紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

アントニオ・ガデスのフラメンコ・シネマを観る・縮&木の葉帯

2017-07-12 11:24:11 | きものでお出かけ

 

フラメンコといえば、この人ガデスの

「アントニオ・ガデス舞踏団inシネマ」を

観てきました。

 

「アントニオガデ...」の画像検索結果

 

東京は変わらず暑い、32度かな。

猛暑きものお出かけ第三弾です(笑)


もっと早く行きたいと思いながら、

つい日延べ。

今週で終わるので、所用で出かけたついでに

恵比寿まで足を延ばしました。


帯板はなし。


人に会うので、絽の小紋を用意していましたが、

いや、やはり小千谷にしました。


迫力ある映画がもう素晴らしい!!

若い頃のこの方の「カルメン」を映画にした作品を

拝見していて、

今回は「血の婚礼・フラメンコ組曲」を。

「血の婚礼」のラスト近くの決闘シーン、

なんと舞台でスローモーションの動きを

見せるんです。


「アントニオガデ...」の画像検索結果

これが延々と続く。


ものすごい筋力いるなあ。

どの踊りもそうですが、フラメンコの男性、

上体がまったくぶれないまま、下半身だけ

すごい動き。

それだけにヒップラインが素晴らしい(笑)。

衣装もそれを強調するように作ってある。


きものもヒップライン大切なんですね(汗)

崩れてるけど

民族衣装ってヒップライン強調する

傾向があるような~~。



上映は恵比寿の写真美術館ホールです。

この横の路地が好き。

植田正治さんの写真やらが~~。

植田正治展に行きました

 



暑い、というより風があるので

お外にはあまり出ないで。

恵比寿ガーデンの景色を~~。


ウエスティンホテル。

 


猛暑きものお出かけ、まだだ続く~~?

パソコンの調子が悪いので

しばらくアップできないかも

しれませんが、きものは着る~~。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。



にほんブ
にほんブログ村

 

ジャンル:
ファッション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目からうろこのきもの扱い~... | トップ | 夏キモノ、カンペキじゃなく... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガデス! (鴨志田です。)
2017-07-12 21:24:24
ガデスの舞踏団は生で観たことあります。カルメン見事ですよね!生の舞台ではカーテンコールが場面の止め絵だったんですよ。暗転して明かりが入ると一場面、暗転して明かりが入ると別の場面。感動しました。あの頃はまだ着物生活じゃありませんでした。客席には天本英世さんがいました。
その映画観たと思います (亜雅紗)
2017-07-13 20:18:45
全編フラメンコでカルメンのストーリーと現代のストーリーが交錯するかっこいい映画だったような……違ってたら申し訳ございません。

ものすごい暑さです。大阪は幸いなことにあまり台風の被害はひどくないのですが、どうぞお体にお気をつけてお着物お召しになって下さい。
わたくしエアコン切って寝たら熱中症の1歩手前みたいになりました。電気代より健康ですわ。ゼーゼー
うらやましい (紫苑)
2017-07-14 10:50:44
鴨志田さま
ガデス舞踏団、舞台でご覧になったのですね。うらやましいです。いまから10年前ですね。そのころはいろいろ忙しくて、舞台を観る余裕がなかったなあ。昨年も来日したのですよね。カルメンももう一度、せめて映画でもみたかったのですが。舞台でスローモーション、いまでこそいろんな劇団が使っていますが、フラメンコでやるなんて、よく考えましたよね。コメントありがとうございました。またよろしくお願いします。
エアコン (紫苑)
2017-07-14 10:53:21
亜雅紗さま
そうです、そうです。現代とカルメンが交錯する映画です! 亜雅紗さんも、いろいろ観ていますね。こういうリアクションは嬉しいです。エアコンつけて寝るのあまり好きではないので、私はなしです。熱中症にはこれからは注意しないとね。電気代、気になるの、すごくよくわかります(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。