タイ映画 & アジアな毎日  Thai Movie & Asia Entertainment Diary

主に最新・最速タイ映画情報の掲載とアジア全般のポップカルチャーを楽しむ日々をのんびりと語る日記です。原稿依頼歓迎!

邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演

2005-10-25 02:44:22 | Movie
 以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。

春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。)

 ひとりは、アヌチット・サパンポン(「風の前奏曲」・「メコンフルムーンパーティー」
 もうひとりは、スイニット・パンジャマワット(「快盗ブラックタイガー」・「ジャンダラ」・「Three 臨死」)

 映画の設定は、大正時代。その頃タイはシャム国と呼ばれており、二人は日本の学習院高校に留学してきたシャム王国の王子の役。「春の雪」でシャムの王子が登場する意義は、映画を見ただけでは、分かりずらく、小説を読んでから映画を観ると、その重要性が分かると思います。

 小説と映画を見比べた私見は以下の通り。

 シャムの王子が、仏教のある考え方を表現するために登場するのは、小説を読めばすぐ分かります。小説には、(妻夫木聡が演じる)清顕(キヨアキ)に対し、王子が輪廻転生の説明をするくだりがあるものの、映画は時間も足りないので、その考え方は清顕が(竹内結子演じる)ヒロインの聡子との会話に集約されています。

他に気がついたのは、恋に素直になれない清顕に対し、シャムに婚約者を残してきたパッタナディット殿下(スイニット演じる)は、恋する切なさを、好奇心いっぱいで、無邪気なクリッサダー殿下(アヌチット)は、純粋に恋する喜びを清顕に語りかけるという、恋の両面をふたりして示唆している気がします。

 タイ人の笑顔が、素晴らしいというのは定説ですが、この二人の俳優の高貴かつ人懐っこい笑顔には癒されます。そう、「シャムの微笑み」は、1日にして成らず。100年以上の歴史の賜物です。学習院の制服も、すらっとした姿勢の良さと併せ、とても素敵です。

 が、この気高い感じは、凡人にはそうそう醸し出せるものじゃありません。脇役の王子役にも、タイでは映画の主役級の旬の人気俳優を使うあたり、行定勲監督の完璧主義って、徹底してるんだなと思います。

 NHKの英語でしゃべらナイトに映像が出てました。今夜再放送なので、ぜひ。

 http://www.nhk.or.jp/night/nex-20051024.htm

タイの俳優さんの追跡情報は、ブックマークの「More!Thai Film」で、どうぞ。

(写真は、清顕が聡子にシャムの王子を紹介するシーン/つまりシャムの王子達の初登場シーン/「春の雪」公式サイトの壁紙をダウンロード)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (110)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイ若手監督の最近の作品は... | トップ | タイのポップカルチャーを満... »
最近の画像もっと見る

110 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラバ、ありがとうございます (NAGI)
2005-10-25 08:49:09
白田麻子さま、トラックバックありがとうございます!

こちらからもトラバさせていただきました。



『春の雪』のタイの王子たち、タイの若手人気俳優だったということを、初めて教えていただきました。監督のこだわりがここそこに現れている作品です。二人は、本当に気品のある、素敵なスマイルですね。



タイは、三島の『豊饒の海』第3巻「暁の寺」に出てくる寺やバンパイン離宮を見たくて一度行ったことがあるだけです。白田さんのブログを拝読していて、

もっと色々と知りたくなりました。

これからも、よろしくお願いいたします!
トラックバックありがとうございます (香椎)
2005-10-30 09:38:33
こんにちは!トラックバックありがとうございました。公式サイトのキャストのページに、シャムの王子がいないので、私は「物語を縮めるために、シャムの王子は削られて、ただ単に二人の悲恋物語になっているのかなあ」などと思っていました。しかし、ちゃんと二人の王子は登場するし、しかもとても素晴らしいキャスティングなのですね。ますます映画を観るのが楽しみになってきました。
Unknown (BlueSky)
2005-11-05 22:50:46
TB、ありがとうございます!



タイの王子、そんなに人気の俳優さんだったとは知りませんでした。

ちょっと「春の雪」のパンフレットを見なおしてみました。

オーディションで選ぶ時のポイントはピュアなイメージである事、だったとか。

アヌチットさんとスイニットさんの笑顔は本当に素敵でした。
TBありがとうございます (あやね)
2005-11-06 20:22:21
初めまして TBありがとうございます。



シャム王国の王子さま タイでは人気の俳優さんたちだったんですね。

人懐っこい笑顔がステキでした。



「仏教のある考え方」

映画では時間の関係で彼らはそういう話をすることがありませんでしたね。



原作の方も読んでみたいと思います。
TBありがとうございます! (かずりん)
2005-11-06 22:27:34
TBありがとうございます!

私のブロブにも書きましたが、とにかく

山を登りきった所で大仏を目の前にしての

王子達二人のあのシーンが何故か凄く気になっていて

映画の中で映像化されていて本当に嬉しかったです。

麻子様はどうでしたか?あのシーン。

TBありがとうo(^O^)o (Crambom、)
2005-11-06 22:33:04
TBありがとうございました。

そうかシャムの王子ちゃんと出ていたんですね。

きっと適当に扱われるんだと思ってました。

もっとも、輪廻転生より悲恋小説として映画になったんでしょうね。

4部作で「豊饒の海」はできているのに「春の雪」だけってのも片手落ちなような気がします。
へー (ダイ)
2005-11-06 22:41:40
あの東南アジアな2人は本国で人気のある俳優さんなんですね。

てっきり日本在住の俳優かと思ってました。へー。

ありがとうございましたm(_ _)m (fire1000)
2005-11-07 01:02:29
白田麻子さん!TBをありがとう♪(@^^@)

>脇役の王子役は、タイでは映画の主役級の旬の人気俳優さん



だって~!?そうだったんですd(^-^)ネ~!

情報ありがとうございましたm(_ _)m。。

白田麻子さんのいう通り

『行定勲監督の完璧主義って、徹底してるんだなと思います』

同感です!

こちらからもTB送ったのですが....。

gooのみ反映されません?!

なんで~!????

URLを置いておきます。

http://fire1000.exblog.jp/2987880
タイのイケメンもいいでしょ (白田麻子)
2005-11-07 01:38:38
 感想ありがとうございます!TBは、面白い感想のところにかけさせていただいています。なので、どんどんTB返しお待ちしてます。TBが上手く出来ない場合は、goo のブログの問題ではないかと思います。



 劇場パンフは、まだ入手していないので、その情報ありがとうございます。また観に行く予定なので、それは素早く入手しなければ。その“ピュアなイメージ”ってポイントだと思うんですが、

やっぱ、アジアの人の笑顔って、ありきたりな言い方ですが日本人が忘れてしまっているような笑顔だと思います。男女問わず。時々ハッとさせられることがあります。



 小説だとシャムの王子の考え方も詳しく書いてありますが、映画は限られた時間で何とか効果的に見せようと頑張ってますよね。特に



>山を登りきった所で大仏を目の前にしての

王子達二人のあのシーン



 は最も印象的なシーンですよね。監督はタイ人のいいところをとてもよく見ていられて、引き出してくださっていると思います。



 とにかく時間との闘いでしたけどね。
Unknown (濱 登良子)
2005-11-07 08:22:53
はじめまして。TBありがとうございます。

タイ人の方々、とてもキレイな人たちだなあと思ってみていたのですが、そんなに有名人だったとは。

実は原作をまだ読んでいないので、読むのが一層楽しみになりました。特にシャムの王子のくだり。

またお邪魔します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Movie」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

89 トラックバック

今夜の放送 (NAGIの小箱)
帰ってきました。また時間があるときに印象を書きますが、とりあえず。 学会でS.K
映画:「春の雪」 (*second message*)
先週末に観に行こうかな~、どうしようかな~と思いつつウダウダして結局行かなかったのに、今日になったら急に「やっぱり行こう!」と思って会社帰りに映画館へ。 「あ、明日は1日で映画の日だから1,000円で観られたじゃん!」と気が付いたのはチケットを買ってから。 クヤ
タイ映画「風の前奏曲」 (タイとかアジアとかサッカーとか)
タイ映画「風の前奏曲」が12月3日(土)から公開される。 この映画で青年時代のソーン師を演じたアヌチット・サパンポンは、「春の雪」(2005年10月29日公開)にもシャムの王子役として出演しているそうだ。 映画予告編(goo 映画)
『春の雪』 (京の昼寝~♪)
ケータイのない恋愛を、あなたは想像できますか。 ■監督 行定 勲■脚本 伊藤ちひろ■原作 三島由紀夫「春の雪」(豊穣の海第一巻)■キャスト 妻夫木 聡、竹内結子、高岡蒼佑、榎木孝明、岸田今日子、大楠道代、若尾文子、及川光博、田口トモロウ、石丸謙二郎、宮崎美
春の雪 (2005) 150分 (極私的映画論+α)
 大正初期。幼なじみの2人、侯爵家の嫡子・松枝清顕と伯爵家の令嬢・綾倉聡子は、いつの頃からか、互いに淡い恋心を抱くようになる。しかしやがて聡子に宮家の洞院宮治典王との縁談話が持ち上がる。困惑する聡子だったが、冷たい態度をとる清顕に失望し、ついに縁談を承諾
春の雪 (ネタバレ映画館)
 久しぶりに死なない竹内結子を見ることができて安心した。と思っていたら清顕の夢の中で死んでるではありませんか!!  今回はできちゃった結婚というおめでたいニュースが飛び交っての公開となった映画。死んでしまったらさすがに縁起が悪いけど、堕胎というシビアな内
優雅な1日 (はなうた♪)
映画『春の雪』見ました。 本を読んでないとふにおちないのでは?と 思う場面が結構あり。 でも、あの空気感みたいなものを映像化したことに 価値があるのかな,と思いました。 特に竹内結子きれいだった~! 本では衣装のこととかは詳しく書いていないのだけど、 映画で
「春の雪」 (my first muu)
を、観て参りました。 フラリと思い立ち。 映画館の前に立ってみたらばレディースデーで1000円。うしっ。 「春の雪」のポスターに並んでゴダールのも貼ってあり、フラフラと予定変更したくなるのをグッとこらえて当初の予定を遂行。 ちょっと気になったのが、
春の雪を観てきました (☆ちょっといいたいこと☆)
= 春の雪 = {{{: とりあえず我が女房殿が観たいというので二人で観に行きました。  金曜の夜という事で混んでいるかと思いましたが映画館はそれほどでもありませんでした。さすがに女性の姿が目立ちました。男女のカップルが多いかなと思ってましたがそれより女性同
映画「春の雪」は人工紅葉 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
せめて一年かけて撮影しろよ!と言いたいです。Posted by もずくさんのコメント 最近、この映画の複数の関係者から聞いたのですが、実はこれ撮影期間の問題ではなく、わざわざないはずの紅葉を取り付けて撮影したんだそうです。しつこく第三弾。
夫婦をつなぐ三島文学 (齢30女・日々是決戦)
本はあまり読むほうではなく、 一緒に映画を観にいっても 「よく分からなかった・
映画「春の雪」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「春の雪」★★★★ ストーリー:侯爵家の子息、松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の令嬢である綾倉聡子(竹内結子)は幼なじみの仲だったが、聡子はいつしか清顕に想いを寄せるようになっていた。しかし、不器用な清顕はその愛情表現に対してうまく応えることが出来
「春の雪」 (我・想)
映画「春の雪」を見てきました。 三島由紀夫の同名作品が原作の文学作品映画です。 文学作品映画の特徴のひとつとして、鮮やかな色彩描写があります。 「春の雪」では情景描写や風景の鮮やかさはもちろんのこと、色彩豊かな着物に目を奪われます。 鮮やかな着物は竹内結
春の雪 (Akira\'s VOICE)
静ひつな空気感と,話す言葉が心地良い文芸映画。
愛してはならない果てに・・・ (オールマイティにコメンテート)
この映画は三島由紀夫原作の映画であり、主題歌が宇多田ヒカルさんが担当するという話題作である。この映画のテーマは愛してはならないというのがテーマだったが、確かに人は障害が大きければ大きいほど燃えるというのも良く解る。
「春の雪」 (「あ」嬢の別宅。ただいま準備中。)
\"瀬を早み 岩にせかるる 滝川の  われても末に あはむとぞ思う\"「春の雪」を観てきたのである。 三島由紀夫原作な上、大好きな宇多田さんが主題歌を 書き下ろしたってことで予告編を目にした時から 気になっていた作品。 しかも公開に合わせてプロモーシ
\"snowy love fallin\' in spring\" (Apple Cider)
母と 『春の雪』 を観に行ってきました。 『四月の雪』 じゃなくて、『春の雪』。 ペ様じゃなくて、妻夫木聡&竹内結子。 原作は三島由紀夫。 私も母も三島由紀夫は結構好き。 でも、母が読んだのは 『潮騒』 で、私が読んだのは 『仮面の告白』、『音楽』 (不感症の
映画観てきました 「春の雪」 (GOMA-CAFE)
先日、映画を観てきました。 妻夫木聡と竹内結子主演の「春の雪」 予告編を見て、映
春の雪ご鑑賞! (シルク特選~シルクで健康)
だいぶ以前からチェックしていた「春の雪」見てきました。最後に確認したら三島作品が原作だったんですね。 春の雪~清顕と聡子の追想物語~(メーキングDVD)三島由紀夫作品と言う事もあり、話題に上っていたのかもしれませんが、私はこの手の文学作品は殆ど本では手付...
春の雪 (BUNPITUノHIBI)
行定勲監督 大正時代の上流社会を舞台に、豪華絢爛に描く悲恋物語。 いやまさに美麗世界でした。 風景のひとつひとつが絵のようで。 お姫様も若様も宮様もそれぞれ美しくてはまってましたね。 ラブシーンも、とても綺麗でうっとり~です。 ただ、その肝心の悲恋.
生まれかわっても (のぶひさの日記)
『春の雪』を観た。原作は三島由紀夫。 気分転換になるような映画ではないことを知っていながらも、観てしまった。 2時間半。おもい・・・。 ここから先はまだ観てない人は読んじゃだめ。 松枝清顕(妻夫木聡)、綾倉聡子(竹内結子)は幼なじみ。 聡子は清顕に想いを寄
春の雪 (映画とドラマと独り言。)
「セカチュー」の行定監督他、今旬のスタッフが集まって三島の純愛文学を映画化。今純愛ブームに乗って映画化されてしまう事にちょっと不安を覚えてはいたけど、台詞回しとか、原作のイメージを壊さないで作ってるね。 脚本が、小道具の女の子で、確かすごく若いんだよね。
春の雪ご鑑賞! (シルク特選~シルクで健康)
だいぶ以前からチェックしていた「春の雪」見てきました。最後に確認したら三島作品が原作だったんですね。 春の雪~清顕と聡子の追想物語~(メーキングDVD)三島由紀夫作品と言う事もあり、話題に上っていたのかもしれませんが、私はこの手の文学作品は殆ど本では手付...
『春の雪』レビュー/三島の書いた優雅 (西欧かぶれのエンタメ日記)
普段、映画は映画、原作は原作とわりきって、両方を楽しむようにしている私だが、大好きな三島文学の映画化となると話が若干変わってくる。 と、いうわけで、ナンセンスだとわかっていながらも、原作との比較になってしまいそう。 この、三島作品の中でも、群を抜いて
春の雪 (ライターへの道。女32歳の挑戦。)
         春の雪(2005年、東宝) http://www.harunoyuki.jp/ 監督:行定勲  原作:三島由紀夫 出演:妻夫木聡、竹内結子、高岡蒼佑、大楠道代、若尾文子、他          時は大正初期。 士族出身の成りあがりの松枝侯爵家の長男・清顕は、
『春の雪』 (ラムの大通り)
----これって三島由紀夫「豊穣の海」の第一部を映画化したんだよね。 「輪廻転生」がテーマだと思ったけど、 このチラシでは「究極の純愛物語」となっている。 「ま、何をもって<純愛>と言うかだね。 この物語は、 侯爵家の子息・清顕と伯爵家の令嬢・聡子の愛を描いたもの
『風の前奏曲』 (ラムの大通り)
----この人、だれ?メジャーリーグで活躍している井口選手に似ているけど? 「(笑)それはないだろう。 彼は、行定勳監督の『春の雪』にも出演しているアヌチット・サパンポン。 タイでは“レスリー・チャンの再来”と言われるほどの人気スターらしいよ」 ----ふうん、タイ
ふーん、『春の雪』 (「誰かわたしを叱ってください」日記)
李ー
ふーん、『春の雪』 (「誰かわたしを叱ってください」日記)
李ー
「春の雪」心に雪は積もらない (soramove)
「春の雪」★★★☆ 妻夫木聡、竹内結子 主演 仰向けに小船に寝そべる 主人公の恍惚にも似た 表情が画面を横切る そして幼なじみの聡子が あでやかな着物で登場、 彼女の顔を今度は下から ゆっくりとカメラは横切っていく。 どのシーンもひとつの絵のよ...
春の雪 (長良のなんでもありの雑記帳)
{/fuki_osusume/} {/kuma_wel/} 三島由紀夫 原作 「春の雪」
春の雪 (映画&銀座ふらふらメモ)
春の雪 {/star/}{/star/}{/star/}(満足度:3/5) 千葉京成ローザにて。 三島由紀夫原作で、妻夫木くんと竹内結子さんが主演。 主題歌は宇多田ヒカル。 原作未読で観たので、ピントずれの感想だったらすみません。 {/hiyos/}{/hiyos/} これよりネタバレあります 
映画『春の雪』を見終えて【ネタバレ在中】 (マカロンとともに去りぬ)
劇中、西洋音楽の蒐集が趣味であるという洞院宮治典王殿下が聡子にレコードを聴かせてやるシーンがある。そこでかけられた音楽はマーラーのアダージェットである。言わずと知れた愛の音楽であるのだが、竹内結子ファンならきっとこう思ったに違いない・・・『な、なんで「白.
映画 「春の雪」 三島由紀夫 (樹里の森)
「春の雪」snowylovefallin\'inspring妻夫木 聡 (松枝清顕) 竹内 結子 (綾倉聡子) フランシス・コッポラ監督が関心を示していた名作「世界の中心で愛を叫ぶ」の行定勲監督が映画化原作の答え合わせにするつもりはなかったとのこと原作は割愛し、エピソードを膨らませ..
とける (■曇り時々晴れ■)
風邪気味。。 頭痛を心地よく感じながら、、、 『春の雪』 を観た。 ハッとする美しさがありました。 悲しみがじわじわと感じられ、 運命に翻弄される二人が切なかった。。 聡子(竹内結子さん)の儚い美しさに引き込まれ、 清顕(妻夫木聡さん)の真剣な眼差
[ 春の雪 ]子どもっぽいオトコと潔いオンナ (アロハ坊主の日がな一日)
[ 春の雪 ]吉祥寺で鑑賞。三島由紀夫の傑作「豊饒の 海」シリーズの映画化。時代に翻弄された恋というテーマ を一段と重~い感じで仕上がっている。 [ せかちゅう ]の行定監督に主演が妻夫木聡、竹内結 子。主題歌を宇多田ヒカルが歌えば、若者は集まるでしょ
三島に負けた?映画『春の雪』 (le monde lunatique)
10月29日、六本木のVIRGIN TOHOで行定勲監督の映画『春の雪』を初日に観た。 いわずと知れた三島由紀夫の小説『春の雪』の映画化だが、自由な脚色が、前半は成功し、後半は乱れたという印象をうけた。 三島の小説、松枝清顕と朝倉聡子の恋物語だが、その恋は、小説を読み
『春の雪』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『春の雪』、映画館で観ました。 侯爵家の子息である清顕と、伯爵家の令嬢である聡子は
春の雪 (とっさの絵日記)
行定勲監督   原作 三島由紀夫  主演 妻夫木聡 竹内結子 原作本は読んでまし
『春の雪』 (タノシイマイニチ。)
『春の雪』を観ました。★ 三島由紀夫原作、行定勲監督、主演は妻夫木聡と竹内結子です。 大正時代の貴族社会を舞台に幼馴染みの公爵家子息と伯爵家令嬢が気持ちのすれ違い、大人の思惑、貴族社会の制約に翻弄される悲恋物語。 映像は儚い美しさを充分に表現していて綺
不道徳教育講座 (埋まりゆく本棚)
 今日は映画「春の雪」を友人と二人で観に行った。この映画の原作は三島由紀夫の長編連作小説『豊饒の海』の第一巻『春の雪』である。私は原作を未読のまま今日は映画を観に行ったのだが、案の定原作も読んでみたくてたまらない気持ちになった。大正初期が舞台となっており
「春の雪」 (ひとり語り)
映画「春の雪」オリジナルオリジナル・サウンドトラック 映画「春の雪」を観ました。 原作は、三島由紀夫が生涯をかけて書き継いだ「豊饒の海」の第一部です。 学生の頃、三島作品の耽美で流麗な言葉の世界に圧倒されながら一連の作品を読んだ
お風呂で読む三島由紀夫 (ぺんぎん秘密日記)
最近の小説類の読書はもっぱらバスタイム。湯船に浸かって文庫本を読んでます。(さすがにハードカバーは落下のリスクを考えると....) ここ5日ほどかかって読んだのが「春の雪」。 まあ,映画化されたので,映画を観る予定はないけれど「とりあえず,読んでおくか」と.
「春の雪」 (もじもじ猫日記)
美しい、とにかく美しい映画でした。 景色、建物、衣装、どれも豪奢で素晴らしい。 傲慢というのは若さに赦される特権なのかもしれない。 家の格式と財力を後ろ盾にした(多分本人は気がついていないが) 傲慢を身に纏った清顕。 年上の幼馴染の令嬢、聡子の想いをないがし
白く儚い雪。 (花色恋歌)
先日観に行った映画[春の雪]。 映像が素晴らしくうつくしかったです。 庭園や、木々や、衣装や、小物たちが。 あらすじは公式サイトでご覧下さい。(過去日記参照) ここからは軽く本編の内容にふれます。 清様と聡子嬢の悲劇のものがたり。 あの時代ならではの、[好き
春の雪 (日々つれづれ)
映画の話。 「春の雪」を見て参りました。 行定勲監督で妻夫木くんや竹内結子さんがご出演。 2時間半の長丁場ですよ。 でね、長丁場だからか何か知らないけど 途中で出てお手洗いに行くような人が他の映画より断然多い。 驚いたのは、予告編が終わって本編に入った途端に席
cool cookie!? (sacurare)
今日の朝刊の一面記事。 「笑点に、若手メンバー3人追加!」 というのは、夢だったらしい。と、帰宅後朝刊を見て気付く。 そして、今日は月曜日。 ということは、押し付けがましい番組名のアレがあるはず。 今日のゲストはだあれ?と、新聞のテレビ欄を見る。 ブッキ
『春の雪』 (Love Who You Are!)
映画に乗っかって… 小説を読んでみることにしました 最初は妻夫木くんがやる清顕がワガママな感じなのに 最後の4部まで読むと竹内ゆうこの聡子オチなんだって 宇多田ヒカルが言ってたのが気になって買ってみた なんかオビを見てると輪廻転生がテーマ お母さん...
春の雪 (よきところ茶房)
映画『春の雪』を観ました。「今の人で、とても綺麗な作品を撮ったんだな」という感想で納得しようと思っています。たしかに綺麗でした。妻夫木さんにも竹内さんにもそれぞれの魅力があったし、絵柄も質感も決して安っぽいものではなく、とてもとても丁寧に作っていたと思い
映画「春の雪」 (玉響の独話)
映画「春の雪」。 この作品はですね、いろんな意味で「綺麗すぎ」です。 「綺麗すぎ」て素晴らしい、そして「綺麗すぎ」て良くない。 全てを求めるのは贅沢なのでしょうか。 この2時間半という時間を、大正時代の美しい風景、貴族の持つ優雅な雰囲気にしっぽり.
19歳と21歳の恋愛には見えない◆『春の雪』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月13日(日)TOHOシネマズ木曽川にて 侯爵家の子息・松枝清顕(妻夫木聡)と伯爵家の令嬢・鎌倉聡子(竹内結子)は幼なじみ。そして時が経ち、聡子は清顕への恋心を伝えるが、清顕は聡子への気持ちを素直に表せずにいた。その頃、鎌倉家では、聡子に宮家の王子との縁談.
春の雪:三島由紀夫 (蔡とワンコの成長日記)
春の雪改版 お薦め度:籠籠籠籠壟 幼少期を綾倉家で過ごした松枝侯爵子息の清顕。 その綾倉家のお姫(ひい)さんの聡子。 2人はお互いを思いながらも清顕の素直になれない気持ちからすれ違うばかり。 そして、とうとう聡
Yonda? (ひびのあわ)
ブログのデザインを変えてみました。 もともとけっこういろいろ変えてみたいタイプな
もう秋やけど。。。 (キャサリンのお笑い日記 2)
『春の雪』見てきました 事情があり、はじめの何分かは見逃したのだけれど。。。蓮 瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の われても末に あわむとぞ思う 瀬の流れがはやいので 岩にせき止められる急流が 二分にされても再び合流するように あなたとの仲が今は隔てら
春の雪 (だいじろうの大好きな日々)
今日、映画「春の雪」を見てきました。 思わず涙してしまうシーンもあり、とてもよかったです。 先日見に行ったある映画の前に「春の雪」の予告があったのですが、とても映像がきれいでそれも期待していたのですが、全部のシーンがとても美しかったです。 いろいろといい.
TBありがとうございました (さくさく日記)
ひとつの映画についても、いろんな観かたがあるものですね! タイですか! ほんとうに「微笑みの国」だったと、 行ったことのある夫も言っておりました。 食べるものもおいしそうだし! 私も行ってみたいです!
まどろみ消去 (月の裏で会いましょう)
○業務連絡です。携帯が死んでます。メール受信はできてるみたいですが、私がメールを
春の雪 (dermatograph)
ひさしぶりに映画を観ました。 三島由紀夫原作“豊穣の海”の第一巻に当たる部分を映画化した、春の雪です。 主演は竹内結子、妻夫木聡。 ふたりともとても大好きな俳優さんです。 舞台は大正時代。没落貴族の娘と、成り上がり貴族の息子のラブストーリー。 映画と
春の雪 三島由紀夫 (本が好き 悪口言うのもちょっと好き)
  三島由紀夫 春の雪 豊饒の海(1)  三島由紀夫は若いうちに読んでおくべきだった・・・というのが読みながらの感想。 読み終わったら、それでも続きを読んでみようかなぁという気にちょっとなりました。  三島由紀夫はそれほど読んだ訳ではありませんが、20代で
春の雪 その2 (劇場と舞台と eminan)
前回からの続きで、映画“春の雪”の感想です。 ~~引き続きネタバレありです~~
三島由紀夫「奔馬」を読んでいます (ブログリサ)
池波正太郎「男振」の次にイタリアで読み始めたのが、三島由紀夫「奔馬(ほんば)」でした この本は「春の雪」に始まる「豊饒の海」四部作の第二巻です 私は詳しく知りませんが、この四部作は大変有名らしく、文学好きの方は避けて通れない作品のようです しかし、なにぶ
●映画『春の雪』 (駆けろ!好調教馬 駆けろ!吉見幸洋)
春の雪新潮社このアイテムの詳細を見る ちょっと前になりますが 映画の日に観に逝って来マシタ。 ほぼ原作に忠実にといっていいですよね。 2時間ちょっとの本編の中に よくまとめられた作品だと思います。 映画化されると 簡単にいなくなっちゃったりしがちな
「春の雪」/格調 (時事・映画・スポーツ覚書)
          うす紫色の単行本「春の雪」を小脇にかかえていたのは高2の初夏だった。 公・侯・伯・子・男の爵位に「マジンガーZ」のブロッケン伯爵、あしゅら男爵が頭に躍った。   「豊饒の海」全4部。   輪廻転生を道具と.
三島由紀夫と云う人 (Traveling of vagrancy)
今日が命日三島由紀夫。 映画化なんてされたから、 しばらくは絶対読むまいと思ったのだけど、 今僕は春の雪を読んでいる。 悔しいけれど、彼は偉大だ。 唯ひとつ。彼と時代を共有したかった。 ただ、それだけ。
春の雪 ★★☆☆☆ (プログレ好きの映画メモ)
三島由紀夫の遺作『豊饒の海』第一部の映画化の話を聞いた時に勇気あるなぁと思ったが、なるほどねぇ・・・弱いなぁ。 映像はきれいで、ゆったりとしているが飽きることはなく、行定勲監督の手腕が光る。 雅な言葉使いを扱いきれず、どこかたどたどしいのはご愛嬌か。
三島由紀夫の「憂国忌」 (Eternity Blog)
三島由紀夫の「憂国忌」、行きたかったのですが仕事を抜けられませんでした。 評価の分かれる三島由紀夫ですが、最近映画化された「春の雪」の原作を最初の章だけ立ち読みしたところ、その世界の奥深さに感嘆しました。 彼があの世界で描いているのはモラルの理想型として.
Be my last (忘れない日々のこと)
観てきました、『春の雪』。 三島作品に触れたことのない私が、竹内結子!妻夫木聡!行定勲(監督ね)!…という3押しで落ちました。これは観るっきゃないっしょ。 しかも劇団四季の新作も三島作品で、今こそ三島を!って何かの思し召しかもしれないし、これを機に、私も三
春の雪 (ドラマうた!)
もう、かなり経ってしまったけど、映画『春の雪』を観てきました
われわれの愛する国、日本 (Merge Voices)
幼い頃、家の柱に傷をつけて成長を測ったことがあると思います。 たった1センチでも身長が伸びていれば、必要以上に大喜びしたものです。 今、どこか自責の念に駆られる年代になってきて、「それと一緒に心の成長も測れたらよかったのに」、と往事を追懐します。 柱に刻.
春の雪 (ココのつぶやき)
原作:三島由紀夫  監督:行定勲  撮影:Lee Ping bin  出演:妻夫木聡、竹内結子、 高倉蒼佑、及川光博、岸田今日子、榎本孝明、大楠道代、若尾文子etc. 2005年  日本   スクリーン  なんときれいな映画だろう。今年の春にクランクアップしてから公開まで、
「春の雪」映画鑑賞 (RIEKO\'S TASTES)
行って来ましたレディースデー。 「春の雪」映画の鑑賞でございます。 品川プリンスシネマで観ました。 映画館までの道が 青と白のイルミネーションで とても綺麗でしたよ~。(写真参照) では映画の感想。 まず始めの導入部にびつくり。 子供時代の清様と聡子が百人一首
『春の雪』のような一つの記憶 (ようこのちゃんこ風主婦日記)
このところ、『TAKESHI\'S』 などの話題の邦画が封切られています。 最近封
「 春の雪 」 (海の上のピアニスト)
原作はすでに読んでいたので、雪をどういう風に降らすのかとか マーラーの第5番が何処に組まれているのかを知りたかった。 また、大正時代の和服姿を見たかった。 内容は、妻夫木君と竹内結子との「春の雪」であって、私は、三島由紀夫の 「春の雪」を期待していた
映画のない生活 (人生は1度きり 後悔しているヒマはない?)
自腹を切って観た空中庭園が11月10日、試写会は18日。いずれにしても10日以上映画を観ていない。モンモンと溜まっていたのか、昨夜BS2でやっていた「スリパーズ」を最後まで観てしまった。ブラッド・レンフロって今でも俳優をやっているんだったか?ブラピ、若~い!終わった
春の雪 (Room with a Story)
ヾ(>▽
映画「春の雪」 (☆酒酒落落☆)
11月30日(水)は東宝シネマズの「レディースデイ」だったので、映画にを観にいった。 「春の雪」と「ALWAYS・三丁目の夕日」 「春の雪」 原作:三島由紀夫 脚本:伊藤ちひろ・佐藤信介   監督:行定勲 【キャスト】  松枝清顕:妻夫木聡  綾倉聡子:竹内結子 
『春の雪』の歴史意識 (郎女迷々日録)
春の雪公式サイト 昨日、見に行ってきました。 当初、行くつもりはなかったんです。原作小説『春の雪』には思い入れが強すぎますし、どうやってもうまく映画化できるはずがない、と思ってましたので。 『春の雪』は、あくまでも『豊饒の海』の中の一巻、なんですよね。とは
春の雪 (関東人の関西レポート)
原作(三島由紀夫)を先に読みましたが、違和感は殆どありませんでした。はしょり方が
「春の雪」 (prisoner\'s BLOG)
主役二人はどう見ても華族って柄じゃないなあ、と思って見ていたが、もともと主に男の幼児性にのっとった、華族も平民も昔も今もない話。日本の華族って、ヴィスコンティの世界みたいに平民とはまったく別の世界という程の迫力ないし。 身分がどうの格式がどうのという枷の多
春の雪、読了 (年中夢中)
 清様、一発殴って良いですか(笑)  私は清顕、好きじゃありません。最初からこのガキャー、キーーっっって思いながら読んでおりましたが大人も大人ですッ。  これは4部作なので第二部以降も手に入れて読みたいと思います。  本多、アンタってホント良いやつだよ(
春の雪 (バラツユサイダー)
行定勳監督の『春の雪』を観て来ました。 公式サイト 原作を読んでいない私が言うのもなんですが、三島由紀夫原作、大正初期の貴族社会を舞台に許されぬ恋をした男女の行く末を描いた、絢爛豪華、日本の美意識(アジアの、かな)にあふれた、とてもとても美しい映画で...
春の雪 (HIROMIC WORLD)
本日の1本は「春の雪」 今日で終了の劇場が多かったので、最後の滑り込み状態で観て
『春の雪』(\'05/日本) (傍流点景)
 三島由紀夫と言えば、日本の文学少年少女の間では太宰治と双璧の永遠のカリスマである、と認識するが、実を言うと私はあまりこの人の作品が好きではない。読んだ作品も少ないうえに、本作の原作である【豊饒の海】四部作も当然未読である。そんな私であるが、三島由紀夫と
映画『春の雪』 ~価値ある日本映画!しかし・・・~ (エンタメ!あれこれ百貨店)
満足度 ★★★★★★★☆☆☆ (7点) 『春の雪』(2005、日)      監督 行定勲      出演 妻夫木聡  竹内結子 僕の大学時代の恩師が最も敬愛する作家、それが三島由紀夫だった。そして、その恩師が三島の最高傑作と称してやまなかったのが、『豊
タイ男優ファイル① アヌチット・サパンポン(愛称:オー) (白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary)
 新しいカテゴリーとして、タイの俳優さんの特徴・魅力に迫ってみることにしました。  第1回目に取り上げるのは、タイ映画だけでなく、邦画「春の雪」にも出演しているアヌチット・サパンポン君です。  コカ・コーラのCMで人気女優カトリヤー・イングリッシュのバック
春の雪 (夢見る妄想癖子!!)
ついに見てきました”春の雪” 正直ラブストーリー?感動?系はニガテだったんです!すぐ泣いてしまうんですよ(p_q、) そして、作者の「三島由紀夫」さんにはあまり良いイメージがなくてですね・・・。 小さい頃から三島由紀夫さんって怖い人だと何故か勝手にインプ
『春の雪』読みました。 (ニシヘ、ヒガシへ)
久々に読書感想書きます。 実は『生協の白石さん』と同時期に買った三島由紀夫原作の『春の雪』、やっと読み終えました。 エレクトーンの発表会やら飲み会やらで忙しく、ほとんど電車での移動中にしか読み進められなかったのですが、それでも三島の描く世界に引き込ま...
春の雪 (むびろぐ)
世の中、さまざまな愛の形がある。 先日、ある公園でのんびりしていたらちょっと離れたところのベンチに、20代後半くらいのわりと整った服装をした若い女性と、50代くらいで髪の薄いスーツ姿の男性が座っていた。僕の座っていた場所とちょうど向かい合うような位置関係に
NO.153「春の雪」(日本/行定勲監督) (サーカスな日々)
「春の雪」から五年、連作最終話を渡して、 三島由紀夫は転生への旅に出た。 「勝ち組と負け組みの二極化社会」「セレブ主義」「六本木ヒルズ族」・・・超社会主義国家といわれた日本にあって、少し「格差」が露骨にみえる現象がおきると、すぐにマスコミによって ...