太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

迂闊(うかつ)

2017-06-13 07:48:41 | 日記
夫の両親が旅行に出かけていて留守なので、

猫達が自由に行き来して遊べるようにと思って

我が家と両親側の家の間にあるドアをあけて出かけた。

実際、彼らは両親側の家を探検して歩くのが好きだ。


数時間後、帰宅してガレージのドアをあけて真っ先に目に入ったのは・・・・・



昇天した、

巨大な、

滅多に見ないほどの巨大な、



せせらぎ。


(注)せせらぎとは、ゴのつく虫のことで、気持ち悪すぎて書くのも憚られるため
伊坂幸太郎氏の小説よりヒントを得て せせらぎ と呼んでいる



「○#*@X!!!」


猫達が、誇らしげな顔をして集まってきた。

猫だ。

猫がやったに違いない。

私は、両親側の家におそるおそる行ってみた。

すると、せせらぎが一体と、せせらぎの一部であっただろうと思われるものが散らばっていた。


いっけん、きれいにみえる



ここにも。


いっけん、きれいにみえる



ここにも。

そして、いっけん、きれいにみえる



ここにも。


猫達が、あとをついてきて

「ね。ね。すごいにょー、僕達がやっつけたんだにょー」

と言いたげである。




何度か記事にしているように、両親側のキッチンにある生ゴミ入れには蓋がない。

せせらぎを餌付けしているようなもので、当然ながらヤツらは出没する。

だから我が家のキッチンは、しっかり蓋ができるものを使っているのだが、



こうしてドアをあけたままにしている間に、もしかしてヤツらは我が家に侵入しているのでは・・・??



と、遅ればせながら気づいた。




迂闊だった。

私としたことが、大変迂闊であった。







にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オタスケマン | トップ | ヤギ捕り物話 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タコたん)
2017-06-17 13:38:33
それは想像しただけで
恐ろしい、、
にしても狩猟本能掻き立てられたのかな
タコたん (シロ)
2017-06-17 14:07:55
どうやってやっつけたんだろうと想像することを、私は自分に禁じてるのだよ。
もしかして食べたりしてたら・・・・

ああーーーーー!!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。