ウロ

木の洞に頭突っ込み独り言

♪15 16 17と私の人生暗かった

2016年10月19日 | 日記
平日であるが
昨日は息子も娘も休みだった。

四人で食事に出る。
揉めたが、おかずバイキングのある店に向かう。
階段を上がりながら
娘が「子ども二人フリーター」と呟く。
平日だから傍から見たらそんなんか。
でも大丈夫。
「あんたら大学生で通る」 高校生でも通る。

階段を上がったところでスタッフが立っていて
「オーナーが替わりまして」と説明を始める。
つまりは「おかずバイキングがなくなった」という事である。

暫くショックで頭が働かない。
だが見てみれば新しい店のメニューも悪くはない。
悪くはないが
息子はとにかくお腹一杯食べたかったみたいで
「おばんざい9種」なんちゃらでは不満らしい。
珍しく娘が「隣のしゃぶしゃぶでもいい」と譲った。
それなのに旦那が嫌だと言う。
店員の前で親子四人でわちゃわちゃ。

「私たちは貴重な休みなの」と娘が言う。
そうである。旦那は毎日が休みで
いつでも好きなものが食べられるのである。

しゃぶしゃぶ(安いやつね)を食べて帰る。


午後旦那とカラオケに行く。
平日ならば午前中の方が安いのだから
何も今日行かなくても と思うのだが
子どもたちがいると日曜日な気分になるらしく
何かして遊ばないと落ち着かないのだ。

藤圭子の「夢は夜開く」を歌ったらば講評のところに
「歌詞をよく理解していらっしゃるようです。心に響きました」
みたいなコメントが出た。
初めて見るコメントである。歌が歌なだけに笑えた。

そうか 私はこの歌を浸り切って歌えるのか。


夕食は旦那が「いわしのかば焼き」を作る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無視する女 | トップ | 眩しい »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。