Neko★です。

★★AB型・みずがめ座★
 ★身内には内緒の家Neko★日記です★★

玄関は、家の顔っていうけど・・・~☆

2017-07-14 | 日記

玄関

割と最近?日本と外国では、

扉の開け方がということを意識しました。→ こちら



欧米のドアが内開きである理由が、防犯上からだといわれています。

防犯よりも、

靴を脱いで家に上がる習慣の方が重要だった日本。

そう~日本では、ビジネスホテルなど一部の例外を除いて

ほぼ
100%靴を脱いで過ごしますよね~。

日本は高温多湿な気候なため、縁の下を作らねば床が湿気ってしまうから

必然的に外と家の中には段差ができた。

この段差ゆえに≪家に上がる≫というのですよね。

この≪上がる≫ことが、靴を脱ぐ理由のひとつ。

それに靴を脱ぐ習慣は、アジアだからというわけではなく

どうやら日本独自のものらしい。

初めて、タイに行ったとき Mちゃん夫婦の住む高級マンション

お部屋のドアの前≪廊下≫に、が並んでいる部屋が目につきました。



思わず

「 あれは、なぜ? 」

Mちゃん「 ん?さあ~中国人かな? 」

え?どうして??え?どういうこと?

興味津々で、写真を撮ろとした私に

「 エレベーター来ました~♪Neko★さ~ん!」と

興味全くなさ気なMちゃんにせかされ写真なし。。。

マンションの高層階はアメリカなど、欧米の方が多く住んでいると聞きましたが

中国人もそこそこ住んでいるようで、彼らは部屋の外で靴を脱ぐ?

ドア内に、靴を脱ぐために必要なスペースが、ないわけではなかった。

玄関ドアからリビングへのアプローチ≪左手は飾り棚、右手に確かおトイレ≫

日本のような段差は全くなく、

Mちゃんたちは、日本の習慣で、そこで室内履きに履き替えるけど

土足でも当然過ごせる大理石?≪タイル≫張り。

でも、なぜドア内ではなく、ドア外

靴・・・なくなったりはしない?か??

Mちゃん「ごめんなさい。理由は知りませんが・・・

セキュリテーは、駐車場から、玄関からチェックされるし


基本、住居者しか入れませんからね。 」

ほお~

Mちゃんが住むマンションでは、皆同じドアですが

靴が外≪廊下≫に並んでいるお部屋は~中国人?とか

そんなことを、ふっ
と思い出しました。

ただ、中国人といっても、ひとくくりにはできないらしく

靴を脱ぐ人たちより、脱がない人の方が多いそうです。

同じアジアでも、靴を100%脱ぐのは、日本人だけらしい。

でも、ドアの外ではないですけどね~(笑)


日本家屋のたたきは、土足で入っていいところ。

上がり框は、外と内とのその家の 結界!ということに

なりますかね。。。

Thankyou

★お・ま・け★

去年の今頃は、ひたすら関西お・さ・ん・ぽ

でした(笑)

 

 
二度漬け厳禁!串かつ だるまさん~☆
創業昭和四年 新世界元祖串かつだるま さんソースの二度漬けは禁止やで!で、全国的に有名なお店。串かつ屋さんは、他にもいっぱいあるのですけどやはり、人が並んでいるのはここを入れて4店......
 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまたまの緑に癒される~💛≪... | トップ | 今度は、名古屋?~☆ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (ひより)
2017-07-15 09:43:43
ドアの開き方、あまり気に留めていませんでした。
今度海外行ったら気にして見てきます〜。

やはり、家の中では靴を脱ぎたいですね。
だからビジホとかあまり好きではありません。和室の宿がいいなぁ。

ねこちゃんさんは、いろいろな土地を巡れて羨ましいと思いますが、転勤は大変なことだと思います。でもまだ関西にいらっしゃるとばかり思っていました。
コメントありがとうございます~♪ (Neko★~ひよりさんへ)
2017-07-16 08:43:32
ホテルとかは、防災&避難の都合で
日本でも内開きみたいですよ。

私なんかより、ひよりさんの方が凄い!(笑)
フットワークの見事さには、いつも感心しています。
若い時は、もっとすごかったのでしょう?

関西は、ちょっと長い旅行のようでした。
でも、もう一年あると思っていたので
いろいろと悔いが残ります。

ひよりさんの即断即決?即行動が
本当にうらやましい

なかなか行動に移せない私の為にも
これからも楽しませてね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。