カンチャン狂騒曲

日々の事をあれこれと、大山鳴動してネズミ1匹がコンセプト。読書・家庭菜園・旅行・川柳・謡曲など際限なく・・。

西瓜をめぐる物語(2)

2017-07-13 10:29:04 | 家庭菜園
 先日菜園から収穫した大玉の西瓜を割ったら白い部分が多くて失敗したと頭を抱えたものの、一応冷蔵庫に入れて置いた。

 ご先祖には申し訳ないので同時に収穫した小玉スイカを初物としてお供えした。

 収穫時期の見誤りにブツブツ文句を言っていた相方が、今日になって不味さ覚悟で食べてみようと言い出した。

 

 なんと、結構熟れているではないか。

 たまたま二つに割った場所に白い部分が多かったらしく、こうして小さくカットしてみるとそれなりに食べられる。

 それに我が家では残った西瓜の皮も青いところを除いて簡単な漬け物にしたりするので、漬け物にする部分が多い西瓜だと思えばどうってことはない。

 と、失敗の元凶を作った私は大いに力説し、相方も概ね諍いの矛を収めた。

 

 かくて西瓜の一件は落着したのだが、他所様におすそわけするには少々自信のないあと半分が冷蔵庫に鎮座している。

 食べた分だけ漬け物も増えるわけで、当分責任者としての私はキリギリス状態を覚悟しなければならない。

 当地は新暦のお盆なので、供え物を日替わりメニューで替えながら食することになる。

 ご先祖もやたら新鮮な食材に多分驚くだろう。

 
にほんブログ村
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨が終わるころやっと屋根... | トップ | 大きくなったツバメの子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL