太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

キャンドル浴

2013-02-27 17:08:09 | 日記
風邪が治りかけで、久しぶりにバスタブにお湯をはった。

日本では当たり前のように、1年中お湯をはって入浴していたものだが、

ここに来てからシャワーばかりで、滅多にお湯に浸かることがなくなった。

気候のせいもあるし、習慣のせいでもあるけれど、何よりお風呂の作りが違うからだと思う。

洗い場があって、豪快に身体を洗える日本式のお風呂。

お湯をためすぎると、身体を沈めた時にザアーッと溢れるお湯。

アメリカのお風呂は、バスタブの外はフローリングやカーペットになっているから、水滴はこぼせない。



夫の両親の領域には、シェル型の、お湯に浸かる専用のバスタブがあるが、

私たちのバスルームは、座って浸かることができない浅さの、ホテルのそれのような形だ。


お湯をはり、頂き物のバスソルトをたっぷり入れる。

このバスソルトは、死海の特別な地域で採れた塩でできていて、それにジュニパーやシダーのエッセンシャルオイルがしみこんでいるお気に入り。



そしてたくさんのキャンドルを灯す。



夫の父がキャンドル好きで、うちはキャンドルには困らない。




窓辺にも、一つ。

ハワイの冬は、夏よりもいくらか日が短いけれど、日本のように5時には真っ暗、というわけでもない。



お湯に身体を浸すと、思わず「ぷはー!」となる。

シュルシュルと身体からいらないものが抜けてゆく。



泡のお風呂にすることもあるが、やっぱり私は普通のお湯がいい。

泡風呂の場合、泡から出たらそのままバスローブを羽織る。それがコッチのやり方だ。

でもそれは、食器を洗ったら、泡がついていても平気だという人が多いのと共通するものがあると思っている。

私は食器はしっかりすすぎたいのと同じに、泡がついた身体は、しっかりお湯で流したい。




こういう、長い間に培われたものというのは、そう簡単に変わるものではないのだなあと思う。

日頃はシャワーだけで平気で、特にお湯に浸かりたいと思うこともないのだけど、

それは慣れただけであって、根本的な好みはずっと変わらないのだ。









にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直観

2013-02-27 07:47:31 | 日記
ミシンが壊れて、手縫いでピローケースを作った話を書いたが(参照記事 「ミシン」 )


ターコイズ色でピローケースを新調したら、ベッドのコンフォート(キルト地でできていて、ベッドカバーとしても上掛けとしても使えるもの)を

どうしても新しいものに変えたくなった。

メイシーズに行ったり、ネットで探したりしたけれど、気に入ったものがない。

そんなときに、友人と出かけた先で、「ビビ!!」と来るコンフォートに出会ってしまった。

そこそこ値段はするのだけれど、ちょうど私の絵が売れて、現金収入もあった。

それでも、今使っているものが古くなったわけでもないし、と思って躊躇していたのだったが、毎日あのコンフォートが幻のように頭から離れない。


5日考えて、それを買った。






新しいコンフォートをベッドに掛けたとき、

「スポンッ!」

と、排水溝の栓を抜いたような感じがした。



たかがピローケースとベッドカバーだが、

それらを気に入ったものに変えただけで、大きなエネルギーの流れができて、いきなり流れ出したのだ。

その直後、滞っていた問題が、スムーズに解決方向に向かっていきはじめたように思う。



たいした理由もないのに、ずっと頭から離れない考え。



それも大事な直観であると思っている。








にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

色のなまえ

2013-02-26 18:24:14 | 日記
カラーを学んでいた時に、興味深い話を聞いた。

地球の中の、ある国や地域によっては、認識する色の数も種類も違うのだという。

たとえば、私たちがいうところの「赤」という色がない。

いや、むろん色としてはあるんだが、それを表現するスベがない。

黒と白はあっても、グレーがないところもある。

オレンジの認識がない地域では、ただれたように熟れた色の夕日をなんと表現するのだろう?

緑の認識がない地域では、目のさめるようなみずみずしい葉の色を、なんと表現するのだろう?


それは文化であって、悪いとかいいとかいうものではないし、

彼らには私たちの想像もできないほかの表現があるのだろうけれど。



今朝もきれいな虹が出ていた。





虹の色を全部表現できる国に生まれてよかったと思う。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪をひいたらチキンスープ

2013-02-25 19:01:07 | 日記
職場で風邪が流行っている。

先週など、祭日に3人も休んでしまい、帰るに帰れず大変だった。

しかもダウンするのは若者だけで、オバハンチームはいたって元気。

「これだから若い人はなっとらん」

などと言っていた矢先、風邪をひいた。


これで私も若者の仲間~♪

…じゃなくて。

毎日が日曜日だった以前ならともかく、今は何としてでもこれ以上ひどくならないうちに治さねば。

私は健康に生まれついていて、滅多に風邪をひかない。

だから、風邪をひいてしまうと大変ショックだ。

幸い、まだ喉が腫れて痛むだけで、咳も熱もないので、生姜をすりおろしてお湯を注いだジンジャーティや、

喉に直接スプレーする「SORE THROAT SPRAY」を2時間おきにシュッシュするとか(小児科で喉に塗ってもらった甘い薬の味がする)

うがいを何度もするとかして、ようやく快方にむかってきた。




アメリカの家庭では、家族が風邪をひくとチキンスープを作る。

夫の母が作るのは、鶏がらで出汁をとったスープに、削ぎ切りにしたチキンの身と、セロリやニンジン、玉ねぎなどをたくさん入れて、

生姜をきかせた、少しとろみのあるスープだ。

食欲があるようなら、小さめのパスタを入れることもある。



私の実家では、手っ取り早く「おじや」が主流。

お湯を沸かして、残りご飯をいれ、かつおぶしをたくさん削って投入し、お醤油で味を調えたら、タマゴを割って、

タマゴが半熟のうちに火を止めて食べる。


少し具合がよくないとき、

やっぱりパスタやパンより、お米のご飯が食べたいと思う。

チキンスープは美味しいけれど、パスタよりはご飯を入れて雑炊にしたくなる。




そんなことを考えていたら、むしょうに鰹節の味が恋しくなった。

先日、友人が来たときに、鰹節の小パックが入ったものをリクエストして持ってきてもらったので、

あつあつのご飯で ねこまんま にして食べた。

しみじみ美味しかった。





にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超簡単 絶品チーズケーキ

2013-02-25 07:44:19 | 食べ物とか
友人の リー が、いつだったか作って来てくれたチーズケーキで、あまりの美味しさにレシピを教えてもらった。

リーの友人のLynさんのレシピだそうで、

材料をフードプロセッサーでどんどん混ぜて、型に流して焼くだけというお手軽さ。




作ってみた。



グラハムクラッカーで台を作る必要もないし、あわ立ても何もいらない。

材料さえ揃えば、すぐに出来る。

でもって、これがまた美味しいのだ。2切れだって食べられちゃう。

これからこのケーキは、持ち寄りパーティの定番に入れよう。



Lynn's Cheesecake

26センチの丸いスプリングフォーム型1個分(底が外れるようになっている型のこと)


・オーブンは350F(176℃ぐらい)に余熱しておく。

・型にオイルなどを塗っておく。

・下記の材料を、書いてある順番どおりにフードプロセッサーに入れてゆき、
 しっかり混ぜる。


●クリームチーズ  1パウンド(454グラム)

●リコッタチーズ  1パウンド(454グラム)

●砂糖       1カップ半(1カップでもよい)

●小麦粉      大さじ3

●スターチ     大さじ3

●タマゴ      4個

●バニラオイル  大さじ1

●レモン汁     レモン半個分

●溶かしバター   1/4カップ

●サワークリーム  1パウンド(454グラム)


型に流したら、オーブンを 325F(162℃ぐらい)に温度を下げて 、1時間焼成する。

1時間焼いたら、オーブンを止めて、1時間以上置く。このとき絶対にオーブンのドアをあけないこと  。






にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加