閃き

変化も気付く事も無い平凡な毎日の中にきっと閃きがあるはず。閃きを求めた記憶

アンビリーバブル

2016-12-28 07:58:00 | 閃き
日常には考えも出来ない様な不思議な出来事が起こることがある

アンビリーバブルという番組があるが、これはテレビだけの事では無い


夜7時頃、仕事が終わり山家の知人の家に向かっていた

風の噂に知人宅で何やらご不幸が起こったのでは無いかというのを耳にしたのだ

電話をすれば良さそうだが、流石に面と向かって訊ねるわけにもいかないので、様子を伺いに出掛けたのである

山家の地域は夜は漆黒の暗闇である

幹線道路から一歩外れると街灯すら無い真っ暗な道であるが、何度も通った経験があるので迷うことも無い道である


山の一番近くを通る道を通過していた時、目の前に飛び込んできたものがある

驚いて急ブレーキを踏む

ライトに映し出されたのは茶色の馬?だった

大きな黒い瞳と、芸人がかぶるような長い顔の動物である

それはおそらく鹿だったと思った

車が停車した後、ゆっくりとUターンして衝突した当たりに引き返したが、既にそこには姿が無かった

家に帰って改めてフロントグリルを確認すると破損が認められたので、早速ディーラーと保険屋に電話を入れた


翌朝、ドライブレコーダーの記録を確認しようとメモリーカードを取り出してみて驚いた

映像は丁度1年前のディーラーで行った定期点検の映像を最後にそれ以降の記録が無い

慌てて、取り付けてくれたカーショップで確認してもらうと、メイン電源が切られていた

どうもディーラーで電源を切ったままスイッチを入れ忘れていたようだ

今回の事で電源が入っていない事を知る事が出来たが、安心しきっていただけに恐ろしい事である

相手が鹿だったから良かったものの人だったらと恐ろしくなる

信じられない事である


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知らなかったこと | トップ | 逃げ腰 »

コメントを投稿

閃き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。