Mayumiの毎日綴る暮らしの日記

日日是好日 一日一日を大切に頑張って行きましょう ξ^_^ξ

鬼子母神 人でも鬼でも、我が子はかわいい!

2017-05-17 14:07:58 | Weblog

 

日本では、子育ての守護者として知られる鬼子母神は、
古代インドではハーリーティと呼ばれた夜叉で、その昔から訶梨帝母と記されることもある。
彼女には五百人(千人、一万人とする説もある)の子がいたが、他の家の子をさらって来ては喰らっていた。
そこで仏陀が、鬼子母神の子の一人を隠すと、彼女は激しく嘆き悲しんだ。
仏陀は、五百人の子のうちの、一人を失ってもこれだけ悲しいのだから、
一人しかいない子を失った母親の気持ちはどの様なものかと諭した。
これ以後、彼女は仏法に帰依して安産、子育ての守護者になったと謂う。

一説によれば、彼女が多数の子どもを喰らうのは、
その前世で、産気づいた時に、その場にいた五百人の僧に助けて貰えず、赤子を死なせてしまったことが原因と謂われる。
その恨みから恐ろしい夜叉に転生したとも伝えられている。

彼女は幼子を抱いた姿で描かれるのが一般的だが、子どもの代わりに吉祥果(ざくろ)を手にしている場合もある。
これは、仏陀から、人肉の代わりに吉祥果を食べる様に諭された為だと謂う。

                

             




                                                                              「天使」と「悪魔」がよくわかる本






今日は待ちに待った絶好の、トマトと胡瓜を(野菜プランターに)植えるぞッ!
或いは、植えたぞッ!の日となりました。
例え、草取りするんでもいいですよ。
私は家と家の外に居るのが一番好きなことで、もう一つ好きなことは、
そんなことをして、夜はぐっすりと寝ることです。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« forget-me-not …(*Ⅴ.Ⅴ) | トップ | 華鬘草(鯛釣草) Lamprocap... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。