カンチャン狂騒曲

日々の事をあれこれと、大山鳴動してネズミ1匹がコンセプト。読書・家庭菜園・旅行・川柳・謡曲など際限なく・・。

久しぶりに咲いた白いサツキ

2017-06-17 09:28:25 | 日常あれこれ
 鉢から庭の隅に植え替えてすっかり忘れ去られていた「サツキ」が久しぶりに花を咲かせた。

 
 (白いサツキ)

 20数年前には鉢の中で綺麗な花を咲かせていたのだが、だんだんと衰えてきたので15年くらい前に地面に植え替えて置いたもの。

 その後も樹勢は落ちていくばかりでヒョロヒョロと一本だけ枝を伸ばしていたのだが、その枝の先に真っ白な花を咲かせた。

 白が主体で所々に赤い斑点が交じるものもあるが、珍しい部類ではないだろうか。

 よくよく見ると根元付近には新しい芽がいくつか出てきているので今後は再生してくれるかも知れない。

 反対に去年までは毎年今の時期に咲いていたアジサイは鉢植えの「ガクアジサイ」が一輪だけ咲いて後は地植えのものは一つも花をつけていない。

 
 (一輪だけのアジサイ)

 去年の地震以来植物の動勢に変化があったとしか思えない。

 去年駄目だったのは竹類だったが、今年は「黒竹」も「カンノン竹」も盛り返しつつある。

 
 (例年と変わらないグラジオラスと薔薇)

 グラジオラスはバラは例年通り花を咲かせ、キバナコスモスや百日草は去年落ちた種が発芽して大きく育っている。

 ところが隣との境界ブロックの付近にあった、「ユキヤナギ」が枯れ始めた。

 同じように葉っぱの似ている「キョウガノコ」も花を咲かせた後葉が枯れ始めている。

 もう何年も同じ場所で育っている「アベリア」は元気なのだから、原因がよく分からない。

 去年駄目になってしまった竹と同じように復活もあるかもしれないので、しばらく放置して様子を見ることにする。

 地面にヒビが入るほど揺れたり、周りの家が解体されて日照が変わったり、境界ブロックの再建に伴って隙間に大量の砂が入れられたりして、変化の多い一年だったので、植物の勢力図も影響を受けたのかも知れない。

 
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被災地の田んぼ | トップ | 「美ら海水族館」がやって来た! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL