紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

,我が家のひな祭り&会食・色無地と鞠帯

2017-03-06 17:14:45 | きものコーディネイト

 

少し間があいてしまいましたが、

わが家のひな祭りと会食に行ったときの

コーディをアップさせてください。


会食には色無地に鞠の袋帯。

ピンク絞りの帯揚げに道明です。

この袋帯はお気に入り。

模様が可愛いのに色は渋いので

いつまでも締められそうです。


行ったのは仕事仲間との会食です。

ホテルの和食。


お出かけ前にパチリ。

 

袋帯の垂れが長すぎた(汗)

でもやり直しはできす、そのまま行きました。

これやり直しとなると大変ですから。

次には気を付けましょう。はい。


わが家では一応お雛様を飾って~~、


でも、後ろの屏風もお飾りも省略。

全部出すと、あとが大変だから。


アサイチから菜の花がやってきたので、

ひな祭りの日には菜の花寿司。

人が着たので、皆で食しました。

カンタンな割に美味しかった、と自画自賛。


会食のときには

サンゴの髪飾り。

帰ってから、そうだ!写したので

乱れていますが。


自作のバラ刺繍の半襟。

このクリーム色が苦手な紫を緩和してくれる?

紫、NGなんだけど、この色無地だけは合う、

ような気がする。


というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

 

ジャンル:
ファッション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群ようこさんの「老いと収納... | トップ | 天国のイメージいろいろ、で... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 (あるばとろす)
2017-03-06 22:13:41
紫苑さま こんばんは
かわいい帯ですね~。お気に入りなのが分かります。紫はいろいろあって難しいのですね。この色はとても合っていると思いますよ。温かみのある紫ですね。お雛様出してあげてえらいです。うちは何年も仕舞ったまま。お披露目する方法を考えます。
紫色がお肌に映えてとても綺麗! (亜雅紗)
2017-03-07 08:32:35
紫は苦手なんて信じられません。帯も素敵ですね。こう言う渋い色は若い頃って「なんだ?これ?」みたいだったのが50代に入ると「和の色っていいなぁ」と思うようになりました。
うちはお雛様は陶器のものに桃の花飾ってなぜか鍋をして終わりました。
比較的海が近くてスーパーのお鮨が安いので年中食べてるからかなぁ?ちらし寿司とか作らなくなっちゃいました。
でもお節句はやっぱり大事にしなきゃ。来年はちゃんとちらし寿司と蛤のお吸い物作ります。
難しい紫 (紫苑)
2017-03-08 19:21:59
あるばとろすさま
コメントありがとうございます。
本当に似合う色を見つけるのは難しい。同じ色でもニュアンス違うし。特にきものの布はより複雑です。この紫は濃いのであうのでしょうか。薄い色は顔色悪くなるのですが。
お鮨 (紫苑)
2017-03-08 19:24:50
亜雅紗さま

お鮨のこの文字、懐かしい!関西ではこう書きますよね。
東京ではお鮨、やお寿司。同じおすしでも地方によっていろいろ違います。お刺身年中食べているなんて羨ましいです。私は月に何度か、お寿司を食べないと物足りないくらい好きなのです。でもスーパーのお刺身ではねえ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

きものコーディネイト」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。