閃き

変化も気付く事も無い平凡な毎日の中にきっと閃きがあるはず。閃きを求めた記憶

カンボジアとの国境近く

2017-04-23 11:48:12 | 閃き
今日の目的はカンボジア国境近くの地域まで訪問することである

早朝7時にホテルを出発して長い車の旅が始まった

最初の目的地まで約4時間を要すのだそうだが距離は判らない

高速道路も一部しかなく、その殆どが一般道、それも1車線の狭い道である

ドライバーは運転中クラクションを鳴らしっぱなしだったが、中国のそれとは違っている

中国はドケドケのクラクションだが、ベトナムのは後ろから近付いているよの警告である

バイクや自転車、リヤカーの多い田舎では車の音にも気づきにくい、時折渡る小川の上を通る橋は対向車が見えないほど盛り上がっているので当然必要である

メコン川を渡る大きな橋からの眺めは壮観である

川の国、ベトナムの象徴であるが、先に進むと時々、フェリーに乗る必要がある

ガイドに尋ねると、橋を渡す予算が無いのでフェリーが多いのだとか、30mほどの川を渡る時は自動車は1台しか乗れない小さな船である

バイクや自転車が主なのだが、自動車が乗っても大丈夫か心配になる

更に奥地へ進むと5mほどの川を渡す船さえ存在した

本当に川が多いわりに橋が無い、たまに存在する車の幅ギリギリの橋を渡るときは、内心ヒヤヒヤしていた


丁度、米の収穫時だったので、果てしなく広がった黄色の稲穂が風になびく水田風景は壮大でとても美しい

当然、水田の脇には小さな川が存在している

家の敷地は5~60坪以上あるのだが、そこに至る道幅が1mほどしかないので、自動車を諦め、バイクの後ろに乗せてもらって目的地まで向かった

かなりのスピードなので、ちょっとしたアミューズメントの気分になるが、万一を想像すると身体が固くなる

それでも時々真新しい大きな家を発見するが、それは外国へ出稼ぎに出て稼いだお金で建てているという

しかし、道路幅は1mのまま、新しい大きな家でも車で行けないと将来困ると考えていた


こんな場所を3か所巡り、ホテルに帰り着いたのは14時間後であった

お疲れ様
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハノイの空 | トップ | 懐かしの日本食 »

コメントを投稿

閃き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。