白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

サンダルフォンデック

2017年10月19日 00時16分33秒 | 公開デック
ハロハロ
戦天使サンダルフォン ×3
神炎の大天使ミカエル ×3
荒ぶる炎の天使 ×3
狂える嵐の天使 ×2
巨神姫エスリン ×1
マーマン海洋三銃士 ×8
フォービ ×3
スピアバンブー ×3
竜牙兵 ×3
ジャスティス ×3
ウィークポイント ×3
バトルクライ ×3
魔力のスクロール ×3
英雄の酒 ×3
輝ける蝶の鱗粉 ×3
腐食のビネガー ×3

サンダルフォンデックも組んでみた。

はじめはほぼ聖単で月に咲く天使やワルキュリア採魂隊なんかで
長い間がんばってみたんだけど、まあ弱かったね。
基礎値が足りてないのに対抗は2動作で1対抗という酷いデックだった。
髑髏コンボ的なものは作らせないぞという信念を感じる調整だった。
この環境で、防御力4以下のユニットを並べる即時ワラと呼べる形の構築は
ハーピィデックとバードマンデックだけである。
それ以外は程度の差は大きいが基本的に防御力高めの即時不可の英雄を守るデックである。
つまり月に咲く天使の能力が刺さるデックは
ほぼハーピィデックしかない、と言っていいくらいなのだ。
輝く雨の天使で6点ALLにしてもたった6点ダメージに耐えられない英雄も珍しいだろう。
だが月に咲く天使がライカデックに有利が付いているかと言えば勿論そんなことはない。
相手にこちらの対抗が刺さるかもしれないが相手の対抗も刺さりまくるので
採魂の一撃や月光浴で手札を破棄しながら競り勝つにはいろいろなものが足りない。
奇跡的にウィークポイントのコンボに対抗が飛んでこなかったときに勝てるくらいであった。

そこで原点にたち帰り、サンダルフォンの強さを分析してみた。
サンダルフォンのスペックは完成されすぎているくらい完成されたカードである。
書いてあること一つ一つが強い上に動きとしてもまとまっている。
先攻でも後攻でも相手をけん制できる技を持っている。
どう使っても強い。
つまりサンダルフォンの強さって、聖のカードがなくても戦えることだったんだな。

聖属性のカードはサンダルフォンのジャスティスだけにしてみた。
そしたら強いじゃない。
サンダルフォンは単なる5/5/5のディフェンダーなのだが、
聖単構築のときもドラコイリュージョンで殴り返すだけのユニットだったのでこれで十分であった。
レベル5のユニットは色つきのスペル枠をコストで消費できるジャイアントであること、
またウィークポイント、輝ける蝶の鱗粉でコンボが作れることもテーマにしている。
こっちのほうが月に咲く天使よりよっぽど爽快にコンボが決まるね。

レベル5のジャイアントとマーマン海洋三銃士のパーティは、
防御力だけで言うならめちゃめちゃ強い。
防御力の低いユニットがいないパーティで消耗品で2対抗すれば返せないから。
ただし攻撃力はなくなるのでレベル5が殲滅力のあるユニットでなければならない。
ダメージソースがチャージもディフェンダーもないユニットのアタックだけだと
消耗品で相手の対抗は完封できたとしても、どれだけ攻めようと勝てないから。

いくら聖属性のスペルが弱くても強いサンダルフォンで
使ってやれば使えるかなと思ったけど逆だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加