カンチャン狂騒曲

日々の事をあれこれと、大山鳴動してネズミ1匹がコンセプト。読書・家庭菜園・旅行・川柳・謡曲など際限なく・・。

田植えの頃には半夏生

2017-06-19 09:47:30 | 日常あれこれ
 去年は水路の崩壊で荒れたままになっていた、田んぼに田植えがなされていた。

 心が和むのは瑞穂の国に生まれた者のDNAのなせる技か。

 
 田植えと言えば、一昨年に阿蘇産山村の「扇田」を訪ねたことを思い出した。

 
 扇型の棚田はいくつも見かけるが、祖母・傾山系を遠望しながらの風情は独特のものがあって、写真家の撮影スポットにもなっている。

 その日に訪れた別の棚田で「半夏生」の説明板があって、足元にはその植物が自生していた。

 半夏生という名前が面白くて、調べたりもした。

 田植えが済んだばかりの田んぼに揺れる早苗を見ると、あの独特の名前と姿が思い浮かぶ。

 実は田んぼコースのウオーキング帰りに、町中の解体されてしまった家の庭の隅に何やら白い葉っぱが目についた。

 
 それが半夏生だったのには驚いた。

 半夏生は夏至から11日目、今では黄経100度を太陽が通過する日だそうで、概ね7月2日頃だという話だから、まだ2週間くらい先の話だ。

 七十二候の一つだというから、一年を5日毎に区切って季候を表現するという繊細な区分によれば、まだ3つも先の季候ということになる。

 半夏生の時期に咲くから「半夏生」なのか、半夏生の咲く時期だから「半夏生」というのか詳細は不明。

 葉っぱが部分的に白くなって、半分化粧をしたようになるという植物の特徴を表す命名だとすれば半化粧の方がピッタリ。

 私的には季候は「半夏生」花の名は「半化粧」がいいと思うが、半分化粧などというのでは女性には受けないかも。

 
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「美ら海水族館」がやって来た! | トップ | 順調な成りものの野菜達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL