白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

エーディンデック

2017年05月16日 00時24分20秒 | 公開デック
シルク
幻蝶姫エーディン ×3
プラントドラゴン ×3
エント ×3
大砂蟲 ×2
花園の歌姫プラリーネ ×3
ペルソナ ×3
コガネダイオウ ×3
百年樹のトレント ×3
スピアバンブー ×3
花園の歌姫 ×3
アースシールド ×3
ブライアーピット ×3
エンデュランス ×3
ジャイアントグロース ×3
ティルフィング ×3
ウィンドカッター ×3
プロテクション ×3

髑髏蜘蛛ザルヴァーザの記事でエーディンデックに触れるコメントがあったので
エーディンデックの準備をしていたのでした。

エーディンは書いてあることは非常に強いのですが、
自分よりも防御力が高い相手に苦手、つまりレベル6圏のドラゴンとは相性が悪い、
基礎値が低く、歩行が多くて機動力も低いので戦慄迫る日々への耐性がないと、
デックの立ち位置として弱いデックです。
苦手デックが環境の主流と巡り会わせが悪すぎた。ただ個々のカードの性能は高い。

大まかは見所のないレシピだと思います。
わたしのお馴染みの枚数配分、即時不可11枚、3レベル15枚、2レベル3枚、戦闘スペル21枚を
土風バージョンに落とし込んだだけなので。

主軸はエーディンとエントで、レベル3圏の主力はプラリーネとペルソナ。
即時不可ユニットを11枚にしたかったのでレベル5を9枚入れた後、
さらにもう2枚何を入れるかという話になったのですが、
千年樹のトレント、ダイダラ、大砂蟲の3択で悩んで大砂蟲にしました。
召喚術師がシルクの場合、レベル8が種族プラントである意味はなくなるので
純粋に強いユニットですね。
スペル枠的にダイダラでもいいんですけど
このユニットの役割はエーディンの役割に干渉しない範囲で
他の即時不可ユニットが手札にこなかったときの間に合わせが立ち位置となるので
特殊進軍と連続で2枚引いても両方呼べる大砂蟲を採用。
ただし本当に手札にユニットカードがこの1枚しかないというときには
大砂蟲よりダイダラのほうが何倍も仕事をするのでダイダラでもよかったと思います。
サンプルとして公開しているデックなのであくまで一例ですね。

戦闘スペルカードは防御力アップ4種類にブライアー、ティルフィング、カッター。
エーディン、エントが使って腐らないカードをチョイス。
わたしの構築の中では土でも風でもない水属性のプロテクションが珍しいところ。
土風で他に入れるカードがなかったので入りました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バードマン先攻デック | トップ | ゼウスデッキ »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (Unknown)
2017-05-17 15:38:30
ザルヴァーザの所でエーディンデックを出した者です。

白鳩さんのは、召喚師がシルクなんですね。

僕のは、召喚師はブリオなので、歌姫とアースシールドを生かして、プラントの召喚からワラ気味に動かしたりもしてます。

シルクは、ごり押し気味に動かす感じでしょうか?
Unknown (白鳩)
2017-05-18 00:52:33
シルクを選んでいるというより
ブリオが使えるデックではないのです。
ユニットのうち、
プラリーネ、ペルソナ、花園の歌姫は
インセクトでもプラントでもありません。
しかしこの3種類がこのデックの即時ユニットの最主力です。
コガネダイオウも百年樹のトレントも
手札に歌姫もペルソナもいないときに出すユニットでしかない。
そして、このデックが戦闘に勝利した場合は
基本的に無傷で相手パーティを全滅できるはずです。
レベル5のエーディンかエントを前列にして防御アップ対抗で完封するスタイルですから。
戦法的にユニットカードが捨て山に落ちない。
その上、攻撃宣言もしませんので
2/2のアタッカーも必要ないことになる。
ブリオが居ても防御2点の壁が増えるだけなんです。
だとしたらエンデュランスの上昇値が+2すれば
内包できる効果ということになる。

対してシルクの効果は絶大です。
ブライアー、エンデュランス、ティルフィング、カッターの効果が
+2されたら手札揃って勝てない相手はいなくなりますので。
エーディンが落とされたら総崩れになるデックなので
「まずユニットカードが捨て山に1枚落ちないことには始まらない」
召喚術師能力というのは
その時点で致命的な序盤のもたつきに繋がる可能性があります。
なるほどです。 (Unknown)
2017-05-18 11:03:16
僕のエーディンデックとは、カードは似いてるが、かなり異なる動きをするデックですね。

僕のは、前のサルガタナスが入ってるデックから変更がないのですが、
英雄が4種12枚入っており、ユニットの半数弱です。

英雄を場に出す。→能力のコストに2枚目の英雄を使う。→ブリオでプラントを呼ぶ。
という動きをしています。

また、レベル2が歌姫の3枚だけなので、相手の本陣戦でプラントを呼んで、5.3.0でアースシールドを握って攻めたりもします。
Unknown (q)
2017-05-20 15:24:21
フロマージュが入ってないのは珍しいと思う。
Unknown (白鳩)
2017-05-20 20:53:22
英雄4種ですか。
わたしはスペルの色をまとめたいのであんまりやらないですけど。
そもそもブリオとシルクは参照種族が違うので
どっちでもいいというわけではないんですよね。
インセクト中心で組むとスピリットは入れづらくなります。

フロマージュは、最初は入ってたんですが。
案外使いづらかったので抜いてしまいました。
何戦か使ってみて能力を使う機会が1度もなかったんですね。
手札を捨てたくないとか、レベル5を前列にしたくなかったとかの理由で。
しかし百年樹のトレントの枠はフロマージュに戻しても良かったかも。
いわれてみれば
百年樹のトレントのディフェンダーも役に立ったことがないのは同様ですから。


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。