太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

ハワイの人が行くところ

2017-07-30 15:27:51 | 日記
アメリカの映画をみていたら、仕事でストレスを抱えた男が

「ああ、ハワイでも行ってのんびりしたい・・・・・」

と言う。

男の脳内イメージは、青い海、青い空、ビーチで寝そべる自分。

また、別のドラマでは、家族旅行の行き先を決めるシーンで子供たちが

「ハワイ、ハワイ、絶対ハワイ!」

と叫ぶ。

ハワイは日常を離れるために行く場所なのか。

私は夫と知り合うまで、ハワイは好きでも嫌いでもなかった。

大昔も大昔、社員旅行でハワイに行ったことがあったが、パパイヤが美味しかったというだけで

これといった感動もなかった。(連れて行き甲斐のないヤツ)

それからも私には正月に芸能人が行くところぐらいのイメージで、ハワイにまた行きたいと思うこともなかった。

けれど、多くの人にとってハワイは日常を忘れられる場所であるらしい。

青い海、空、南国、トロピカルフルーツ、大自然。


でもそれらが日常であるハワイの人は、じゃあ一体どこへ行けばいいんだ。

いまさらべつにタヒチとか行きたいとも思わないしネ、と人は言う。

美しい海や南国の雰囲気には、贅沢なことにもう感動しなくなっているのだ。


そこで、ハワイの人がこぞって行くところは ラスベガス である。

あのキンキラの、砂漠の上の蜃気楼のような場所が、ハワイの人は大好きだ。

旅行会社の格安チケットで行ける、お手軽さもあると思う。

聞いた話だと、3泊で全部コミコミ2万円を切るのもあるらしい。

オアフ島からマウイ島あたりに3泊で行けば、その数倍はかかる。

カジノでお金を使うから、宿泊も食事も格安なのだそうである。

豪華なバイキングが、300円で食べ放題というのもある。

そして彼らはラスベガスといわず、ベガスという。

人々はお金を貯めて、ベガスに行く。それも、何度も行く。

お年寄りもベガスが大好きで、私が本屋で働いていたとき、

お年寄りが、まるで刺抜き地蔵商店街の話をするように、ベガスの話で盛り上がっているのを聞いたことがある。

そういう人たちは、年に何度も行くのだ。

「もうね、スカーッ!!とすんのよ。ああもう早く行きたいーー」


都会に住む人が、ハワイで日常を忘れるように、

ハワイの人は人工的な場所で日常を忘れる、ということなんだろうか。


私はラスベガスに行ったこともないし、これからも行くことはないと思う。

パチンコもできない私が、カジノを楽しめるとも思えない。

たとえ行ったとしても、ここは砂漠なのにこんなに豪勢に水を使って、いったい水源はどうなっているのか、

などと気になってシャワーもおそるおそる使うような気がする。

しかし、ラスベガスが好きじゃない発言は、かなり言いにくい雰囲気がある。

だから、同僚の誰かがベガスに行くといえば、いいなあー、と合わせておく。

ラスベガス行き10回分で、日本の、まだ行っていない場所に電車ででかけて温泉に浸かるとか、

ラスベガス行き20回分で、オーロラを見に行くとか、

私はそのほうがどんなにいいか知れない。







 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宗教平行線 | トップ | かつおに足 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。