閃き

変化も気付く事も無い平凡な毎日の中にきっと閃きがあるはず。閃きを求めた記憶

カジノ法案

2016-12-13 16:19:32 | 閃き
今国会でIR法案(総合リゾート法案)が可決成立しそうだとニュース番組で盛んに報道している

日本の経済再生の1つとして観光立国を掲げている安倍総理だが、カジノを含む総合リゾートが不可欠だとしている

隣の韓国ではギャンブル依存症に陥る国民が増え、家庭や個人の崩壊が相次ぎ、慌てて依存症対策に乗り出す姿を見ることが出来る



カジノと聞けば私はラスベガスを思い出す

元々はフーバーダム建設の為に集まった労働者が息抜きをする為に出来た街で、カジノどころか風俗までも合法である特別な街である

砂漠の真ん中に出来上がったカジノホテルは砂漠の蜃気楼の様にキラめいて正しく夢の街に映る

最近ではテーマパーク化して家族で訪れるリゾート地として様変わりをしているし、ボクシングのチャンピオン戦やショーダンスをあちこちで観ることが出来る

勿論、カジノスペースには子供は立ち入ることが出来ないが、大人なら誰でも何処でも自由に出入りできる(一部特別なものは規制がある)

ギャンブルをしない私でもスロットマシンが気にならず、ゲームセンターの横を通る程度の感心しかない

マカオのカジノが近年世界一になったと聞いたので今年、マカオへ視察に行ったときに案内して頂いたが、ラスベガスと比べると貧相に感じた

客が少なかったこともあるだろうが、カジノとして成り立つのか心配に感じたし、リゾートにカジノは不要ではとも感じた



日本には公営の競馬、競艇、競輪、オートレースなど様々なギャンブル場がある

パチンコも言わばギャンブルみたいなものだから、日本は既にギャンブル王国なのである

従って、現在でも個人や家庭が破綻したり、多額の負債を抱えたり、ギャンブル依存症に悩んでいる人達も多く存在する

そこにカジノが加わっても大差は無いと思う

もし、カジノが悪化する大きな要因であるならば、総合型のリゾートのメインはカジノでは無い筈だからいっそ外国人専用にすれば問題ない


公営ギャンブルの収益は自治体に入る事を忘れてはならない

何処かの党首がいっていた、益金は負けた金なのである

そんなことは当たり前の事、カジノだけを取り上げるのは理に合わない

どうせなら全てのギャンブルを禁止にしようと新たな日本の姿を提案して欲しい位である

日本人がどうしてもカジノへ行きたければ外国へ行けばよいだけのことではないだろうか
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 敵に塩を贈る | トップ | 責任と謝罪 »

コメントを投稿

閃き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。