太平洋のまんなかで

南の島ハワイの、のほほんな日々

バリ島

2017-07-07 08:24:59 | 日記
夜、窓をあけていても風が動かない日は、天井扇をつける。

ゆっくりとまわる扇が作る風は、うちわで扇ぐ柔らかい風に似ている。

ぼんやりと天井扇を眺めていると、バリ島を思い出す。




7,8年も前になるが、夫とバリ島に行った。

私は初めてで、夫は数回訪れたことがあった。

バリ島好きな友人から、ホテルの部屋にはプライベートのプールがついているだのといった話を聞いていたので

そういうファンシーなリゾート地なのかと思っていた。

しかし、行ってみれば、狭い道路を4人乗りの50ccバイクや車がけっこうなスピードで行きかい、

道端にしゃがんでいる男達が、じろじろと通行人を眺めていて、物売りがやたらと声をかけてくる。

私達は、そのクタという喧騒の町を離れ、ウブドという山あいの町に移った。


そこで夫が記憶を頼りに行った宿は、緑豊かな敷地にバンガロー式に建物が建っていた。

薄暗い部屋には、大きな天井扇がゆったりとまわっており、窓の外の田んぼと椰子の木の風景は、まるで切り取った一幅の絵のようだ。

広いバルコニーに、座り心地のよさそうなテーブルとソファがある。

ぬるいが、一応湯が出るシャワーがあり、朝食はボーイさんが運んできてくれて、バルコニーで食べる。

プールもいらない、しゃれた設備もいらない、買い物にも興味ない私は、こっちのほうがずっといい。

これで1泊500円。むろん、二人で。

至るところにアートがあって、のんびりとしたウブドが私は好きになった。



夫の友人グッディが、家に招いてくれるといってトラックを借りて迎えに来てくれた。

「すぐそこだよ」

と言って走り出したトラックは、キンタマー二山(ほんとにそういう名前なんだってば)を1時間かけて越えた。

一間だけの石造りの家で、4歳の娘と奥さんと親戚達が私達を迎えてくれた。

食事はタイルの床の上で。キッチンは庭。

そこで食べた「サテ」という串にさした豚肉の美味しかったこと。

みんなで笑い転げて、ひんやりしたタイルに寝転がって空を眺めた。

彼らの精一杯の心のこもったもてなしが、ほんとうに嬉しかった。




夫が以前バリ島を訪れた時、ひとりで路線バスに乗ったのだそうだ。

バスといっても、どこかで廃車寸前になった車をそのまま使っているだけで、ドアがないのは当たり前。

信号待ちをしていると窓の外から物売りが来たので、夫は肉団子を買った。

バスの中には、生きたままの鶏や豚を連れた客らがいて、肉団子を食べている夫に声をかけてきた。

「このバスに旅行者が乗るなんて滅多にないこったよ」

「アンタ、そんなもん食べて大丈夫かね。よそから来た人はお腹を壊したりするっていうけどさ」

さいわいお腹は壊さなかったが、夫はいつもそうやって、すぐに地元の生活に溶け込んでしまう。



バリ島の人たちは、朝夕に神と悪魔にお供えをする。

食べ物に美しい花などをあしらったものを、家の入り口にそっと置く。

陰があって、陽がある。

どちらも同じだけ大切。

神も悪魔も、おなじもの。

夫は1ヶ月ほど滞在して、仕事を真剣に探したのだという。

「仕事があったら、ここに住んでもいいと思った。まだ日本に行くなんて思わなかった頃だからね」

私は常々、日本の何が夫を虜にするのだろうかと思っていたが、

バリ島に来て、私は何となくだけれどわかったような気がした。






寝室の、ゆっくりまわる天井扇を眺めながら、バリ島を思い出す。

不思議な「陰」の土地。





 にほんブログ村 海外生活ブログ 海外移住へにほんブログ村





















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 監視役 | トップ | Made in Hawaii にオミヤゲ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。