紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

可愛い!のっけからこの帯~~「京都人の密かな愉しみ」きもの

2017-05-15 19:44:12 | 憧れのきもの女性

 

先に放送した「京都人の密かな愉しみ」(NHK・BS)

見た人も、見てない人も、きもの紹介です。

常盤さま、最初の登場シーンでは、

藍の格子紬に藍(黒?)の同系色コーディ。



おっ、今回は地味目始動なんですね、と思っていると、

なんと、お太鼓に~~、


クマちゃん。

うっ、可愛い、可愛すぎる~~。

前の部分はよく見えないかったけど、



わずかに、顔を覗かせて~~。

よ~~く見てみると、これって刺し子してある?

常盤さまの私物ではないかと思わせます。

NHKのものとはおもえな~~、

いやいや。


この帯を見たら満足、というわけにはいきますまい。


7年前?パリに行く恋人と別れるシーンの

後姿。



真珠のかんざしが上品、かつ華があります。

この番組、嬉しいことにきものの後姿が多いのです。

普通、きもの番組であっても、

後ろ姿なかなか映らないんです。

撮る人が知らないのよね、きっと。


きものは後姿でしょ!



お二人の座り姿勢の美しいこと。


これまで何回か拝見して、ずっと、

常盤さまの三八子さんの方に感情移入、

つまり(厚かましくも)同化していたけど、

今回初めて母親の銀粉蝶さまに感情移入。



それもそのはず、この方、ワタクシと同年代、

そうか、年齢的に常盤さまよりずっと近かった

そうか、常盤さまの母親世代だったのね、ワタシ、

と現実に戻る。

それはともかく、

こんな風にこなれた着姿になりたい。


番組は、今回で終わり、残念。

またきものの登場する番組

作っていただきたいものです。


常盤さまこと三八子さまは愛する人と

パリに旅立つことに。


その日の朝。「別れの朝、二人は~~」♬

いえ、これはワタクシの心境。


これまでおおきに。

観光とは違う、

京都に生きる人たちのことが

少しは理解できました。

さいなら。



にほんブ
にほんブログ村


ジャンル:
ファッション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒地バラ小紋~いろいろ変え... | トップ | こぎんを刺してみた&「下田... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
京都…見ました! (悠々)
2017-05-15 23:23:54
紫苑様

🐻クマちゃん帯にびっくりしたり、新じゃが炊いたりして汚さはれへんかハラハラしたり、女将さんの襟元のシワがこれまた自然で見とれてしもたり、
ホンマ あっと言う間の2時間どした。

高岡早紀さんの着物姿もワンシーンほしかったなぁ っと思たのは わてだけどすやろか?

紫苑様、貴子様に刺激され、今日は色々ファッションショー。どうも胸元がすっきりしない。和装ブラももひとつだなぁ。晒しでグッとしめようか…それよりダイエットが先決ですね(笑)

別件乍、刺繍話。絹糸と木綿糸合わせて…ふむふむなるほど!やってみよう!
中断している紫陽花模様 まだ間に合いそうです。
予算の関係では(笑) (紫苑)
2017-05-18 09:41:56
悠々さま
そうなんです。高岡さまにもぜひきものお召しになってほしかった。この番組、サブストーリーの方は洋服なんです。前の本上まなみさんも洋服。女優さんがきもの着るとなると、衣装合わせやら、衣装の用意やらで大変なので、きものお召しにならないのではないでしょうか。予算の関係ですかね(笑)。
京都の自然のなかでのきもの、いつも堪能、眼福です。季節ごとの楽しみが減るのは残念です。
きもの、着付けの練習と称していろいろ試せるのも楽しいですよね。私もやろっと(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。