ウロ

木の洞に頭突っ込み独り言

イタリアンとスマホとタンシチュー

2017年06月15日 | 日記
10年以上昔に行ったイタリアンに行く。
イタリアンらしい粗雑さといえば聞こえはいいが
主張に頼り過ぎてて「味」という結果に結びついていない。

ごたくはどうでもええねん。
要は「ああ 丼一杯食べたい」と言うくらい美味しいかどうか。

まずくはなかったけどね。


娘のスマホは相変わらず不通である。
私の携帯を持って出勤している。
それで全く不便してない私もどうかと思うが
スマホなしでは暮れない若者もどうかと。

娘のスマホは既に二年を過ぎ
二年を過ぎるとなんたら割引がなくなって
結局は買いかえても支払額はあんま変わらない
という事になるんじゃないだろうか。

息子はさっさと買い換えたようだが
娘は口ではそう言うものの 最後の最後まで足掻く。

あっぷるに行く時間がないので
電話でサポートを受けながら なんとか初期化に成功した。
成功したはいいけれど
今度はバックアップデータが戻せない。

それはパソコンのせいで

そう言えば前にバスター最新版への書き換えの時も
散々苦労させられたっけ。
バスターは私が担当していたから私がやったけれど
今回はスマホだから
私は「スマホの事は分かんないー」と手を貸さない。

昨夜も12時近くまで頑張って
やっぱり駄目で 今日も私の携帯を持って出て行った。


職員室でスマホの不調を語ったらば
同期の男性教師が「人間がスマートさについていってないんだ」と。

言い得て妙なり。


タンシチュー。
旦那は「いいんじゃない?」と言い
娘は私が肉の講釈をする前に「これ 美味しいね」と言ったが
私としては不満が残る出来であった。

バターをちょっぴり入れ過ぎたのと
煮込む直前に足した水が余分だった。

まだまだ精進だな。
……ってか 最初にきちんと量れよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かき氷とタンシチュー | トップ | グルテンフリーパスタとスマ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。