ぱんだの村

たくさんの仲間がすんでる村は、古くていいものいっぱい!
そして おいしいものもいっぱい!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポプラは 誰のもの?

2010年07月14日 | 将来の“村づくり”
失くしてしまえば 元には戻らない。

今の状態を維持し うまく新しい広場に融合させることができれば。



このポプラは 個人のものではない。市民のものである。



もう一度 問いかけてみたい。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『与五郎のポプラ』への道 | トップ | 今も昔も 天高く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ポプラを救いたい... ネットで見つけた小樽の「声」 (あの夏の、絵日記の続きを書こう…)
今年6月、小樽で水天宮のお祭りと喫茶店スタンプラリーを楽しんだ時に 写した画像です。手宮線のこの光景が好きです。 小樽市分庁舎のポプラのことを書いた地元の方々のブログを 探してみました。 ...