むらくも

四国の山歩き

牛ノ背・天狗塚…徳島県

2017-01-03 | 四国の山歩き
牛ノ背、天狗塚          うしのせ、てんぐづか



山行日              2016年12月30日
標高               1757.2m、1812m
登山口              三好市東祖谷西谷林道 堰堤西
下山口                   同上    天狗塚登山口
駐車場              林道拾い路肩もしくは天狗塚登山口付近
トイレ              なし
水場               おかめ避難小屋直下
メンバー             ピオーネ、むらくも



今季初の雪山歩きをどこにするか、いろいろと検討した。
四国の山の積雪量はこれまでのところ例年に比べてやや少なめで、高所に行かないと楽しむことはできないかもしれない。
目安、標高1800m以上の山、となると限られてくる。
石鎚山系11、剣山系8、矢筈山系1の20山になるが、例えばちち山と笹ヶ峰や剣山と次郎笈などはセットになるので、実際には半分近くの11山に絞られてしまう。
さらに周回となると7山、冬山での自分の力量に見合った山となるとわずかに5山しかない。
天狗塚ー牛ノ背、剣山ー次郎笈、石鎚山、瓶ヶ森、筒上山ー手箱山のうち最も歩きよいのは前二つだろうか。
登山口が自宅から近い天狗塚ー牛ノ背へ行くことにした。
暮れも押し詰まってるので、2016年、年納めの山歩きになる。



近くを流れる川には冬になると多くのカモメやカモたちが集まってくるが、暖かい日が続きまだ数は少ない。
冬鳥たちは、寒さが厳しければ厳しいほど、数を増やし、川やため池の近くの田んぼや畑に入り込み、雑草をついばむ姿が見られる。
此処二日間ほどは、やや冷え込んだためか、早朝には川から鴨の賑やかな鳴き声が聞こえていたが、どこへ行ったのか今日は聞こえてこない。

AM6時過ぎ、標高400mほどの猪鼻トンネル付近の気温は0度、この時期にしては暖かい。
雨後の空はやや高雲っていたが、天気予報では晴れになる予定。
山間に筋状の雲が漂っていたので、これが抜けると青空が広がるだろう。


         堰堤                  造林小屋
大歩危橋を渡って、標高おおよそ500m祖谷トンネル付近に来たが、例年だと道端には雪が積まれていたりするのだが、さっぱりない。
蔓原から西山林道に入って、最終民家を過ぎた標高900mあたりから道には白いものがチラホラ、ところによっては凍りついて光っている。
二駆から四駆に切り替え、ヒヤヒヤモードでダート道を走り、雪が薄く積もった堰堤傍に停める。

8:35、堰堤より120~130mほど西山林道を北西に下ったところに、新しく造成された林道があって、そこから登りだす。
冬山といっても特別なものは簡易アイゼンとアルミ製のワカンのみ。
着てるものは普通の肌着にシャツ、その上にスポーツショップで売っていたアノラックパーカー。
ズボンも裏起毛がついたもので、これも普通のスポーツショップで1980円で買ったやつだ。
足元はスリーシーズン用の登山靴に6本爪簡易アイゼンとスパッツ。
無積雪期にはバランスを培うためにもストックは使わないが、積雪期だけは足元が不安定になるためダブルで使用することにしている。
ピッケルは積雪おおよそ50~60cm以上で斜度がきつい山での使用に限っているので、今回は持参していない。
ザックには念のために山の上で一晩明かす程度のものは放り込んでいる。
ワカンも必要ないと思ったが、妻が持って行ったほうがいいと言い張ったので、仕方なくザックに括りつけた。
妻にはむやみと逆らわないことにしている。


       伐採地                  森林限界付近
林道は亀尻峠から牛ノ背へと続く尾根上直下までジグザグに造成されているので、素直に従い、岩のある鞍部に到着。
一呼吸おいて、岩の左横から南南東方向に尾根を登る。
やがて植林地を抜け、小さな自然林の伐採地に出る。
ここからしばらく登ったところで、左側が切れ落ちた緩やかな勾配になる。
おおよそ標高1580mあたりでもみの木だろうか、クリスマスツリーの生えた感じのいいところがあって、ちょいと西の小高いところへよって、樫尾阿佐尻山や弘瀬山を眺めながら一呼吸。


        ミヤマクマザサ               十字路
森林限界を越えると一面ミヤマクマザサの茂る斜面を上るが、登山道にはいくつもの獣道が横切り、さまざまな足跡が残されている。
突然茂みの中からピーッと高い鳴き声が2~3度響き渡り、その後シーンと静かになったと思いきや、ダーッと斜面を横切るいくつかの黒い影。
妻がシカちゃーんこっちおいでー、逃げなくていいよーとちゃん付で呼ぶ。
シカちゃーんと言われてもな、シカとしては困ってしまうよな。
4~5頭走ったが、先頭を走る一頭が、どうしたらいいんだろうという風な目で妻を見た…ような気がしたが…???
後ろから走るシカは知らぬ顔して前を向いて、懸命に先頭についてゆく。

その後もいくつもの集団で走り抜けた。
見た目にはドドドドーッと音を立てて走っているように見えるが、実際には音はしない。
シーンとして、白い雪原をしなやかな体をしたシカが、スススーッと動いてゆく無声映画のワンシーンを眺めているようだった。
多い集団で10頭前後いただろうか、それが5回6回と続くが、不思議なことにすべてのグループが左手から右手(北から南)へ。

前方に天狗塚の頂がちょこんと見える十字路に到着。
ここを左折し、三角点へ向かう。


                三等三角点・古味
11:45、三角点のあるミツコバに到着。
樹林帯では汗がしたたり落ちたが、さえぎるものがないここではさすがに風は冷たく、汗は一気に引く。
手袋を脱ぐと指がかじかみ、ジーンと痺れて痛いと感じた。


        牛ノ背                    岩棚
モノトーンだった三角点を離れてすぐに、雲は退き、青空が広がり始める。
岩陰で風を避けて昼食をとる。
おにぎりなどのご飯類は冷たく凍りつくこともあるので、冬山のおともにはサンドイッチと決めていて、変な取り合わせだがインスタント味噌汁で流し込む。
暖かいものを飲むと気持ちがストーンと落ち着くのだ。
因みに朝食は車の中でおにぎりと豚骨ラーメンだった。
豚骨は脂分たっぷりの、ガーリックこってりでむつごかった。
もう二度と食べたくない、豚骨ラーメンは年寄りには合わない。


     アニマルトラック                  コメツツジ
登山道には小さくてかわいい二点と尻尾を引きづったネズミの足跡が点々と続いている。
この山域ではシカが圧倒的に多いが、樹林帯では三点のリスの足跡も木の根元から次の木の根元へと残されていた。


               天狗塚と天狗の池
足を運ぶ都度、じわりっと天狗塚の大きさが増してきて、次第に威圧感を感じるようになる。
この山はその姿形から、見た目にも恰好いいのだ。
表現はよくないかもしれないが男らしいのだ。
グンと胸を張っていて、それほど大きくはないのに雄大に見えてしまう。
妻もしきりとカッコいいと何度も呟く。


         天狗の池                  天狗塚
池は凍りついていて、奥に一つ、手前に一つ、光を反射し白く輝いていた。
道は天狗へ向かって一直線。


        牛ノ背                    天狗斜面
急登の深く掘れてしまった道をグッと上って牛ノ背を振り返る。
再び上を見て、霧氷で真っ白くなったコメツツジを仰ぐ。
視線の先には歩く妻の頭の上から、太陽が逆光を浴びせかけ、ちょい太り気味のシルエットを浮かび上がらせる。


         霧氷                    天狗塚山頂
美しい。
低い木はコメツツジだが、やや大きいのはなんの木だろう。
春にも夏にも登っているが、ここは喘ぎながら登る所為もあって、木の種類など見てはいない。

13:15、先行者のトレースの残る山頂に到着。


         南斜面                   天狗峠方向
いくつもの獣道が走る南斜面、その遠い、直線距離にしておおよそ50kmほど先には高知沖の太平洋が輝いていた。
西山分岐に一つの影が立った。
ほんの少しして影は見えなくなったがこちらに向かってくる気配はない。
おそらく山頂に残されたトレースの主で、おかめ方面へ行ってたかしたのだろうと思った。
後日に、その方はアカリプタさんだったことが判明、もう少し私たちの足が速ければお会いしてたのに、鈍足はこういうところでも損をする。

ほんの5分ほど山頂で景色を楽しんだという感覚で、西山分岐へ向かったつもりだったが、後日にログで確かめたところ20分も留まっていたようだ。
たぶん、ボケーッとしていたのだろう。
時間の感覚がズレてしまっている。


                   鞍部へ
何度見てもこの風景飽きない。
天狗の山頂から、この岩のある鞍部を撮った古い写真を自宅に飾っていて、当時を思い出すたびに懐かしさがこみあげてくる。


            天狗塚へ向かう光石からの登山者二人
14:00、西山分岐に到着し、その場に座って熱いコーヒーを淹れ、天狗を眺めながら飲む。
たぶんご夫婦だろう、男女ペアの方が地蔵の頭からやってきた。
光石から登って、今夜おかめ避難小屋で泊まるとのこと。
ヒョー!
いいなー、なんちゅうたかて、今夜も明日もいい天気に違いない。
山の上で夕日と朝日がみられるなんて、ヒョーヒョー!
妻が見てもいない景色を頭に巡らせて、感動し目をうるうるさせていた。


        西山分岐                 下山
二人が天狗塚へと向かったのを見届け、わたしたちは下山することにした。
アカリプタさんのトレースが雪の上に残っており、迷うこともなく安心して下りられるので随分と楽だ。


        笹と霧氷               祖谷山系と霧氷
積雪は10~15cm程度で、笹原は青く、ほんの少し西に傾いた太陽光のお陰もあって、霧氷がひときわ浮き出て見える。
祖谷山系を眺めながら下る。
稜線は西の端から国見山、形の良い中津山、意外となだらかな寒峰、サガリハゲ、落合峠、そして矢筈山から黒笠山を経て津志嶽へと流れ込む。


         影                   1476m峰
冬至が過ぎ、幾分か日が沈むのが遅くはなったが、それはほんの気持ち程度で傾くのは早く、雪の上に延びる木の影は長い。
15:10、1476m峰に到着。


       矢筈山                   天狗塚登山口
祖谷山系最高峰の矢筈山が垣間見え、麓にある段々と重なった久保集落の家々は、ほんの少し赤みを帯び、やがて夕陽に染まってゆくのだろう。
15:40、鉄階段のある登山口に下りてきた。
ところどころ凍りついている西山林道を、足をツルツル滑らしながら堰堤へ、妻と二人トボトボと歩いた。

堰堤8:35-亀尻分岐9:25-三角点・古味11:45-<途中20分休憩>-天狗の池12:50-13:15天狗塚13:35-14:00西山分岐14:15-1476m峰15:10-天狗塚登山口15:40-16:30堰堤


グーグルマップ(登山口などの位置がわかる地図)→こちら
ルートラボ(距離・時間などがわかる地図)→こちら
ジャンル:
ウェブログ
コメント (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮光寺山…香川県 | トップ | 男木島…香川県 »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
熊鷹7やま (エントツ山)
2017-01-10 21:42:22
むらくもさん  今晩は

今日、むらくもさんが2年前に行った熊鷹山へ干支の山なので山頂仮標識を立てて参りました

復路にむらくもさんが歩いたルートをほぼ下山したのですが三角点・大川(909.8m)がいくら探しても見つかりませんでした

三角点がある雰囲気の場所を入念に探したのですがよう見つけられませんでした
むらくもさんのブログでも写真は無いのですが実際はどうなんでしょうかねえ

でも、あの山はもう行く気がしませんわ
展望ゼロで山頂も愛想がゼロ、永遠のゼロですわいな

エントツ山
ゼロはいかん、せめて1にして。 (むらくも)
2017-01-10 23:32:36
あらら、あんな山へよう行きましたねー。
山名だけは勇ましくてごっついんやが、鉄塔がいっぱいあっただけで他にはなんもなかったやろ、でもさ、それがこの山のいいとこなのよ。

この山の魅力はなーんちゅうたかて、その先にある大窓ー保戸野越ですわ。
そこまで縦走して、ほいから二ッ岳へ行くか、もしくは権現越へ行くか、それとも保戸野へ下るかだわ。
保戸野へ下る道、昔はあったのかな?

なーんちゃって、阿保言わしないな。
わしゃ、そんなタフなことよーせん。
エントツ山さんに任せとくわ。

復路で寄った標高645.5m三角点・上野は写真に撮ったのですが、大川はようみつけんかったのとちゃうかな。
レポを読み返してみたら、三角点を通過したと書いてあるので、読みようによっては見つけたみたいな感じですが、今考えると通過したけどようみつけんかった、そんな感じやろな。
わし、ええ加減な男やろ、済まんな~、(^^ゞペコペコ
雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ (チマチマおじさん)
2017-01-11 18:11:55
私どもは越後屋の頃より正札での取引とさせていただいでおり、どなた様におかれましても、値引きのご相談には応じかねます。
ー三越店長ー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週末、この冬一番の寒気が流れ込んでくるようですが、
みなさん、負けてはなりませぬ。
決して負けない極意をお教えしましょう。
それは、

戦わないこと。

戦わなければ負けることはありませぬ。
風邪をひかないよう暖かくしてお過ごしください。
負けてばっかりやで (むらくも)
2017-01-11 22:20:45
今日、粗大ごみを市の処分場に持って行ったんだわ。
ところが引き取ってくれない。
仕方なく爆弾やミサイル以外はなんでも引き取ってくれる民間の処分場へ持って行ったのね。
ところが引き取り値段が高いのよ。
たまたま係りの人が女の子だったので、今夜デートしようって、色仕掛けで、安くしてってお願いしたのよな。
ダメだったわ。
いかんなー、年をとると、若い時みたいに、色仕掛けがとんと効かなくなったわ。
人生死ぬまで戦いの場やーって思ってるんやけど、いかんがー、役に立たんのが相手にはわかるらしい。

今夜は早く寝るわ。
何ができよんな (アンジーパパ)
2017-01-16 00:57:48
風は強いけれど良い天気でしたね。
こんな日は藪ですねー。
なにせ暖かいわ。
1週間飯野山にはまってましたが犬は凄いなー。
どっちに進もうかと立ち止まっていると
アンジーは先に進んで何しよん?て顔で待っとんですよ。
まあ、大体は間違ってないんよね。
位置ねん以上前に歩いたルートやのにね。
不思議だわ。
どなんしたんな (チマチマおじさん)
2017-01-16 16:34:01
色仕掛けて何色?
こげ茶色かどどめ色やろ。
きちゃないけんやめときまい。

藪がぬくい、て今度はなにしたんな?
昼間、家に入れてもらえんようなことばっかり、次から次へとようやるわ。

きのう散歩に行ったら仏山峠のへんで雪の上に靴跡がついとりました。
何もできよらんし~どなんもしてないし~ (むらくも)
2017-01-16 23:17:44
昨日今日とええ天気やったやないかいなー。
高松は雪が振って、白くなっとったなー。
こちとら七宝山の麓や荘内半島は昨日ちろちろっと粉雪が舞ったくらいで、日中のほとんどは天気が良すぎて拍子抜けや。
どないなっとん。
きっと、住んどる人間がええ人ばっかやから、神様がええ天気にしてくれたんやと思うわ、ドヒヒヒ

アンジーパパさんは飯野山三昧でしたか。
わたしゃ、ゴミの片づけと掃除、あとは鬼ヶ臼山へ行ったのと、自転車で荘内方面を走ってたんだわ。
今日は稲積山を歩いてきたわ。
稲積山の南麓に高屋西下っていう集落があるんやけど、そこから稲積山を見上げるとちょっとしたロックな山に見えるんよな。
新しい発見をしたような気分になったわ。
ふーん、アンジーって頭ええんやなー。
飼い主に似たのかなー。
わし、一年前のことなんも覚えとらんわ。

隊長
体調はどうですか?
なぬ、調子いい。
どどめ色ってどんな色?
ええか、耳かっぽじってよーに菊いいとけよ。
最高な色はやっぱ黄金色じゃわな。
どや、目が眩んだやろ。
いかん、ついつい、溢れんばかりの知識をひけらかせてしもうた、わりーわりー、ヌハハハ
仏山の雪の上に足跡!
スワッ!それはビッグフットじゃ。

クソガキがと思うとるじゃろ、すまんすまん、わしという人間はこんなもんじゃわな、大仏様に免じて許されよ。

七宝山はええ山じゃ。
今度は高屋の西上あたりから登ってやろうと思うとる。
お疲れ様でした (アンジーパパ)
2017-01-22 22:57:25
準備をして頂いていたチマチマおじさん、むらくもさん残念でしたがやっぱり悪天候になりましたねー。
昼過ぎに青空が見えたので善通寺市をブラブラ
しようと出掛けたんですがちょうど善通寺さん
の境内に入った途端横殴りの雪が降り始めました。
残念、またの機会に。 (むらくも)
2017-01-23 21:12:47
こんばんは

冷えてきたねー。
昨日はこっち方面には雪は降っていないんじゃけど、朝からは雨じゃったし、あれではねー。
チマチマおじさんが肉を用意するいよったきん、雪の降る中焼き肉もうどんも無理やし、中止は仕方ないよな。
今日は雲辺寺辺りにうっすら雪が積もってますが、とにかく寒い。
久しぶりに草刈り機持ち出して、1時間半ほど刈ったのですが、手が冷たくなって止めましたわ。
今夜から明日にかけて雪が舞うそうなので、お山は最高に積もりそうだわ。

朝から断食中、お腹空いたー。
1kg半は痩せたかなーーー?
人それぞれ (チマチマおじさん)
2017-01-25 18:07:14
すんまへんなー、わしが段取りしたら天気わるうて。
次は佐々連さんお願いします。

断食の翌日は、
朝はおもゆで昼はお粥と具のない味噌汁?
つらいのー。

アンジーパパさんやは今週末、他人のじぇにで柳橋の芸者さんと遊んで帰りに二重底の菓子折りをもらえるけん、でれ~っとしてよだれをだらだらたらっしょったげな。え~の~。

日山散歩してから帰って飯のこしらえしょったら、キャンペーンに当たってビールが2本届いたわ。
しめしめ、今晩飲んでやろ。


鬼が笑うけど (佐々連)
2017-01-25 20:52:36
この冬は雨がおおいですな。

残念ながら、新年会は流れました。
忘年会!の段取りは、任して下さい。
西讃の山でええところあるかいな?
むらくもさん、今度会ったら知恵貸してね。

まだ、登り初めが済んでない。
今度の日曜日は行けるんかいな。
すっきり (むらくも)
2017-01-25 21:49:26
チマチマおじさん
佐々蓮さん こんばんは

お天気よかったなー、日中はポカポカしてたわ。そんな日に何の因果か、一日草刈り&片付け作業、これで三日連続だわ。
腰が痛いの肩が凝ったの、こういうときはのんびり温泉にでも浸かりたいもんじゃ。
しかし、これで終わりましたぞ。
これでやっと草刈りから解放されました。
今の気分はと訊かれれば、スカスカーッとして、空を見上げればどこまでも青く、ひばりがピーチクパーチクってなもんですわ。

チマチマおじさん
まあ、そうがっかりしないでおくれ。
冬の天気はいったん荒れると雪が舞い強風が吹くから、こういうことはよくあること、みなさん納得してますのやわ。
一昨日丸一日と翌日の朝まで断食をして、結局減った体重は1kgポッキリ。
断食の間、草刈りしてたのでフラフラになったわ。
それやのにそれやのに、たった1kg、わいの体どないなっとんやろか。
なにっ!アンジーパパさんが二重底の菓子折り?
若い芸者さんをくるくる回して帯をほどいたて、アクドイお人やのー。
わしゃ、罰しか当たらんわいの。

佐々蓮さん
お久しぶりー。
相変わらず忙しそうやなー。
ちょっと待って、忘年会の前に、ひとまず佐々蓮さんの退職祝いせないかん。
ひとまずっちゅうのは、まだまだ働かないかんようやから、区切りっちゅう意味やけどな。
わし、段取りさせてもらってええかなー。
ちゅうことでみなさんご協力よろしくお願いします。

日曜日なー、雨さえ降らんかったらなんとか行けそうやけど、いまのところ冴えん天気やわ。
わし、明日は骨休みに散歩程度の山に行ってきます。
うれしー (佐々連)
2017-01-26 20:47:58
むらくもさん

退職祝いして下さるの!
4月末で定年、ええ季節です。
去年の5月に西赤石登って以来、高い山へは行ってない。
飯野山ばかり。
なので、どこの山へ行っても楽しい。
よろしくお願いします。
鯉のぼりの泳ぐ頃やね (むらくも)
2017-01-26 21:49:58
佐々蓮さん こんばんは

ええーっ!飯野山しか行ってないの?
しかっちゅうたら誤解を生むかもわからへんけど、新百名山とはいえ、低山やわなー。
ええ里山にはかわらんけど、低山やわなー。
うっし、それでは高いところへ行きましょう。
ちゅうても雲の上の天国やないで、飯野山よりは少し高い山っていう意味や。
なんちゅうたかてアンジーパパさんもチマチマおじさんも遠出はできへんし、さっと行ってさっと帰れるとこ、はい、募集しまーす。
ところで佐々蓮さん、退職後の都合の良い時期を、いつでもいいので連絡してください。

今日は大川山へちょこっとだけ歩いてきました。
雪は少ない、わずかに10~15cm程度やった。
ヤマガラにピーナッツをたくさんあげてきたわ。
蝶ネクタイのコガラもいましたわ。
ええ話やんかさー (アンジーパパ)
2017-01-26 23:28:12
むらくもさん今晩は。
大川山へ?
天気は良かったけど寒うおましたやろな。
竜王方面は結構白う見えてましたが大川山は
さほど白う無かったんですわ。
やっぱり積雪は少なかったんやね。
でも青空と雪の白、足跡も付いてなかったら
最高やおまへんか。

嵐を呼ぶチマチマおじさん元気に歩いてますのやね。
新年会は唯でさえ寒うて盛り上がりに欠けるのに
あの天気では仕方ありまへん。

へーっ、断食されとんのや。
我が家も時々それに近い日は有るけど。

そうや、週末お江戸へ行って色々楽しんで来まっさ。
佐々連さんお久し振りー。
そうなんや、春には御祝いせないかんのや。
ご苦労様でした。
佐々連さんの事やから時間を無駄にはすごされんやらから何かまたされるんやろねー。
暫くは充電したくは無いですか?

チマチマおじさんや私は自分が決めんと引退、
そやそや私ら引退や。
退職と違うんや。
これー、難しおますな。
気いつけなはれやっ! (チマチマおじさん)
2017-01-27 19:32:13
ふんっ
どっちみち行くのに、佐々連さんの定年を口実にしてから。
日本全国酒飲み音頭みたいなこというて。

11月は何でもないけど酒が飲めるぞ ・・・♪
12月はドサクサで酒が飲めるぞ・・・♪

わしゃゲコやけん、たとえがわからんて?
すんません。

定年後の継続雇用制度て運用が企業、業種、職種によってまちまちみたいですね。
佐々連さんはどうなんでしょうか?
残業・休日出勤なしになりそう?

アンジーパパさん
江戸でエロエロ楽しむんはええけど、日曜日の天気は下り坂。
帰りの飛行機は揺れるかも。
誰がゲコじゃ、お江戸でエロエロ楽しんでおいで。 (むらくも)
2017-01-27 22:38:35
こんばんは

退職と引退の違いってなんなんでしょうね?
サラリーマンが会社を辞めるときは退職で、引退は自由業とか政治家とかスポーツマン、芸能人などが辞めるときに使いますが、単に役職者が仕事を辞めるときにも引退という言葉を使うときがありますよね。
此処が引き時だとか引き際だとか、任意で辞めるときも引退だわな。
でも退職も任意で辞める場合があるので一概には言えない。

飲める飲める酒が飲めるぞーってかー、ばっちゃろめ、神聖なお山で酒なんぞ飲んで、それええやんか。
わし、お抱え運転手雇うて、ちょびっとでええきん、飲んじゃろ。
気持ちええやろのー。
5月が楽しみじゃ。
ところでどこのお山にする?ええとこないかいの。

わし、自転車が一台壊れたから、代わりに折り畳み自転車買うたわ。
コンパクトでええわ。
あちこちと車での旅行に場所をとらずに簡単に積んでいける。
春になったら行くどー、グフフフー
気楽になる (佐々連)
2017-01-27 23:41:30
むらくもさん
わたしゃ下戸なので、アッシーしますよ。
のんびり酒盛りも良し、ガンガン歩くも良し。

アンジーパパさん
日曜日なのに出張ですか。
時間に余裕があれば、楽しいですが、最近は便利になりすぎて東京でも日帰りが当たり前になってきて、億劫になりました。

坊主さん
継続雇用になると、責任が軽くなるので残業、休日出勤はほぼなくなります。天気の良い休日は山に行くそうです。まだ、年金が出ないので5年頑張らイカン。
生まれるのが少し遅かった・・・。

明日も天気が良いのに出勤、日曜日は雨かも・・・。


おおー、5月が楽しみやね (むらくも)
2017-01-28 22:42:01
それがね、本当のところはお酒はもともと弱いところへ持ってきて、すっかり弱くなって、いまじゃ、ちょんまい缶ビールを一本だけなんよ。
下山する頃には素面になってるわ。
ガンガン歩く方も、ダメになってるわ。
もともとガンガンじゃなくてチマチマじゃったのに、いまじゃチマチマどころか、ヘコヘコになってしまってるが。

えへへ、今日は天気がよかったわ。
だもんで、山じゃなくて自転車で丸亀のお城へ行って、公園をクルクルみずすましみたいにしてのんびり走ってきたわ。
途中、ジョギングしてる人、自転車で走ってる人、何人も出合った。
丸亀の通り町はシャッターが下りてるところが多くてガラガラなんじゃけど、今日はストリートライブをやってた。
節分、立春 (アンジーパパ)
2017-02-03 13:03:06
むらくもさん、チマチマおじさん、佐々連さん今日は。
良い天気ですねー。
月末に無事参勤交代を終え今は月初めの事務仕事の最中です。

最近はまっていた飯野山のマニアックルートのログが一応終わりました。
エントツ山さんの掲示板にしつこく投稿して以来二つほど
追加が有りましたがええかげんにせー、って言われそうなんでやめときます。
今まであまり気にせずに適当に歩いていましたが実際にログを取るとルートどうしの位置関係が良くわかり
結構楽しめました。

遠方へ行く予定が無くてどっか行こうかなー、なんて
思ったときはご連絡してください。
好きなコースをご案内いたしますです。

それより適当にぶらぶら行くんで地図だけ送れと言われればお送りします。

入口さえわかれば簡単ですから。
恵方巻いただきましたー (むらくも)
2017-02-03 21:05:17
アンジーパパさん こんばんは
いい天気でした。
参勤交代お疲れさまでした。
あちこちでお江戸の美女たちに出迎えられて、うらやましいー。
っていうのはうそで、お勉強大変でしたね。
わたしたちその努力に感謝しております。

あらららー、エントツ山さんちに是非投稿してください。
なにせこのブログではログ図も写真も載せられませんので、わかり辛くてつまらないんですわ。
エントツ山さんは、あちこちから投稿がたくさんあって、返事が大変やってゆうてますが、顔は言葉とは裏腹で笑顔でくしゃくしゃに綻んでましたわ。
虐めれば虐めるほど喜ぶタイプみたいでっせ。

それと、できたらスマホでYAMAPかヤマレコに投稿して(短時間で簡単にできるようでっせ)おいてくださいよ。
そしたらいつでも好きな時に見れるようになりますんで、楽しみが増えます。

今日はあまりにも上天気なもんで志々島へ行ってきました。
瀬戸内はやっぱり島ですね。
素晴らしい景色でした。
奇妙な痔病の画鋲が寿命 (チマチマおじさん)
2017-02-04 17:07:16
3回続けて言えるかな~

などということを昨日、六ツ目山で日向ぼっこしもって考えよりました。

マニアックルート2つ追加したて?
全面塗りつぶされてどれがどれやらわからんようになっとんちゃうんな?

今日、雲附山を散歩しょうと思うて出かけたら、イベントしょって人がよっけおったけん、五瀬山で日向ぼっこしもってぼんやり島をながめていました。
さすがに志々島は見えなんだ。
言えたぞー (むらくも)
2017-02-04 22:24:26
マンゴ 子マンゴ 孫マンゴ

5回続けてゆうてん。

志々島から帰りの船の中で考え寄りましたわ。
ちゅうのは大うそ、ほんなこと考えるアホおらんわ。

今日は一日曇りかと思うてたら外れたわ。
晴れてええ天気やったが。
てなわけで、午前中の用事を済ませて、車に自転車を積み込んで、高松の適当な場所に駐車して、屋島の長崎の鼻へ、ヒーコラ、ポタリング。

以前に見かけた長崎のハナちゃん(イノシシ)は、おらんかったわ。
時代は変わる (エントツ山)
2017-02-05 23:13:05
むらくもさん  今晩は

最近、ヤマレコやYAMAPをする人多くなりましたねえ
ピオーネさんのYAMAPを見せて貰いましたけど、手間が省けて全国版で仲間が出来ますねえ

でも・・・
適当にいいね!を押さないで本当にその山に興味がある人にじっくり見て欲しい様な気がするけど、時代遅れやろねえ

むらくもさんのうんちく話などはその場でいいね!ってすぐ返事をする連中にはその良さがわからんやろ

お互い時代遅れのポンコツHPになりつつありますねえ

エントツ山

ほんまやわ (むらくも)
2017-02-05 23:54:59
エントツ山さん こんばんは

甘いお菓子、せっかくようさん貰ったのに、サマンサばあさんに全部とられたって、可哀そうに、鬼嫁じゃの。
でも、やっぱり糖分は少し控えたほうが体にはいいみたいよ。
わたしゃ、最近、甘いものは一日にチョコレート3~4粒程度にしてる。
ほいてご飯はお茶碗半分にしてもうたわ。
ほんのちょびっとだけ体重が減った。

おかげさんんで体調がいい。
長い間ほったらかしにしてた自転車を掃除してメンテナンスして、春になったらしまなみ海道を走ってみようと思うてる。
あそこな、しまなみ海道だけやのうて、最近はとびしま海道やらのゆめしま海道やらのゆうのがあって、自転車にはええとこやわ。
この海道三つは島から島への自転車道やけど、呉から尾道へのさざなみ街道と、松山から今治へのはまかぜ海道っちゅうもんもあるらしい。
それぞれの島には景色のいい山や展望所があるらしいし、これいけるでー。

ヤマレコとYAMAPは便利すぎるわ。
ちょちょいのちょいでアップできるし、文章も適当に長文が載せられるらしい。
ログ図も拡大縮小できるし、時間や距離も一目で判るし、おまけにログを誰でもインストールできて、スマホやガーミンのGPSやカシミールなどに入れられて、まあアホらしいというかなんちゅうか、ほんまでっせ。

やっとれませんわな。
お寒うございます (アンジーパパ)
2017-02-10 22:26:25
今晩は、アンジーでごじゃります。
エントツ山さんの所でタカンボウさんの
猪の話で盛り上がっておりますがこの話なら
むらくもさん、チマチマおじさんもこじゃんと
あるでしょ。
私も二度も罠に掛かったし。
しかし檻の中に入った人の話は聞かんなー。
誰か入って自力で出られるかどうか試してみん?

飯野山のログは天狗周遊道から上は確かに全部入れると無茶苦茶になるんで敢えて省いております。
ほんま寒くて震えるわ (むらくも)
2017-02-10 22:51:52
今日はこたつに入って、エアコンを入れて部屋をガンガン暖めてましたわ。
久しぶりに温泉にでも行こうかと思ったりしたのですが、外へ出るのが億劫になってしまって、一日家の中で閉じこもってました。
これやから年寄りじゃっていわれるんじゃわな。

いやー、だけどさ、逃げないで突進の構えをするイノシシになんて遭遇したことないわ。
おとろっしゃー。
体重が80kgも90kgもあるようなのにドガーンて体当たりされてん、骨が砕けまっせ。
命あっての物種、わたしゃ近寄りませんわ。
織の中に一万円札を2~3枚バラ舞いといてん、入ってくるやつおるでー、ブヒブヒ
わし、百万束がポンと転がっとったら目が眩んで後先考えんと入るかも。
転がす奴、おらんわな。

アンジーパパさんの飯野山ログは頭のてっぺんから麓まで真っ赤っかやろなー。
ログの役目果たしてないのと同じじゃわさ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。