白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

ギュンターデック

2017年08月22日 23時57分54秒 | 公開デック
ベルフェンディータ
暗黒卿ギュンター ×3
バンナースタッチ ×3
ファイアドラゴン ×3
サーベルドラゴン ×3
ファラオパイソン ×3
ファラオの処刑人 ×3
サラマンダー ×3
ドラゴンパピー ×2
アンデッドインプ ×3
ファイアサークル ×3
バトルクライ ×3
アヴェンジャー ×3
ティンダーストライク ×3
ブランデッド ×3
グングニル ×3
ウィークポイント ×3
ブラックフォトン ×3

ギュンターデックもこの辺りで完成。
もう少しつかってみたいきもするのですが
これ以上更新を遅らせられないので。
全国大会が終わってから対戦しづらくなっていますね。

6月8日のギュンターの記事で仮組したものとほとんど変わってないです。
あの時点でかなり完成度高かったということでしょう。
シルヴィアの竜姫がアンデッドインプになっている。
はたしてアンデッドインプのほうが本当に正解であるかはわかりませんが。
ギュンターは単体で強いユニットなのですが反面サポートがほとんどないので
自分で回し易い6・2火魔デックを組んだらそれでおしまいじゃないでしょうか。
強いて言うなら、暗黒の斬波を放つには種族アンデッドのユニットカードが必要なので
ユニットカードはできるだけ種族アンデッドにまとめたいのですが
そんなに使用頻度の高い能力ではないし6・2デックをアンデッド主体で組んでも
弱いのでやめたほうがいいと思いました。
レベル2のブラックテイルは枚数制限解除の種族アンデッドなので
ブラックテイルで固める構築も試してはみましたけど
レベル2ユニットの枠が魔枠だと弱い。
魔1枠でできることがないんですね。
ドラゴンパピーだと万が一ギュンターがタイダルで即死しても
火1枠で残った敵1体を焼けばその地形を落とせる。
あいたリミット6の枠はベルフェンディータの能力でバンナースタッチを呼び戻せばいいです。
そのまま攻めを継続できます。
暗黒の斬波は使うよりも見えているだけで強い能力なのでこれでいいのではないかと。

召喚術師はアーニャよりベルフェンディータでいいと思います。
レベル6で対象になっているユニットはバンナースタッチだけですが
バンナースタッチが1枚でも引ければその1枚を何度でも使いまわせます。
対象ユニットがデックに数枚あれば性能を満たせるのがベルフェンディータの強みですね。
レベル6のアンデッドとレベル2のアンデッドが1枚ずつ落ちれば
以降はユニット事故に悩まされることはなくなります。
長期戦になるデックなのでこのアドバンテージはでかい。

ギュンターデックは、6・2デックとしてはやはりドラゴン型には劣ると思います。
このデックはレベル6のほとんどが歩行なので機動力が低くてじれったい。
毎回の戦闘で確実に進軍成功できるわけないのでどうしても中央ラインで渋滞しますね。
左右ラインに広がっていい飛行ユニットはファイアドラゴンだけ。
飛行ばっかりの6・2や土中移動ばっかりの土ドラは展開力最強ランクのデックですから
マリモやアーニャのアドバンテージより、攻め手がぬるいことのほうが気になった。
特殊進軍のない歩行の英雄が単騎突破するのは難しい環境です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダゴンデック | トップ | ポセイドンデック »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

公開デック」カテゴリの最新記事