Mayumiの毎日綴る暮らしの日記

日日是好日 一日一日を大切に頑張って行きましょう ξ^_^ξ

妖精たちの秘密の舞踏会

2017-05-03 15:28:53 | Weblog

エゾエンゴサク Corydalis ambigua 妖精たちの秘密の舞踏会

北海道に春を告げる淡い青「エゾエンゴサク(蝦夷延胡索)」。
雪融け後の林床で一番先に咲き始め、花畑を作る「スプリング・エフェメラル(春の儚いもの、春の妖精)」の代表的な花。
また、カタクリと似た環境を好む為に、同じ場所に咲くことも多く、
地中にできる1.5センチほどの塊茎(ジャガイモのようなでんぷんの固まり)はアイヌの人々の食用とされていたと言います。

また、もともと、花言葉がなかったエゾエンゴサクですが、平成20年(2008)に放映された倉本聰氏脚本のテレビドラマ『風のガーデン』の中で、「妖精たちの秘密の舞踏会」と云う花言葉がつけられました。

場所は、定山渓温泉






「風のガーデン」は、大好きなドラマでした。(T_T;)
https://www.youtube.com/watch?v=zCxnfwExAP8

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 顰に倣う 「荘子 天運」 | トップ | 平安京に君臨した陰陽師のカ... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。