今日も明日も愛してる

私が見たものを、あなたにも見せたい。
月日が経って季節が変わっても、これは世界とあなたへのラブレター。


『蜘蛛の糸は必ず切れる』 諸星大二郎

2016年11月02日 | 観たり、聴いたり、読んだり
漫画家諸星大二郎の小説短編集。面白い味がする。最初の『船を待つ』は舞台劇みたいだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ガタンゴトンと日が暮れて | トップ | 建設中 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。