紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

お金を遣わずに生活できる?~~安冨歩さんの「生きる技法」

2017-03-21 09:23:08 | きものの本&本

 

ちょっと衝撃的な人&本を見つけました。

安冨歩さんという方です。

この方50歳くらいのときに女装、いえ、本人曰く

女性装」を始めたかたです。

最初の頃は、

こんな感じ。

それが~~、

こんな風に優しい雰囲気に変わり、

ついには、

こちらは借り写真です。


こんな風に~~。

もっと見たい方は~~、

ネットで検索してね。



へえ、と興味を持って著書を拝読してみたら、

これが面白い!

東大の教授で難しい本も数多く出しているのですが、

一流大学にはいり一流企業に就職しても

心から嬉しいと感じることができない。

逆に辛い~~。

それはなぜなんだろうと、模索、

「生きる技法」(青灯社刊)は、そんな執筆動機から。

 


 「自分自身」でいるより、親や周りの期待に

応えるほうを重視したため、ありのままの

自分を見失う~~。

「世間体が」「体面が悪い」という親~~。

そして、

「自立とは依存である」との解答?を見つけ

彼の「一流大学卒」「所得」といったステータスのみで

一緒にいた配偶者と離婚して、

徐々に自分を取り戻していった。

その結果の一つが、女性装なわけです。

再婚もなさっていて、ちなみに相手は

女性です。


目次を見ると、

 

「自立とは多くの人に依存することである」

 「誰とでも仲良くしてはいけない」

 「自立は金では買えない」

 「夢を実現する過程で得られる副産物があなたの糧となる」

 

などなど、いわゆる常識?とは逆の方向に論は進む。

こちらは男装。

女が女でいられること」


で、それと「お金を遣わずに生活できる」とは

どんな関係があるの?と思いますよね。

それは、多くの人は、

「お金がないと生きていけない」と思っているから、

それを確保するために、嫌なことを我慢したり、

誰かに「奴属」(彼の言葉です)して生き、

いつのまにか

「自分を見失っていく」というわけです。


「自分自身を取り戻す」という本は数多く出ている

のですが、それを「お金=経済」の面から論じた

本は珍しいし、現実感あって面白い~~。

この方経済学者なのです。


本で紹介している「お金なしの生活の実験」を

実際に行ったのは、

シュベルマーさんというドイツの女性。

「~~不自由どころか、かつて感じたことのないほどの

開放感と自由をもたらしてくれた」そうです。


では、どうやって?

興味のある方は、

金銭を持たない生活を実践」


私同様、多くの人は「お金があれば自立できる」

と考えていると思うけど、

う~~ん、でも、その逆とはね。

ちょっとしたショック療法ではありますが、

確かに納得できるような~~。

一人で生きていると思っても

多くの人に支えられていることは確かだもんね

この方の本、もう少し読んでみます。


思わぬ地平が開けるような気がする~~。


それにしても、安冨さまには、ぜひ

着物着ていただきたいものだわ。

プレゼントしようかしらん??

まずはこんな久米島紬から?

いえ、もっと華やかなものがいいかしら?


いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村


『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おうち着物は「旬のウド」切... | トップ | こぎん刺しのクッション!帯... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。