Mayumiの毎日綴る暮らしの日記

日日是好日 一日一日を大切に頑張って行きましょう ξ^_^ξ

泰山は土壌を譲らず、故によくその大を成す 「史記」

2017-07-16 12:21:51 | Weblog

泰山は奇観に富み、中国を代表する名山として知られている。
その泰山は、わずかな土くれも捨てないからこそ、あれだけの雄大な山容を形づくっているのだ、と云う意味。

秦の始皇帝がまだ秦王であった頃の話である。
重臣たちの中から「他国出身の人間は信用できないから、追放してしまえ!」と云う論が持ち上がった。
この時、李斯(秦の丞相)と云う人物が上書して追放令を撤回させているが、その上書の中に、この言葉が使われている。
他国の出身であれ、積極的に人材を受け入れてこそ国を強大にすることができるのだと云う趣旨である。
あいつは嫌い、こいつは使い難いなどと言っている様では、ろくな働きはできないと云うことだ。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖徳太子 (574~622年... | トップ | 戦争賠償金 総額 第一次世界... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。