閃き

変化も気付く事も無い平凡な毎日の中にきっと閃きがあるはず。閃きを求めた記憶

気の置けない関係

2017-07-31 07:46:05 | 閃き
日曜の夕方、妻と二人でいつもより早い夕食をしながらニュース番組を観ていた時の事である

丁度、夏の甲子園の各地区予選の結果が報じられていた時、妻が唐突にこう切り出してきた


私、高校時代に後輩の野球部のピッチャーから告白されたことがあるの

えっ、何それ?と考えつつも何も応えなかったのだが、更に続けて

私、高校時代に壁ドンってゆうの経験があるの

流石に無反応ではと感じて、凄いねと応えた

妻は、娘にも話したが凄いと言ってたと自慢げに続けた

こんな話を聞くのは初めてだったが、初めてなので思考が広がる


まあ、今となっては自慢できる事としてこれ位の話は軽い気持ちであったのだろう

歳を重ねて、いつしか年老いた自分にとっては、青春時代の甘酸っぱい体験

しかし、聞かされた方はリアクションに困る

素直に聞いてあげたので良いだろうが、嫉妬してみせるのもおかしいし、無関心でも気に入らないだろう


何事も無く過ぎ去った会話であったが、そういった気の置けない関係である証拠

夫婦も長く続けるとこんな風になってくる事を報告しておく
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 涙が出るほど嬉しい | トップ | 内向き »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。