教育史研究と邦楽作曲の生活

一人の教育学者(日本教育史専門)が日々の動向と思索をつづる、個人的 な表現の場

大和ミュージアム

2006年08月16日 23時55分55秒 | Weblog
 今日は松山→東広島。
 11:15の呉広島行きフェリーに乗って呉へ。松山から東広島に帰るには、松山観光港→呉港→JR呉駅→JR海田市駅→JR西条駅が最短。
 呉港下船後、港の隣にある大和ミュージアム(正式名称は、「呉市海事歴史科学館」)へ。展示物の数、質、見せ方いずれもすばらしい。機械技術の戦前から戦後への継承、というテーマも一貫して良い。2時間以上館内にいましたが、それでも全部見切れませんでした。同館でとくに思うところがあったのが、以下の3点。
 第1は、旧帝国海軍の技術力でした。館内に展示されていたのは、大和や回天などのできあがった全体としての兵器だけではなく、その全体を構築している部品もたくさん展示されていました。その精密さは、素人目でもすごいということぐらいはわかります。今まで小さな模型や本でしか知らなかった兵器が、これだけの技術力を駆使して作り上げられていたのだ、ということを知り、感動しました。これらの技術は、戦後、さまざまな機械技術に平和利用されていくのです。
 第2は、戦争の狭間に見える人間らしさでした。第二次大戦は組織戦ですから、兵士は人間らしさを捨てなくてはいけません。ですが、実際の兵士は死に直面したとき、極めて凝縮された人間らしさを発揮します。回天特別攻撃隊少尉の塚本太郎氏が出撃前に自分のハンカチに遺した遺言を見て、深く感じました。すなわち、「悠策 兄貴ガツイテヰルゾ 頑張レ 親孝行ヲタノム」。私にも弟想いの兄がいてくれています。他の人の遺言に比べ非常に短いものですが、自分と自分の兄に重なり、涙がとまりませんでした。
 第3は、完全に私事ですが、肝付兼行(きもつき かねゆき)という海軍軍人の功績と写真が展示されていたことです。肝付さんは、私の研究対象である大日本教育会・帝国教育会の幹部として、熱心に教育会の活動(すなわち「我邦教育ノ普及改良及ビ上進」)に参加していた人です。海軍軍人であることは知っていましたが、海軍軍人として何をした人かは知りませんでした。展示によると、呉に海軍の重要施設である鎮守府を設置する候補を決める際、呉湾の測量調査にあたり、「此呉湾ヲ除キテ他ニナシ」と報告した人物が、肝付さんだとのこと。呉に鎮守府を置いた立て役者の一人が、肝付兼行だったのです。思わぬ発見でした。
 大和ミュージアムは呉港の隣にあるので、私は帰省から帰るたびに近くを通って来ました。それでも今まで入ったことがなかったのは、その来館者の多さ。いずれ少なくなるさ、と思っていたのですが、一向に少なくならない。その理由はわかりませんが、今回巡ってみて、来館者はその展示の魅力にひきつけられているのではないか、という考えるようになりました。来館者が普通の博物館じゃありえないくらい多いのは、大和のエンターテイメント性だけに支えられてるのではないように思います。超おすすめ。
 写真は有名な10分の1戦艦「大和」を上から撮ったものです。
コメント (14)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加