紫苑のきもの&60代から何ができる?

いつのまにか60代。きものブログで試行錯誤してきましたが、残りの日新しいことにも挑戦してみたい。

長い?秋の夜のために刺し子「花ふきん」に挑戦

2016-09-17 08:53:58 | 手仕事 和裁


ずっと前に「作りたいな」


「~~でもとても無理だろうな」


と思いつつ、あまりに美しいので購入してしまった

「嫁入り道具の花ふきん教室」

(近藤陽絽子著・暮らしの手帖社刊)

 

「花ふきん」とは刺し子で作った

使うのがもったいないような

美しいふきんです。


おい、「嫁入り道具の~~だぞ」

なんでこんなタイトルつけると思いつつ~~。

 

さすが、暮らしの手帖社?

作り方があまりに親切、というかもう細かくて

逆に滅入ってしまうほど。



一針一針、丁寧に~~。

よほど気持ちに余裕がないとできないな


と思いつつ、少しの時間に手に取れる

手慰みが欲しくて、

あるとき、一念発起?トライしてみました。


なんと、一枚のさらしに格子状の線を引くのよ。



紗綾(さや)型なれど、

水で消えるチャコペンはにじむし、

で、エンピツを使用。

形は間違えるしで、何度もやめようかと。

しかし、ここでやめたらもう永久に?

できないだろうと、今度は紙に形を描いて

覚えることにしました。

 

それでも間違える。

空間認知能力が低いんだね。

脳の活発化も図って?

 

 

もうあちこち間違いだらけの紗綾(さや)型で、

2ミリの運針だなんて、もう5ミりくらいの大きさ。

でも、いいわ、どうせ台所で使うのだし、

「嫁入り道具」!!に持参するわけではないし、

いやいや、わからないぞ??、

と空しく自分を励ましつつ~~。

ようやく一枚目、完成


 

しかし、下手は下手なりに愛しい。

こういうのを「美しい」と思わないと

続かないからね。

で、二枚目に挑戦。



一度突破したからには、次は

もう楽々、

とはいきません。

それでも、だんだん、うまく、なるよね??

ということで、色とりどりの糸も買って

次の一枚が楽しみな。

この連休にもう一枚できるかな。

秋の夜のチクチクな楽しみができたのでした。

 

 いつも応援ポチ

ありがとうございます。 

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ジャンル:
ファッション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なでしこ帯&中秋の名月を追って | トップ | 神保町界隈書籍漁り・白大島... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。