太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

同じ歳月

2017-05-05 07:58:00 | 日記
私と同じ年齢の同僚が、もうすぐ3人目の孫が生まれるという。

若くして子供を生めば、若くして孫をもつのは自然なことで、

私よりも若くても、すでに孫がいる同僚もいる。


しかし、昨日その話を聞いたとき思ったことがある。

彼女が子供を生み、育て、成人し、

その子供が結婚をし、さらに子供をもつのと同じだけの歳月を私も過ごしたのに、

いったい私は何をしていたんだろうか、ということである。



妹は人並みの年齢で結婚したが、私と姉は晩婚で、

とくに姉は親と離れて暮らしていたこともあり、両親はとても心配した。

どんどん結婚してゆく友人をよそに、うまくいかない恋愛ばかり繰り返していた姉が

母と言い争いになったときに言った。



「私だってずっと刑務所にいたわけじゃない。社会にいて、みんなと同じように人に会って

人とかかわって生きてきた。それでも縁がないのは私のせいじゃない」




親は、好きで結婚しないのだと思っていて、その気になれば結婚できるのだと思っている。

「誰と結婚したって同じだよ」

私も母に言われたことがある。

エリザベス・テイラーか五月みどりに言われるならまだしも、恋愛したこともなく最初のお見合いで結婚した母に

そんなことを言われたくはない、と憤慨した。

でも、恋愛のごたごたや泥沼を知らないのは母のせいではなく、

だからその母を責めるのもまた間違いだと今はわかる。



親に反発しながらも、私も何度となく思った。

「なんで私は普通にいかないんだろう」

普通というのは、適齢期(25歳)までに結婚し、子供を生み、幸せに暮らすことで

みんなにできることが、どうして私にはできないんだろうと思った。





私は29で、姉は38で結婚した。

晩婚・出戻りという言葉が死語になった今だったら、私達はあんなに傷つかなくて済んだだろうに。

晴れて結婚したら万々歳かと思いきや、そうでもなくて、

私がすったもんだしている間に、他の人たちは子供を生み、育て、

一旦壊してやり直して、ああやっとここまできた、と私が一息ついている間に、他の人たちは孫を待っている。

後ろを振り返っても、私が残してきたものはなく、

私という存在が、ここにあるだけである。

それがいやだ、というわけではない。

私はこの人生でよかったと心から思っている。

ただ、ふと、でもしみじみと「私はなにをしていたんだろうか」と思ったのである。





にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予知 | トップ | TSUKADA NOJO »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。