カンチャン狂騒曲

日々の事をあれこれと、大山鳴動してネズミ1匹がコンセプト。読書・家庭菜園・旅行・川柳・謡曲など際限なく・・。

阿蘇を訪ねてみた

2017-06-15 10:44:15 | おでかけ
 阿蘇の西原村にある「萌の里」という物産館がフルオープンしたので久々に出かけてみた。

 途中の道路が不通になっているので、少し迂回路を通ってたどり着いたら定休日。

 折角来たので少し脚を伸ばして南阿蘇村の「あそ望の郷・くぎの」へ、此方も橋梁工事などで迂回路を進む。

 
 (あそ望の郷・くぎのから阿蘇の山々を望む)
 
 (無料ドッグラン)
 下界はエアコン無しでは暑かった車の中も、途中からエアコンを切って窓を開けたら気持ちいい風が・・・。

 店の外のウッドデッキの方が断然気分が良い。

 根子岳・高岳・中岳と阿蘇の山々を一望でき、目の前には犬などを連れた人のためのテーブルやドッグランの施設もあるのでただ眺めているだけで楽しさが伝わってくる。

 帰りは阿蘇谷の方に廻って赤水を経由するコースをとった。

 
 途中で国道57号線と325号線を結んでいた「阿蘇大橋」の崩落現場を通った。

 地震で崩落した外輪山の一角は今もそのままに剥き出しの岩肌を見せている。

 崩落の現場から約600mほど下流に新しい橋を架ける予定らしいが、その更に下流にある「阿蘇長陽大橋」は崩落を免れたので、橋や道路を修復して今年の夏場には開通することになっている。

 国道325号線のルートが開通すれば南阿蘇~宮崎方面はかなり元の状態に近くなる。

 一方阿蘇谷を通る国道57号線は大津町からミルクロード方向に迂回を余儀なくされて交通量はかなり多い。

 崩落現場を避けた新しいルートのトンネル工事も既に始まった。

 復旧と新設が同時に進行することになる。

 災害列島での自然との共生という悩ましい問題がここにもある。

 
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮設役場への移転 | トップ | 被災地の田んぼ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

おでかけ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL