太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

けちけち

2016-10-28 05:18:14 | 日記
始まりは、歯のチェックアップとクリーニングだった。

職場で払ってくれている保険があるので、自己負担は 700円 ぐらいで、気をよくしていた。

そのあと、チェックアップしたにもかかわらず、痛いような気がする歯があったので

再び歯医者に行き、「チェックしただけ」で 5000円 かかった。

予期していなかったし、夫の収入が半分になって気持ちがケチケチしていたので

ちょっと心が騒いだ。


チェックした結果、歯根治療を勧められて、専門医に行き、

そこでの治療費が、保険が半分カバーしても自己負担は 5万円 だった。

その歯医者は、事前に電話をくれて、そのぐらいになることを知らせてくれていたから

心の準備があっただけマシ。


歯根治療の歯医者は、ほんとうに歯根治療しかやらないので、

治療した歯にクラウンをかぶせるというようなことは、かかりつけの歯医者に行く必要がある。

それで、いつもの歯医者に予約をとり、型をとって、歯と同じ色のクラウンをかぶせた。

けちけちしている私は、治療をしてもらいながら頭の中で


(いくらかなァ。歯根が5万だから、そこまではいかないだろう。型をとったりしてるから、

まあ3,4万ってとこか)


などと、何の根拠もない見積もりをしていた。



支払いのときになって、受付嬢が

「どのぐらいかかるか事前に何か聞いてます?」

と言う。

聞いてないというと、おもむろに紙を差し出した。

私はそこに書かれた数字を見て、我が目を疑った。





じ、じ、  10万円  !!!





「保険が300ドルカバーして・・・・・」

受付嬢の言葉が遠くに聞こえる。

保険が たった3万円しか カバーしないなんて・・・

合計したら13万円の治療だってこと?

所要時間1時間の歯根治療より(しかも治療中に映画見放題のサービス付き)

型とってかぶせるだけの治療が高い?


すみやかにカードで支払ったが、

ここまでくると、どんなにケチケチしたって、出てゆくものは出てゆくのだという開き直りに至る。

どうせ出てゆくなら、出てゆく痛みよりも、

私に送り出せるものがあってよかったじゃないか、というほうにフォーカスしよう、と思う。

ケチケチはもうやめだ。



夫の父も歯医者なので、悪口は言いたくないが

ほんとに歯医者は高い。



夫に10万円の話をすると、

夫は1度も虫歯になったことがなく、それが高いかどうかわからない、と言う。

子供の頃から虫歯が多くて苦労した私の前で、「虫歯になったことがないんだよね」などと爽やかにいう。

嫌味ったらしいったらありゃしない。


それでも、夫に歯医者代がかからないぶん、いいとするか、と

ケチケチをやめようと決めたそばから思っているのである。








にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村


















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 枕のはなし | トップ | 日本だ日本だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。