大学生の息子を抱えている。
奨学金を申請し損ねたのか、それだけでは足りなかったのか
金融機関から借りている と話していたらしい。
次男のところなど自転車でも通える距離なのに下宿している。
三男は取締役にまでして貰ったのに辞めてしまったが
その頃の蓄えもないのか?

もー ほんと この兄弟わけ分からん。

旦那の親は本家ではないので墓がない。
私らが結婚してすぐの頃 近くの寺に「空きが出た」と話があり
60万か70万かだった。
当時貯金はそんなになかったけど
滅多にない話だと言うから「買っておく?」と訊いたのだが
結局流れた。
だから墓はないままである。

旦那がその事を言うから
「次男とこが欲しいと言うなら お金だけだすけど
墓守もいないのに買っても困るでしょう」と言った。

「お袋は散骨でいいと言ってる」

義母は家族葬でいいとも言っているが、言っているだけである。
いくら身内にそう言っておいても
いざ となると周囲に「そんなわけにいくか」と邪魔される。
事前に自らの口で宣言しておいてくれればいいんだけどさ。

散骨だって明言しておいてくれないと
大きい方の骨壺まで貰って来ちゃったら
砕くのも撒くのも(許可が要る)大変だよね?

借地の上に立っているボロ家もそうだけどさ。

なーんにも考えてないの。

そういう問題が発掘されるから 葬儀とか嫌だな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それでも娘は先生だ | トップ | 男どもは! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。