紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

洋服ときもの、どちらが若く見える?

2017-05-04 18:15:32 | シニア

 

前に、「きものは老ける」とか、

じゃあ、「老けないポイント」とか、

ブログアップした覚えがあります。

きものは老けて見える?」

きもの老けないポイント」

 

あれからまた幾年月、

還暦を超えた頃から、

断然きもののほうが若く見えるように

なってしまった。

その大きな理由は首筋の衰え。


スカーフなどで覆わないと外を歩けない


その点、きものは常に首周りをカバーして

くれます。

半襟という強い味方があるのです。

前にも言ったけど、

レフ効果とパーソナルカラー効果。

自分に合う白やベージュを見つければもう

テッパン。


3年前。まだハーフアップだった。


ヘアだって少し前までは

ハーフアップしていたのですが、

艶はなくなったので、洋服でもシニヨン。

するとやはり老ける~~。

きもののアップは、ジェルとかムース使うから

艶が出るんですね。

いえ、洋服でも使うけど、量が、ね。

それにやはり首筋辺りが寂しくなる~~。


洋服は若いときと、変わらないのですが、


だんだん無理が出るようになった。


では、大人向けのファッションは?

といえば、

洋服って、きれいに着るにはセンスが必要。


高給なもの着ればいいってわけじゃない。

質のいいものをさり気に、なんて書いてあるけど、

またそういうものって高い、高い。

じゃあ、きものはセンス必要ない

はい、

たとえば、

大島に紬帯。


こんな普通のきものでもOK.

コーデで遊ぶのは楽しみなだけで、

普通はこんなんでOKでしょう。


コーディものすごく凝っている

名高いキモノブロガーさんたち。

彼女たちは、プロ、あるいは

すごいマニア、あるいは時間的にも金銭的にも

余裕がある~~。


10年前の50代。

着付けは下手だけど、肌はまだきれいだよ、ね。

あくまで自分比です。


で、どのくらいからきものが若く見えるか。

人にもよりますが、

45歳がボーダーライン。

最近は50代かなあ。


それまではまだ首筋の衰えもまだなく、

スタイル保っている人も多い。

山口智子さんなんか、

ぜったい洋服のほうが若いよね。


その辺りから徐々に、

きもののほうが若く見える、

ようになる、気がする。

40、50、60代が、

カジュアルきものを着た日にゃあ、

ほんとキュートだよね。

マイ好みだけど。


この頃はきものに限らず、

ファッションに年齢制限なし、だから

ホント、いい時代になったもんだ。


娘の帽子でパチリ。


というわけで、

ますますきものにハマる紫苑でした。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

ジャンル:
ファッション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘の海外旅行&親戚見送り・... | トップ | 東京キモノショーに行きまし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最近は (亜雅紗)
2017-05-05 13:32:07
若く見られたいと言うファイトがだんだん減衰してまいりました。

しかし昔の写真とかみると10代や20代の娘さんたちの着物菅平は皆ハツラツと可愛く見えるのですが。
現代の着物に慣れていない30~50代がビミョーなのでしょうか?

私が小さい頃(もはや戦後ではないと皆が言っていた頃)のアルバムを見ると母も叔母も何かの節目にはそれに応じた着物を着て、それがまた板についてる。叔母は評判の美人だったので20代の頃の着物姿なんて匂うばかりに美しくまるで「細雪」なのです。
母は全く叔母と似てなくてファンキー系な顔な上に(スターウォーズのヨーダに似ている)私は父親似と残念な遺伝子をついでしまったのですが叔母のコーデはどれもさりげなくセンスがあるので憧れです。やっぱり着なれなきゃダメですねぇ。
若さは健康の (紫苑)
2017-05-06 08:34:51
亜雅紗さま
こんなブログアップしましたが、私も特に若く見られることに熱くなっているわけではないんです。でも年を重ねると、それだけで周りは分別とか、いろいろあるでしょ。それが嫌なんです。それに若いということは健康であるということ、病気になると途端にものすごく老けますよ。これは自分でも実証済みなんです。
きものは、年を重ねることの喜びを感じさせてくれます。
どんどん着ましょう。いつもコメントありがとうございます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シニア」カテゴリの最新記事