マイコン工作実験日記

Microcontroller を用いての工作、実験記録

Bricked

2014-02-06 23:43:09 | Weblog
先日、購入したFRDM-KL25ZのKinetisが使い物にならなくなりました。誤ってフラッシュのセキュリティ設定をしてしまい、フラッシュへの書き込みができなくなってしまったのです。ねむいさんの記事を読んでいたんので、Kinetisではこういうことが起こりうるということは知っていましたが、まさかこんなに簡単に自分がそういう目に会うとは。。

何も特別なソフトを作ろうとか、FSECレジスタを操作しようとしていたわけではありません。普通にGCCでビルドした結果を、OpenSDAのMSCドライバを使って書き込もうとしただけです。Windows上の操作としては、hoge.srecをFRKL25ZボードのドライブにDrag&Dropしようとしただけです。とっても簡単な操作で書き込みできるので、便利ではあるのですが、そこに大きな落とし穴がありました。

本来はhoge.srecをコピーしなくてはいけないのですが、自分でも気づかないうちにhoge.elfをドラッグして落としてしまったのです。コピーが終わってもソフトが動き始めないので、最初は何が起こったのかわかりませんでした。誤ってhoge.elfをコピーしたことに気付いたので、hoge.srecをコピーしたもののやはり動きません。コンパイル済みのサンプルLチカをコピーしてもやはり動きません。こうして、「どうやら壊してしまったようだ」と腹をくくるに至ったのです。

確認のために、CrossWorksにJTAGでつないでみると。。



あぁ、やっぱりセキュリティビットが設定されていたようです。試しにクリアーを試みてみたものの。。。



うぎゃー、やっぱりダメです。ログを確認してみると、



クリアに失敗しています。クリアもさせてくれないなんてあんまりだぁ。

こうして、わがFRDM-KL25Zは文鎮と化しました。せっかくJTAG用ヘッダを2つもハンダ付けしたのに、まっとうにJTAGを使ったのは、この死亡診断だけでしたよ。シクシク。

文鎮化することを英語ではBrickedと言うようです。FRDM-KL25Z brickedで検索してみたら、自分と同じように誤ってELFを書き込んだという人を見つけることができました。「この世界には同じ過ちをおかした人がいるんだ」ということを知ることができただけでも、心が癒されるのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第3世代 | トップ | LPC810とFT800によるアラーム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。