しらの風景

自然と生き物が大好き!自然の中には学びがいっぱい。
福島原発事故後は情報収集したものをアップしています。

トラスト地の生きものたち。(8/13*日)

2017-08-13 | 生態系トラスト協会ニュース


今朝は少し曇り空でしたが、だんだん晴れて来ました。
今日の調査では19種を確認、ヤマガラ、ハシブトガラス、ウグイス、ヒヨドリ、
シジュウカラ、コジュケイ、サンコウチョウ、リュウキュウサンショウクイ、コゲラ、
ホオジロ、ハシボソガラス、カワラヒワ、セグロセキレイ、キジバト、オオアカゲラ、
カケス、メジロ、ヒガラ、トビ でした。



田んぼで顔を出していたヌマガエル。何とも可愛いです。



昨日のアゲハの幼虫も確認。こうして見るとブルーの斑点も美しい。
終齢幼虫になればアゲハの種類も確認できそうです。



道路で大きなミミズ(シマミミズ?)がいました。



干涸びそうなのでダム湖の斜面に移動させました。
ミミズの仲間はよく見るとキラキラ光ってきれいなものが多いです。



こちらは道で死んでいたハンミョウ。
羽の下も金属光沢なのが分かります。



ついでに番小屋の前の溝で死んでいたクワガタ♀。



こちらはトラスト地の看板を立ててあるスペース。
ノウサギのフン場になっているようで
毎日新鮮なものが置かれています(笑)



昨夜は、仕事を終えて一人でネイチャーセンターから車で30分の
番小屋に帰りましたが、部屋のゴミ袋でガサガサ音を出していたのは
このハツカネズミでした〜☆
『高知県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝の調査と観察小屋周り草刈... | トップ | ヤイロチョウの森、現地視察... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。