タイ映画 & アジアな毎日  Thai Movie & Asia Entertainment Diary

主に最新・最速タイ映画情報の掲載とアジア全般のポップカルチャーを楽しむ日々をのんびりと語る日記です。原稿依頼歓迎!

『風の前奏曲』をタイ験する!タイ5日間の旅!! 詳細出ました!!!/東京上映は13日(金)まで

2006-01-06 19:03:01 | 風の前奏曲
 去年末から“早く教えて!”と電話で催促していたツアーの詳細が確定しました。パンフレットも郵送してもらったのですが、取り急ぎFaxも、もらいました。

期間:3月9日夜出発~3月13日午前中到着
内容:ロケ地見学ツアー

 目玉は、主役の青年時代のソーンを演じた、アヌチット・サパンポン君がパーティーに来てくれる!!!!!!!!!!こと。ファンレターとかプレゼント、いや映画を見た感動を直接伝えることが出来るチャンスですね。JTBにしつこく質問したら、トークショー&質疑応答+特別のこと(何でしょうね?)をしてくれる予定だそうです。

 夜出発&朝到着なので、結構遠方の人も参加出来るように配慮されているとか。白田は、参加します。映画見て、感動された方々、一緒に行きましょう!

その前にテアトル銀座の上映は13日(金)まで。その前にもう一度、劇場にこの映画をお見送りに行きます。

今後の上映予定は、以下の通りです。

2006年1月7日 (土)~  シネ・リーブル神戸/シネ・リーブル博多駅
2006年1月14日(土)~  名演小劇場 (名古屋)
2006年1月28日(土)~  シアターキノ(札幌)
2006年2月18日(土)~  静岡シネ・ギャラリー

電話すればパンフは郵送してもらえるそうですが、H.P.に情報が掲載されたら、またお知らせします。
JTB新橋支店 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末ジャンボで1億円が当たっ... | トップ | タイのドキュメンタリー映画... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
体験です (白田麻子)
2006-01-06 21:06:53
 タイ験と書いたのは私の手が滑ったから。本当は『体験』と書いてありました。2回目のTBさせていただくサイトもありますが、ご了承ください。
TBありがとうございました。 (サントーシー)
2006-01-06 23:28:15
白田様

初めまして、サントーシーと申します。

たぶんタイ映画は初めて見たと思います。

実体験ではタイは暑いと言うイメージしかないのですが、

爽やかな風を感じました。

またお邪魔します。

Unknown (チョムプー)
2006-01-07 09:25:11
TBありがとうございますー。私も気になっていました・・・行きたいです・・・でも3月9日は娘の卒業式!そして私はPTA広報委員でもあるので卒業特集号も製作。うーんまた、夏とか秋に企画してほしいものです。アヌチットくんに会いたかったYO~。
TBありがとうございます (emi)
2006-01-07 14:12:02
TBありがとうございました。良い映画でした。ツアー行ってきたら内容教えてくださいね。
Unknown (そむ子)
2006-01-07 17:11:01
TBありがとうございます!ツアーに参加されるのですね。ウラヤマシイ。こういう映画のツアーが組まれるのって、冬のソナタのようですね。タイ映画も盛り上がってきましたねぇ!!「トクベツ」って何だろ、なんだろぉお!



HPによると、ロケ地はサムットサコンとか。バンコクから西に行ったところですよね。そこからほど近い水上マーケットには行ったことがあります。きっと自然がいっぱいのローカルな町でしょうね。ああ、私も連れていってほしいっす麻子さんのご報告を楽しみにしています。
TBありがとうございます (かずさんぐ)
2006-01-07 17:52:17
TBありがとうございます。

ツアーに参加されるんですか、いいですねw

タイにも一度行ってみたいけれどなぁ…

ツアーの様子がアップされるのを楽しみにしてます。
今のうち! (白田麻子)
2006-01-08 17:22:02
あら、皆さんレポート待ちですか?今回のツアーが成功して、シリーズ化すればいいですが、アヌチット君が更に売れっ子になったらスケジュールが取れるかどうか。今のうちって気がしますね。







嬉しい! (フミネム)
2006-01-08 23:12:28
白田麻子さん、tbありがとうございました。

アヌチット君、素敵です。日本の男優は最近パッとしないところに、映画を見てすっかりファンになったのですが、日々の生活に紛れて、忘れかけていたところにtbして頂き嬉しかったです。

ツアーも行きたい。。けど、無理なのが悔しいです。。DVDでも出ると良いのですが、、、それにしても相当な情報量ですね。脱帽です。



アヌチット君効果でタイブームの可能性もありますね!また何度もお邪魔すると思います。よろしくです。
行きた~い!でも無理~! (HIROMIC WORLD)
2006-01-09 16:41:46
白田麻子さん、情報ありがとうございました!

思わずカレンダーを確認してしまいました。

仕事があるから無理だ~!!!

残念です。

白田麻子さんの参加レポートを楽しみにしています。

行ってらっしゃ~い!
TBありがとうございます。 (k-ji)
2006-01-09 20:03:21
タイ験ですか~。いいですね。

男ですがアヌチット君には会ってみたいな。

9月にタイに行ってからタイに夢中です。

またあの風を感じたいです。
ツアーいいなぁ~! (あチちゃん)
2006-01-10 11:49:28
ロケ地めぐりですか。

アヌチット君にも会えちゃうなんて!

なんてステキなんでしょう~。

でも、わたしなんてタイのこと全然詳しくないし…。

と気後れしつつも検討してみちゃおうかなぁ。
行きたいのですが。。 (peruri)
2006-01-10 22:45:08
TBありがとうございます。

正月休みを取って海外(アジア)に行ってましてコメント遅れました。(ドンムアン空港にもちょっとだけ寄りました。)

ツアーの日程はちょうど年度末の時期なので、年末と同じくらい年間で最も忙しい時期ですね。行けないのが残念です。

GWにはタイ&ラオスに行くつもりなので、私もレポート期待してます!

TBありがとうございます! (ponta)
2006-01-11 21:55:46
20日からバンコクに行きます。

その前に、この映画を見たいと思っていたのですが、予定ぎっしりで無理みたいです。

評判がよくってまた東京に戻ってきたらよいのですが。。。

とっても残念です。
TBありがとうございます (harulin_parulin)
2006-01-13 22:43:06
映画をみて、アヌチット君のファンになりました。

ツアーも一応資料請求してみたのですが

仕事の調整次第ですねぇ・・・。

でもでも、ホント、白田さんのおっしゃるとおり

「今のうち!」なんですよね。

きっとこの機会を逃したら、なかなかアヌチット君には

会えないですものね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ラナートの鉄人 クンイン (白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary)
 『風の前奏曲』で主人公のソーンをラナート(タイ式木琴)の競演で立ち直れないほど、負かしてしまうこの方、本名はナロンリット・トーサガー氏といいます。  タイで代々伝わるラナートの音楽家の出で、その演奏力に関しては、映画をご覧になった方には、説明する必要は
タイ男優ファイル① アヌチット・サパンポン(愛称:オー) (白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary)
 新しいカテゴリーとして、タイの俳優さんの特徴・魅力に迫ってみることにしました。  第1回目に取り上げるのは、タイ映画だけでなく、邦画「春の雪」にも出演しているアヌチット・サパンポン君です。  コカ・コーラのCMで人気女優カトリヤー・イングリッシュのバック
映画: 風の前奏曲 (Pocket Warmer)
http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/ff1fcd87d326882c987d4a0fb3c542eb/0b
イブには映画「風の前奏曲」 (そむ子のひろば)
今公開中の映画「風の前奏曲」(?????? the overture/2004)
風の前奏曲(2004タイ) (WAKOの日常)
風の前奏曲 クリスマス3連休は先着30名に「タイ・ミュージック・ドール」がもらえるんだってよ、という友人に誘われて朝1の回へ。昨日はホームパーティーだったので起きる自信がなかったのですが、幸いにも(?)胃腸を壊していたため飲み食いできず、今日は無事映画に行
風の前奏曲 (飛行船の気まぐれ☆☆新作映画紹介)
昨年のタイ・アカデミー賞をほぼ独占してしまった文芸作品「風の前奏曲」 東京は13日で終了だが、神戸&博多のシネ・リーブルで上映が始まったので改めて紹介。 深夜のNHKのアジア紀行や本格的なタイ料理屋さんに行った事がある方なら分かると思うが 心地好い木琴の
映画【ヴェニスの商人】 (ぽんた日記)
先日、良い映画という噂を聞いて見に行きました。 超大作が大好きなミーハーな私にとってはかなり渋めの映画です。 次回予告も「風と共に去りぬ」と「風の前奏曲」(タイ映画)とこれま渋め。観客も渋めで、ゆっくりじっくり鑑賞する事ができました。 肝心の映画は。。。 有
風の前奏曲<OVERTURE> (Smowhand's Diary)
[[attached(1)]] 13日までの券があったので見てきました。 2004年のタイ映画。面白かった。空いていたのでゆったり見れましたし。 時代背景は19世紀の終わりから20世紀の後半にかけて。 タイの民俗楽器”ラナート”奏者として国民的尊敬を集める ソーン師の最晩年か
★風の前奏曲(2回目)@銀座テアトルシネマ:サービスデー午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
去年、私が“最も見て良かった映画”に選んだタイ映画『風の前奏曲』の上映が今週いっぱいということで今日、再度、銀座まで足を運んだ。 1回目鑑賞のレビュー
■☆■映画賞2作品~「二人日和」&「風の前奏曲」(*_*) (■□■UEKO・f★のシネマシティ・&ホットティ)
■フランクフルト映画祭のグランプリ受賞作の「二人日和」~邦画です♪監督:野村恵一出演:藤村志保、栗塚旭、池坊美佳、他永い年月連れ添った二人の深い絆と熟年夫婦のたおやかな愛を叙情豊かに描いた純愛作品。四季折々の古都の風景が見れるかもね!11月26日より公開~...
ケントが勝手に選んだ2005年のベストシネマ (ケントのたそがれ劇場)
風の前奏曲 (映画試写+彼是雑記)
ラナートを奏でるタイのイケメンくん タイの古典楽器で、「心を癒す」という意味を持つラナート。船の形をしたタイ式木琴の音色は甘く優しく、時に激しい。これは、ラナートの音色と出会える音楽映画。観て聴いている間も、見終わったあとも、実に爽やかな気分が持続す
タイ映画『風の前奏曲』?À¡?√ßThe Overture (mujinamo's)
ある楽器やダンスをモチーフに描く映画は意外と物語性に欠けたり、肝心のその音楽やダンスのレベルがいまいちなときがある。