不知火電機な出来事

未来に限りなく・・・常に挑戦していきます。
機械関係の制御をしている電機屋さんです。

J-SHIS Map

2017-05-16 08:32:21 | 日記

地震確かに無いとは、言えないので見とくべし。

何をしていいのか解らないが

まず、一歩の積み重ねでは無いでしょうか。

いつ巨大地震が発生しても不思議ではないのが、我々の住んでいる日本列島だ。

しかし、やはり気になるのは、自分や家族が住んでいる街、働いている地域が、どれだけ安全か、危険なのか、ということだろう。

心配な方は、ぜひ防災科学研究所が公開している「J-SHIS Map」を活用してほしい。

http://www.j-shis.bosai.go.jp/map/

「J-SHIS Map」は、地震に関するさまざまな情報をビジュアルに確認できる。

日本人なら、ぜひ利用したいWebアプリケーションだ。

●想定される震度を地図で簡単に調べられる

少し前に、東海から四国にかけた太平側で「今後30年以内に震度6弱の揺れに見舞われる確率」が

上昇したというニュースが話題になった。

これは、政府の地震調査研究推進本部が公開したデータがもとになっている。

このデータは毎年公開されているが、国の機関である防災科学研究所は、

これまで蓄積された膨大な地震関連データを地図上で表示できる「J-SHIS Map」というWebアプリケーションを公開している。

以下の画面を見ると一目瞭然だと思うが、地震の発生する確率を地図上で簡単に確認することが可能だ。

アプリケーションの特徴は、さまざまな条件をユーザーが選べることだ。

さらに、地図を拡大して約250m×250mメッシュで表示することもできるので、

自分が住んでいる地域を絞り込んで詳しく調べることも可能となっている。

予想震度としては、たとえば次のような情報を確認できる。

・30年以内に震度6強以上の揺れに見舞われる確率
・30年以内に震度5強以上の揺れに見舞われる確率
・30年以内に3%の確率で一定の揺れに見舞われる領域
・50年以内に39%の確率で一定の揺れに見舞われる領域

●活断層や地すべり地形も調べられる

J-SHIS Mapでは、そのほかにもさまざまなデータを確認できる。

左上で[主要活断層]をチェックすると、地図上に赤い四角形で活断層が表示される。

活断層をクリックすると、その活断層で地震が発生する確率や想定されるマグニチュードも確認できる。

また、[地すべり地形]をチェックすると、地すべりの発生しやすい地域も確認可能だ。

専門的な用語も含まれていて素人には意味のよくわからないデータもあるが、詳しい解説や用語集も用意されているので、詳しく調べたい人には格好のツールだ。

自分の住んでいる地域や働いている場所について詳しく調べられるので、気になる方は、ぜひ試してみてほしい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本が「次のSONY」を生むた... | トップ | 給与を「見える化」働き方改革 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。