KAIGAN

↑をクリックすると、トップページに跳びます。このブログは現在、更新を停止しています。m(_ _)m

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ATOMIC DUST 1954

2005-09-25 03:05:17 | View
昭和29年3月1日、その船は死の灰を浴びました。
マーシャル諸島近海にて、操業中に起きた出来事でした。


今からちょうど1週間前に参加した東京シティサイクリング
無事完走を果たした僕は、東京都立第五福竜丸展示館を目指しました。
太陽光が降り注ぐ屋外とは対照的な薄暗い館内。そこに船はありました。



第五福龍丸



丸龍福五第



そして光へ...



核の抑止力に依存し続けている核保有国。アメリカに追従するだけの日本政府。
そして、新たに核の保有を宣言し、外交カードの切り札に仕立て上げる国々。
あなたはこれでもいつの日か世界に本当の平和が訪れると思えますか。

問題は核だけじゃない。

世界のどこかで今日も血が流されました。人種の違いを理由に、ある人は迫害を受けました。
今日も食べるものがありません。仕方がないから物乞いをします。僕にお金を恵んで下さい。
各地の難民は厳しい避難生活を強いられたままです。3秒に1人、子供が死んでいきます。

教えてくれ、真の平和って何なんだ!?

真の平和なんて実現不可能なんだから、諦めちゃいなさいよー。

今日も悪魔が僕に囁きます。
認めたくないけど、その言葉に唆されそうな自分がいます。


今日もたっぷり稼いじゃった。もう笑いが止まらないよ♪

お金の正しい使い道など知らないくせに、多額の資産を持つ人間が、
今の世界を肯定しようとします。裏では政治家に賄賂を渡しています。


たとえそれが現実でも、僕は希望を捨てません。
過去の過ちを繰り返さない覚悟が胸の内に宿っているから。
第五福竜丸が今日も夢の島の地から平和の尊さを訴えているから。
綺麗事と言われても、理想論と切り捨てられても、
この世界がある限り、僕は決して希望を捨てないのです。

【関連リンク】
都立 第五福竜丸展示館 Official Site
『第五福竜丸とともに―被爆者から21世紀の君たちへ』
『第五福竜丸』(1959年公開) ★第五福竜丸(Wikipedia)
第五福竜丸事件 (桐原書店 そうだったのか!Q&Aキーワード)
岡本太郎 - 明日の神話オフィシャルページ(ほぼ日刊イトイ新聞)
2005年原水爆禁止世界大会 オフィシャルウェブサイト

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒガンバナミラクル | トップ | 『夕凪の街 桜の国』-prologue- »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忘れないで欲しいです (WAKA)
2005-09-27 17:09:39
TBありがとうございます。

第五福竜丸のことなどどんどん忘れ去られてしまいそうな現状で,こうして取り上げて紹介することは意義のあることですね。

是非リンク先も見ていただきたいです!
WAKAさん、こんばんは (タツヤ)
2005-09-28 02:14:14
ヒロシマも、ナガサキも、第五福竜丸も、核に関する事柄は全て

私達が日本人である限り避けては通れない課題だと私は思います。

今回ご紹介したリンク先には、私も全て目を通しましたが、

被爆者の証言など、風化させてはならない記憶が多数載っていました。

これを機会に、一人でも多くの方に歴史的事実を知って頂きたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。