白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

キング・レミング

2012年09月25日 11時39分52秒 | カード情報(銀嶺のリヒテルス)
レミングで国があるなら勢力名があっていいのでは。

これはイマイチ。
元祖レミングは統率されていない大群が純粋な暴力になるイメージが新しかったわけですから
今更キングは台無し。
それに「キングレミング」が可愛くない。せめて「レミングの王さま」のほうが字面がいい。
さらに今のレミングデックは50枚制限のカードばかりで構成されているところに
構築の一種の奇抜さ、楽しさがありますので
3枚しか入れられないリーダーユニットの存在は、
どこかガッカリな部分を感じさせるデックの濁りです。
しかもレミングはプロモパック入りのビジュアルフレームがありますからね。
オシャレな人はプロモ版だけでデックを組んだりします。
せめてキングレミングにもイラスト違いのビジュアルフレームでもないと
せっかくのプロモレミングデックには入れるのが勿体ない。

4/0/2は最低レベルのスペックですが、
捨て山のレミングカード分攻撃力が上がります。
実際のところこの能力はかなり強い。
以前はレベル8ユニットの能力だったので完全にそれだけ、でしたが
レベル4でスペルアイテムのユニットが攻撃力20点とかになると
そう簡単に止められるものではない。
防御力を上げたり攻撃力を下げたりしてどうにかなる範囲を過ぎてしまうと
行動完了か死亡させるかしか止める手段がないのだから
レミング側もそれに絞って対抗手札を用意してくると思って良い。
レベル2のレミングの能力の火力も高いこともあって、
キングレミング+ホワイトレミングとかに先攻を取られると
本当にどうしようもない。
キングレミング+ブラックレミング2体に後攻を取られるのはまだどうにかなるんだけど。

さらに捨て山のレミングが10枚を超えると防御力+3。つまり防御力5点。
レベル4で防御力5点だから基準を超えていてどうの、というより、
防御力5点はヴォーテックスやメデューサアイが効かないのが強い。
パーティの総防御力はそんなに高くなるわけではないので
重要なのは純粋に攻撃を止め辛くなるということ。
対抗で5点ダメージを発生させる手段は限られるので対策手段が極端に少なくなる。
ブラックホワイトのレミング軍団がすでに強いので
嵌まればシャレにならない強さ。
後攻押しのブロック3に出さなくても良かったのではと思うくらい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大鋼蟲 | トップ | ダイナマイト・ダンディ »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神より王 (レヴィン・ココ)
2012-09-25 15:32:41
トールで荒らしながら捨て山ためて王様が留めをさす、というのは夢ですかね。
Unknown (通りすがり)
2012-09-25 18:53:38
開始2ターン目第二手札調整フェイズまでに引いたすべてのレミングを、手札調整フェイズで捨ててしまってよい。と割り切ってしまいますか。
上手くすれば10枚以上が捨て山に溜まるので戦場に即4/10/5ユニットを召喚できる事になります。
レミング以外のユニットとアイテムとスペルを何枚に絞るか...デックセンスが問われます。
Unknown (白鳩)
2012-09-26 11:52:10
ホワイトレミング、ブラックレミングを30枚超入れるだけ
と言うデックがすでに強いんですよね。
余計なことをせずそれに付け足すだけでいいと思います。
はじめからレミングしか入っていなければ
何もしなくても中盤には自然に最強ユニットになってるんだから。

コメントを投稿

カード情報(銀嶺のリヒテルス)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事