Mayumiの毎日綴る暮らしの日記

日日是好日 一日一日を大切に頑張って行きましょう ξ^_^ξ

菜根譚 後集70項

2016-10-11 14:38:28 | Weblog

 

晴空朗月、何天不可翺翔。
而飛蛾独投夜燭。
清泉緑卉、何物不可飲啄。
而鴟鴞偏嗜腐鼠。
噫、世之不為飛蛾鴟鴞者、幾何人哉。

晴空朗月、何れの天か翺翔すべからざらん。
而るに飛蛾は独り夜燭に投ず。
清泉緑卉、何れの物か飲啄すべからざらん。
而るに鴟鴞は偏えに腐鼠を嗜む。
噫、世の飛蛾鴟鴞と為らざる者、幾何の人ありや。


「飛んで火に入る夏の虫」

よく晴れて明るい月が出ている大空は、何処でも自由自在に飛び回ることが出来ないことがあろうか。
それなのに、飛び回る蛾だけは、殊更に自分から灯火の中に身を投じて焼け死んでしまう。
また清らかな泉の流れや、緑の草は、どれだけ飲んだり啄んだりすることが出来ないものがあろうか。
それなのに、梟だけはわざわざ、腐った鼠の肉だけを好んで食べている。
あゝ、それにしても、世の中にこの蛾や梟のようにならない者が、いったい幾人居るであろうか。





まだ間があるとノンビリと構えていたらば、急に冬がやって来て、大変なことになります。
雪囲いまでは行かないけれど、日々少しづつ冬の用意をするのは相変わらず。
それと、ちょっと時間があったらば、近くの公園や遊歩道を、心して歩いておこうと思っています。
家事だけでも結構動いているつもりだけれど、やっぱりちゃんと歩いておかなきゃナァと考えました。
ここら辺はまだ紅葉とまで行ってはいないけれど、晩秋の澄んだ空気を吸って、
長い冬を元気に乗り越えなきゃ。
普段、中々と出歩かないので、ちょっと歩いただけでヘタばるんですよ。
無理なく頑張ろうと決心しました。Fight-Ω(>∀<Ω)♪


エリック・サティ ジムノペディ第3番
https://www.youtube.com/watch?v=jMayXGcyf7Q

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菜根譚 後集69項 | トップ | 菜根譚 後集71項 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。