白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

ドラゴンマガジンのカード第4回

2011年07月24日 18時26分48秒 | カード情報(ブロック1)

ドラゴンマガジン掲載分の最終回になります。

ゴールデン・ベア
聖スペルじゃなくてアイテムユーザーになってしまいましたね。
装備品回収の能力を持っていますが
これが聖スペル枠に代わるだけの価値があるでしょうか。
トパーズアイドルがいますからね。
対抗で使える手札回収なので意外に使いでのある能力ではありますが。
一応、ドワーフ警備隊の上位スペックユニットですので
レベル2で防御力3点の珍しさはあります。

気になるのは種族ビーストでしょうか。
不死鳥の種族もビーストだったので、アニマルとバードを統合させた種族がビーストのようです。
これはどうですかね?
アニマルはすでにGレギュで統合種族になりましたし
さらにバードまで吸収する意味はあるんでしょうか。
陸上生物と鳥を一緒くたにするのはどうかと思います。
バードが吸収されてるのにウルフやハウンドはどうなんだということになりますからね。
かといって種族ウルフまで種族ビーストに取り込むことはウルフデック消滅を意味します。
ウルフデックなんて消してしまったほうがいいですか?
あれはあれで固定ファンの居るデックなんですけどね。
種族アニマルといえば百獣の王やバステトがフォローしている種族です。
種族バードといえばカイムがいますしミネルヴァ関連の能力で一緒にフォローされている種族でもあります。
これはこれでなくなったらいやですね。
新たなる種族ビーストは歌姫がフォローしている種族みたいですが・・・。
歌姫は土風の専用デックでこそ強いカードなので
常備能力枠が合わないユニットをフォローしていてもお互いに旨みがないですね。

ナガレ里の猫又
常備枠が豊富な代わりに特殊能力を持たないレベル4ユニットですね。
キャッツアイも使えますしまとまったユニットです。
しかし強いかといえば微妙ですか。
展開力も機動力もない非英雄の主力サイズは英雄が出るまでの2番手以下がポジションです。
マタタビ横丁などのサポートをしっかり受けられるか次第ですね。
スペックは今の環境に照らすとハイスペックともいえないでしょうが
今後の基準となるユニットなんでしょう。

種族がビーストとケットシーの両方を持っています。
元猫から進化したケットシーということなんでしょうけど
種族ビーストであることにメリットはあるのでしょうか。
ケットシーというだけでサポートが多いので何もなくても悪いユニットではないですが。

アルカナ・ドラゴン
機械竜グラシアの互換ですね。
レベル8の非英雄でこのスペックが許されるなら
英雄2点のゲオルギウスはもう2周りは強くていいだろう
と思うくらいには強いと思います。
もともとグラシアはスペックでみればとても高かったですからね。
あとは魔法生物を破棄する手段がどのくらいあるのかというくらいですが。
ブランニュー環境に魔法生物を破棄する手段がないならとても強いかもしれません。
ディスペルマジックはなくても滅びの粉塵ならあると思うんですけど。

グラシアと比較した場合の最大の変化は種族ドラゴンでもあるという部分ですね。
ドラゴンは大量のサポートを受けられる種族になったのでこれがあるかないかは大違いです。

クロネコ封竜隊
レベル2のスペル魔でちょっと強い能力持ちのユニットですね。
攻撃対抗で1D点ですから種族ドラゴンでなくても
即時ユニット相手なら十分な威力です。
攻撃してくれたらファイアスモーカーと変わりません。
ドラゴンならダメージが上がりますけど
普通タイミングの火力を持っていないドラゴンにとっては脅威ですね。
防御力6点くらいでも軽く落ちそうです。

レベル2で防御力1点、それで対抗数が多いわけではない。
しかし1回だけでもその1回で制圧力の高い対抗が撃てるので存在感がある、
というユニットはゲーム全体のバランスでいうと実はかなり貴重な位置づけになります。
対抗の数ではなく対抗の広さで勝負する低レベルユニットだからです。
こういうユニットがいないとパーティの性能を比較するベクトルが
「対抗の数」という一元的なもののみになってしまうからですね。
つまりレベル2、レベル3で1対抗だけどその対抗できる範囲が広大、という
ナイトシェイドみたいなユニットはあれはあれでゲームバランス上とても重要なのです。
また防御力1点で鬱陶しい対抗が撃てるユニットがいないと
ピクシーやメズマライズを撃つ相手がいなくなります。
全体のスペックアップで防御力も上がっているんですけど
防御力1点で強力なキーユニットも居なくなってほしくないですね。

シノビ里の猫又
4/4/4でスペル枠2枠の即時召喚ユニットです。
エレメンタルと比べるとスペル枠が2色であることより
種族の豊富さが目につきますね。
それだけ利用範囲が広いということですから。
エレメンタルの弱点は、種族スピリットであるということなので。
ケットシー限定の戦闘スペルの存在も確認されていますので
レベル4の即時召喚としてこのユニットの存在は相手からすると脅威です。
耐性も付いていますしね。耐性自体はあんま役に立たなさそうな気もしますが。
猫から進化していますので種族ビーストも付いていますけど
こっちはどうなんでしょうね。
歌姫しか利用できないなら弱いと思います。
種族アニマルはなんだかんだといろいろありましたし。
種族が統合されたことによってかえって利用範囲が狭まって
アニマルのままのほうがよかったということになっては残念です。

銘刀スティンガー
ステータスが上がるだけの魔剣。
黄金の鎧の上位であると同時に黄金の盾の上位でもありますね。
魔剣ジークフリートと比べてもこっちのほうがいいと思います。
装備品のステータスアップは消耗品と比べてもあまり強い効果がなかったので
このくらいでやっと納得というところでしょうか。
使いまわしが効くから効果が低いということだったんでしょうけど
相手の動きを見てから対抗で使えるほうが便利でしたからね。
タイプ黄金っぽいオーソドックスな効果が
魔剣として登場しているのは剣姫セットだからだと思いますけど
魔剣のほうが利用価値が多いですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラゴンマガジンのカード第3回 | トップ | 陽光の護法陣 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

カード情報(ブロック1)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事