goo

七月投句

虫干しや父が遺せし処世訓            粒石          
うら盆会さまざまなこと想ひ出し         粒石
虫干しやひらり紙片にLET IT BE  雅田如
いきるにもそろそろあきて 蛍の火        変竹       
風入るる洋皮紙の字の剥がしあと         摸楽宙
古りし軸僧うやうやしくお風入れ         摸楽宙
終電車朝顔市の帰り客               雅田如
シャーベットダム放流の山震ふ          摸楽宙
アイスクリーム情熱の色恋の色          摸楽宙
虫干しの箪笥の底にラブレター          粒石
風入れやポイントカード総点検          摸楽宙
ゼンマイの壊れし時計もじずり草         摸楽宙
成田屋の初宙乗りや夏歌舞伎           雅田如
虫干しや人目憚る通信簿             粒石
死ぬとみな星になるのね 夏銀河         変竹
無心のナイフでメロン七等分に切る        雅田如
人生 でたとこしょうぶ積乱雲          変竹       
くだらねぇ? だったらどうなの百日紅      変竹
わが街だアイスクリームに原節子         粒石 
(古里ヨコハマはアイスクリームの発祥地。原節子は不世出の銀幕スター)
虫干しやセーラー服の秘密の秘          変竹
アイスクリン 荷台でっかい昔自転車       変竹
遠雷やあたまの中に疼き知る           里楽乃
夏風邪の職場の人は今日静か           里楽乃
熱風が来客知らせすすぎ中            里楽乃
ソフトクリームって右巻き左巻き?        雅田如
虫干しや恩師の教えよみがえる          里楽乃
アイスクリーム見る幼子の笑顔かな        粒石
とりどりの氷菓に染まる舌並ぶ          里楽乃
舌を見てアイスの味を当てっこす         里楽乃
アンドロメダ星雲に立つ炎天下  雅田如




*****白銀句会分科会*********



   <川柳>
  生  いっさい空ぞ 蛍一つ       変竹林
いっさい空ただただ今ぞ 夏銀河       変竹林  
お天道様に魅入られわたし向日葵に      変竹林       
やおよろず神々の島 夏梟          変竹林  
西欧の神話の国の凌霄花           変竹林
ギリシャ妃やノウゼンカズラ艶やかに     変竹林
曝涼や 白昼の夢蟲の夢           変竹林
シャーベット人生ぐずぐずぬかる道      変竹林
平和的拡大領土西之島            徹
ヒアリ来る神風となるかヤマト蟻       徹
平成もここまで来れば妙ちきりん       屯児
国会は国を治めることはさて措いて      屯児
強欲の行きつく所か摩天楼          屯児
外人が日本を憂い本を出し (ケント、ギルバード氏)屯児
うらめしや暑き予報が涼の風         麻太郎
よりにより今日という日が爽やかに      麻太郎

    <短歌>
わが句会 画伯大御所受賞する松戸ダビンチ千駄堀ミケラン   変竹
夏銀河ひとは死んだら蛍に成999乗車し星へと昇華      変竹
七夕や地球も小さな星だけど 草と木と花はぐくむ人も     変竹   
お天道様さんさんあびて天道虫たかだか昇って宙にときえた   変竹
天空の不夜城煌く秋田七夕 太刀持ち竿灯市民の誇り      変竹
いのちのね始まり終わり生きてきて海月ふわふわただよいゆれて 変竹
コントラバス抱えし少女地下鉄に束ねし髪のうねりしリズム   麻太郎

      

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )
« 六月披講 七月披講 »
 
コメント
 
 
 
天地人 (粒石)
2017-07-28 16:23:58
天 成田屋の初宙乗りや夏歌舞伎
団十郎の見得を切る時のあの独特の睨、今でも目に浮かぶ。世襲した若き成田屋の成長を心待ちしている。暗い世相の昨今、歌舞伎と聞いただけで、何か華やいでくる。

地 終電車朝顔市の帰り客
朝と夜の絶妙な取り合わせに思わず笑がこぼれる。

人 古い軸僧うやうやしくお風入れ
僧が手にするのは曼荼羅のかけ軸であろうか。風を通す僧のしぐさに尊崇の念がにじみ出ている。

佳作 アイスクリーム情熱の色恋の色
アイスクリームが情熱をかもし出すのか、はたまた情熱がアイスクリームを求めるのか。野暮な詮索はしないで。

佳作 死ぬとみな星になるのね夏銀河
満天に煌く億万の星を眺めていると。今は亡き人の面影が次々と目に浮かんでくる。いつの日か小さな星になって懐かしい星たちに逢いにいきたい。

佳作 アイスクリン荷台でっかい昔自転車
まだそを遠くない昔、自転車は前後に頑丈な荷台をしつらえ、太いタイヤ、現在の自動車に匹敵する存在だった。路地の奥深くまで廻って来た自転車での物売り、時間がゆったりと流れていた時代の風景だ。

        分科会 選
<川柳>
やおよろず神々の島夏梟
やおよろずの神々も、最近の心得違いのやからにはお手上げのようですね。

ヒアリ来る神風となるやヤマト蟻
猛々しい毒蟻ヒアリに果たして働きものの律儀なヤマト蟻がどこまで戦えるであろうか。ヤマト人も傍観者ではいられない。

<短歌>
コントラスバス抱えし少女地下鉄に束ねし髪のうねりしリズム

身の丈ほどの大きな楽器を抱える純真、ひたむきな少女の姿が彷彿とする。髪を束ねたうなじはさわやかな初夏の風に吹かれているに違いない。


 
 
 
天地人 (変竹)
2017-07-30 14:05:27
  天   虫干しやひらり紙片にLET IT BE
約50年前の5月に発売された ビートルズ13作目のオリジナル・アルバム は
世界の♪レットイットビーに 大事な「お宝」も 半世紀後「虫干しモノ」に

  地   成田屋の初宙乗りや夏歌舞伎
33歳の若さで乳がん闘病 そして亡くなった海老蔵夫人 小林麻央さん
その哀を胸に 息子との初宙乗りに挑む海老蔵 夏歌舞伎の幕は上った

  人   アンドロメダ星雲に立つ炎天下
アンドロメダ大星雲は我々銀河系のすぐ隣の小宇宙 とはいえ230万光年
大きさ 形もよく似た渦巻銀河 そこには炎天下に立ちつくす 私がいる

  人   終電車朝顔市の帰り客
下町初夏の風物詩 浅草 朝顔市「恐れ入り谷の鬼子母神」朝顔ながら 
夕べの浴衣姿がお似合い 夕方から終電車までの時間は ミステリー

  佳作  古りし軸僧うやうやしくお風入れ
「古りし軸」なんだか いかがわしい 鑑定団に依頼したら 五千円 !?
「僧」も 本来いかがわしい が「うやうやしいお風入れ」で三千円 !

  佳作  虫干しや人目憚る通信簿
「ひとめはばかる通信簿」とは いまや成人した息子のモノか はたまた
わたし自身のモノなのか どっちにしても虫干しモノ 愛着はあるよ ネ
  
  佳作  虫干しや父が遺せし処世訓  
5~6年ほども前「江戸の良さを見なおす会」というのが作られて もっぱら
『処世訓』が俎上に載った とか その後の消息を聞かぬ「虫干し」モノに?
  


*****白銀句会分科会*********

 <川柳>

  平和的拡大領土西之島
漢字ばかりの 爽やか 痛快変事 ここは ニッポンの領土ですよー
痛快でも爽やかでもない漢字の国の拡大宣言を逆手に盗ったか(変竹林)

  外人が日本を憂い本を出し (ケント、ギルバード氏)
外人タレントにしては珍しい しかめっ面の カンジ悪いヤツ
と 思っていたが 痛快一冊 印象も一変した(変竹林) 

  よりにより今日という日が爽やかに
なんだか よくわかんねー ひょっとして 梅雨入り宣言後の
天気晴朗 さわやか夏日!って ことなんですかねー(変竹林)   

  曝涼や 白昼の夢蟲の夢
  シャーベット人生ぐずぐずぬかる道
(ひょっとして こっちの方が 季題っぽい 俳句っぽい? かなカナ)  

                           (変竹林)
 <短歌>                           
  
  コントラバス抱えし少女地下鉄に束ねし髪のうねりしリズム
でっかいコントラバス と お下げ髪の小さな少女 そのコントラストが
ユーモラス そして 弾むように遠ざかるリズムが 楽しい(変竹林)
 
 
 
 
天地人 (模楽宙)
2017-07-31 12:11:55
天 虫干しや人目憚る通信簿
誰にも知られたくない隠し事は、多かれ少なかれあるが、其れがひょんな事から、白日のもとにさらされたときは、冷や汗ものである。

地 アイスクリーム見る幼子の笑顔かな
幼子は正直だ。好きなアイスクリームに自然と笑顔がこぼれる。其れを見ている周りの人をも幸せな気持ちにさせてくれる。

人 人生でたとこしょうぶ積乱雲
人生は分かれ道の連続だ。後戻り出来ないリスクは博打のようなもの。
運は天にまかせるのみか。

佳作 虫干しやひらり紙片にLET IT BE
引き出しの中からレットイットビーのメモが目に入る。ビートルズの歌は、メロディーがはっきりとわかりやすく、昔はよく聴いていたものだった。

佳作 虫干しの箪笥の底にラブレター
普段開けない箪笥の中に思わぬものが。若かりし頃の思い出が溢れてくる。

佳作 成田屋の初宙乗りや夏歌舞伎
成田屋と言えば市川海老蔵だが、麻央さんを亡くしたばかりの父子の
初宙乗りは、歌舞伎に疎い自分でもつい応援してしまう。微笑ましい限りです。

佳作 とりどりの氷菓に染まる舌並ぶ
この句のように相手を驚かすことは、自分にも覚えがあるが、子供の無邪気な心はいつまでも持っていたいもの。



分科会
「川柳」
ギリシャ妃やノウゼンカズラ艶やかに
凌霄花に一度目を付けられたら、その束縛からは逃れられない。その毒によって征服されるのも時間の問題か。

国会は国を治めることはさて措いて
いい加減にケリをつけてさっさと次の問題へ進んでくれ…と言いたい。


 
 
 
天地人 (里楽乃)
2017-08-01 00:17:26
天 死ぬとみな星になるのね 夏銀河
満天の星の輝きは天に昇っても輝く死者の魂
亡くなったあの人もおじいちゃん、おばあちゃんも銀河の星になってキラキラ瞬いている。

地 虫干しやセーラー服の秘密の秘
学生時代のセーラー服。胸をときめかせたあの人のこと、それからそれから...胸が少し締め付けられる思い出も。しまい込んだ想いにも風を入れて。


人 成田屋の初宙乗りや夏歌舞伎
亡くなってしまった母の 心待ちにしていた初宙乗り。父と二人しっかりとこなす姿。きっと麻央さんは喜んだことでしょう。

佳作 無心のナイフでメロン七等分に切る
無心で七等分、無造作にはできない技だろう。ふしぎな余韻の残る句です。

佳作 人生 でたとこしょうぶ積乱雲   
人生と積乱雲 大胆な取り合わせで、また中七がパンチがあります。    

佳作 虫干しや人目憚る通信簿
人目憚る が気になります。察するに小学校時代?どんなやんちゃな姿があったのか?
 
 
 
天地人 (雅田如)
2017-08-01 08:50:12
天 ゼンマイの壊れし時計もじずり草
父の形見の懐中時計。ゼンマイが壊れているが捨てられない。その心境が捩草に託された愛情溢れる詩だ。本当に捩草は壊れたゼンマイそっくりだ。ご苦労を重ねてきた父親の人生を思い出されたことだろう。

地 死ぬよみな星になるのね夏銀河
何だか素直な心境にさせてくれる癒し系の句だ。思わず蒼空へ合掌し祈りさえも感じさせてくれる。ごく近い方を最近見送ったのでしょうか、その死をなかなか受け入れられない心境が滲み出ている秀句だ。

人 熱風が来客知らせすすぎ中
面白い句だ。いろいろな想像を掻き立てさせてくれる。風の流れを感知したドアの開閉、突然の来客に戸惑う心境が「すすぎ中」が面白い。待っていた来客ではなさそうだが・・・・。

佳作 くだらねえ?だったらどうなの百日紅
乱暴な投げやりのような句だが、繊細な心境が垣間見える。人生どうにもならないことの連続だ。上5は肯定の裏返し。百日紅の天に向かって伸び放題の奔放な人生こそ理想だがそうはゆかないから人生は面白い。

佳作 風入るる羊皮紙の字の剥がしあと
歴史を変えようとした者がいたのだろうか。自分の都合のわるいところを削除したい心境は誰でもあるよね。当方など人生すべててやり直ししたいよ。

佳作 アイスクリン荷台でっかい昔自転車
今でも築地あたりで突っ走っている自転車。頑丈な作りがだ、当方は紙芝居屋を思い出す。

*****白根句会575分科会*******

   川柳
空 いっさい空ぞ 蛍一つ

これぞ川柳に非ず、「色即是空」だ!
 
 
 
 
八月兼題 (雅田如)
2017-08-02 08:54:34
 今年は「花火」にとって厄年とのこと。中国の相次ぐ花火工場の爆発で花火代の高騰。国内では花火大会の中止が相次いでいること。夏の終わりの風物詩もこれからどうなるのか・・・・・・・・。
 せめて、俳句の世界で楽しみたいものだ。

八月兼題 「花火」(手花火、遠花火、昼花火OK)

 昔、蔵前に住んでいた。この界隈は浅草橋のかけて、この時期になると玩具問屋はこぞって店頭に花火が並んだものだ。全国から花火の小売業者が仕入れに来てにぎわったこと思い出した。
 
 
 
八月兼題 (模楽宙)
2017-08-04 20:33:58

はっきりしない天気が続きますが
八月の兼題は「星月夜」ほしづくよ、星明り、です宜しく。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。