太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

知らないけど知っている

2017-07-10 09:25:27 | 日記
私の好きな映画トップ10は、そのときそのときで微妙に入れ替わるが、

「フォレスト ガンプ」は必ず入っている。

自分にとって好きな映画は、本と同じで、

何度も繰り返し観ているうちに、新しい気づきがあったり、見方が変わることもあるし、

同じ場所で同じ感動や笑いを楽しむ、水戸黄門的な映画も、それはそれでまたいい。



何度観たかわからないフォレスト ガンプを、テレビで放映していたので観た。

フォレストのお母さんが言った。

「Life is like a box of chocolate.You never know what are you gonna get」
(人生は一箱のチョコレートみたいなもんよ。何のチョコを取るかわからないもの)



これは私が好きな場面なのだけれど、今日はやけに身にしみた。

ぼこぼこしているのでアーモンド入りかと思ったら、違ったり。

さっきヌガーがあったから、これは違うだろうと思ったらヌガー入りだったり(ヌガー苦手)。

ラズベリージャムが食べたかったのに、意外とミントが美味しかったり。




冒険して、まずいチョコレートを食べてしまうより、慣れた味を食べ続けるほうがいいという気持ちは

きっと誰にでもある。

私もそうだったし、今だって同じだ。

けれど、今日は違うことに気づいた。



そのチョコレートって、実は全部自分があらかじめ用意してきた、自分へのプレゼントなんじゃないの?


人生を始める前に、おおまかなシナリオを決めてくるという考えが、私は好きだ。

ただそれは、起きることが絶対的に決まっているというよりも、自分が何を選ぶかで

その先が分かれていく、というのがいい。

地球に人間として生まれる自分に、わくわくしながらいろんな味のチョコレートを詰めたのに

そんなことも忘れて、ヌガーを取ってしまっただの、ナッツは歯にはさまるから嫌だだの、

ラズベリージャムがないのは不公平だの文句ばかり。

全部がラズベリージャムだったら、それはきっとつまらない。

「美味しい」を味わうためには、「美味しくない」が必要。

「美味しい」が「すごく美味しい」になるためには、「まあまあ」「あまり好きじゃないかも」があったほうがいい。

まずいチョコはもう食べたくないから、いつまでもこのチョコを大事に食べていようと、私なんかはすぐ思う。

そうやって守りに入って、うずくまっていると、強制的に次のチョコを選ばねばならないような事態になり

なかばヤケになってチョコを選んできた。

カカオ98%ぐらいの、甘くもなんともないのもあった。

食べたこともない、おいしいピーナツバター味のもあった。

最初だけ甘くて、あとで口の中でパチパチ爆発するのもあった。





人生は、一箱のチョコレートだ。

何を取るか、わからない。

けれど、それはみんな自分が選んで詰めてきた。

一番大事な自分のために作った、最高の詰め合わせ。

だからほんとはハズレなんかない。

何が起きるか知らないけど、知っている。

知っているけど、それを知らないからおもしろい。

そそっかしい私のことだから、ちょっと変わった味のを多めに入れちゃったかもしれないが

変わった味もそれなりに楽しめたら、チョコレートの上級者になれるんだろう。







 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Made in Hawaii にオミヤゲ... | トップ | ホノルル美術館 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。